経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
西尾 祐哉

龍ノ巣ホールディングス社長登壇‼6月度フードビジネス研究会講座を一部公開
外食
2021/7/02
龍ノ巣ホールディングス社長登壇‼6月度フードビジネス研究会講座を一部公開

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
船井総合研究所の西尾です。

6月23日(水)に、弊社にて『居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会』、
『焼肉ビジネスモデル経営研究会』が開催されました。

今回は、研究会のポイントを皆様にご紹介いたします。

【目次】

1. 『居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会』、『焼肉ビジネスモデル経営研究会』とは?
2. ゲスト講座の概要
3. 船井総研コンサルタントによる最新事例徹底解説‼
3-1. これからの飲食店経営のマネジメントポイントとは?
3-2. 現代の組織に求められている人材とは?
3-3. 低投資早期回収を実現する焼魚弁当専門店
3-4. 年商1億円も可能‼ 時流の餃子専門店ビジネスモデル解説
3-5. 競争力が増す焼肉業態の集客ポイント
4. 全国の飲食店経営者様による事例共有会
5. 次回研究会のご案内

 

 

1.『居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会』、『焼肉ビジネスモデル経営研究会』とは?

居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会、焼肉ビジネスモデル経営研究会とは
全国から同じ業種・ビジネスモデルの経営者が集い、学び合う場のことです。

当研究会では、全国の同じ業態を展開する経営者様とお互いに成功事例やお悩みを共有し合い、
「師と友づくり」を行っていただけます。

 

▼▼研究会の詳細はコチラ▼▼
❏居酒屋ビジネスモデル経営研究会

居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会のご案内

 

❏焼肉ビジネスモデル経営研究会

焼肉ビジネスモデル経営研究会のご案内

 

2.ゲスト講座の概要

今回の研究会では、株式会社龍ノ巣ホールディングス 代表取締役大将 畑 博貴 氏に
ご講演していただきました。

畑 博貴 氏は2002年に「焼肉ホルモン 龍の巣」を展開する有限会社龍ノ巣を設立し、
その後、龍ノ巣の卸会社である龍インターナショナルと合併し、ホールディングス化されました。
創業当初から、お客様に喜んで貰う事を第一に、
現在では、焼肉店を関西・関東・福岡に1代で17億12店舗の展開を達成している企業様です。

業態面
一般的な飲食店ではベストセラー店舗になることを目指します。
しかし、「焼肉ホルモン 龍の巣」の場合は店舗開発の際、
『ロングセラー』を目指すことを意識されたそうです。
ロングセラー店舗を実現するには、脇役商品の存在が重要だと考えられているようで
「焼肉ホルモン 龍の巣」の場合は「かすうどん」を脇役のポジションに
置いているそうです。
強い脇役商品の存在こそ、店舗をロングセラーに導くカギと言えるでしょう。

人材面
龍ノ巣ホールディングスでは「飲食業界の地位向上」を目標に掲げており
大きく以下3つの体制づくりをされていました。
①働く従業員が安心して働ける環境の仕組み作り
・賃金向上(店長年収1000万円を目指す)
・正社員比率アップ(正社員を増加させることによりクオリティの高い店舗運営が可能)
・アルバイトの少数精鋭(紹介制度の導入)
②集団として連帯感を高めるための仕組み作り
・横を意識した組織体制構築(地域ごとに1つの村として協力ながら営業)
③世間から認められる存在になる為の仕組み作り
・『RYUNOSU GINZA LAB.』の開設(社内外の集まれる共有スペース)
・自己申告制の評価制度

優秀な社員を採用し、労働環境の整備×育成をすることで
社員の定着率向上を実現させ、店舗運営のクオリティを向上させることが可能になります。
つまり、社員満足度を上げることで同時進行で業績アップも実現することができるのです。
『業態開発』と『マネジメント』の両輪を回していくことが大切です。

 

 

3.船井総研コンサルタントによる最新事例徹底解説‼

3-1. これからの飲食店経営のマネジメントポイントとは?

講師:船井総研 フード支援部 マネージャー 石本泰崇

ポイント
龍の巣ホールディングス様から学ぶ人材を主とした経営のポイントとしては、
①採用戦略
②育成戦略
③組織戦略
上記の3つと考えられます。
明確な経営理念の基、自社の立ち位置を理解し、原理原則に沿ったマネジメントの施行がポイントです。

人員不足により、目の前の仕事の欠員補充が困難な時代となりました。
目指す経営計画に合わせて人材採用と育成計画を先行して行うことが必要です。
「変化対応型組織の構築」がこれからの組織戦略のキーワードであると言えるでしょう。

 

3-2. 現代の組織に求められている人材とは?

講師:船井総研 フード支援部 コンサルタント 金山大輝

ポイント
コロナを経た現在において、変化対応型組織へのアップデートが求められます。
現代の組織において求められる人材は、
以前までの「答えが既にある社会」での情報処理力を持つ人材ではなく、
常には答えがない社会で情報収集力が必要とされる「修正主義」です。

時代に適応した組織を構築してくために、採用と育成の2つに対して、モデル事例や原理原則に沿ってアプローチして進めていくことが必要です。

 

3-3. 低投資早期回収を実現する焼魚弁当専門店

講師:船井総研 フード支援部 アソシエイト 小島佑太

ポイント
焼魚弁当専門店のビジネスモデルの特徴としては、以下のような点が挙げられます。
・低投資での出店が可能
・からあげ専門店などに比べると、参入障壁が高い
・アイテム・商材数が少ないため在庫リスクが低い
・旬の魚を焼くだけの運営効率の高さ
・プレハブや小屋でよりローコストでの出店が可能
・高齢者も集客でき、客層の幅が広い

郊外ロードサイドで、低投資で始められるビジネスモデルを探されている方は要注目のビジネスモデルです。

 

3-4. 年商1億円も可能‼ 時流の餃子専門店ビジネスモデル解説

講師:船井総研 フード支援部 シニアアソシエイト 玉利信

ポイント
餃子の市場は、過去10年間成長中であり、コロナによる中食需要の高まりも踏まえて、今後も伸びていくと想定されます。

いま、注目の餃子ビジネスモデルとしては、
①、初期投資を抑えた形で進められる5坪で始められる超小坪モデル
②、餃子とからあげなどの2つの専門店によるより大きな市場を取り込むビジネスモデル
③、店内飲食とお持ち帰専門店の2毛作モデル
などが挙げられます。

また、これら3つのビジネスモデルを組み合わせることで、年商1億円も目指すことが可能です。

 

3-5. 競争力が増す焼肉業態の集客ポイント

講師:船井総研 フード支援部 コンサルタント 岡本星矢

ポイント
昨今、注目を集めている焼肉業界のビジネスモデルとして、ひとり焼肉業態や和牛をお値打ち価格で提供するビジネスモデルがあります。

ポイントとしては商品力はもちろんのこと、価格力(コストパフォーマンス)が重要です。
また、ディナーだけでなくランチでも売上をあげられるように、集客できる商品構成にする必要があります。

焼肉店の出店は続いています。競争が激化する中で、中長期的に集客できる業態にしていくためには、お客様に「コストパフォーマンス=価値/価格」訴求をすることが重要です。

船井総研がご支援している企業様も
多くの焼肉店舗を新規出店されています。
また、年内に10店舗新たに出店予定です。

 

4.全国の飲食店経営者様による事例共有会

事例共有会とは、研究会の場において会員企業である飲食店経営者様同士で、
各企業様で取り組んできた様々な事例をお互いに情報交換する会です。

今回は
⑴社内で取り組んでいる社員、PAの育成
⑵直近で取り組んでいる販促
について事例を共有しました。

社内で取り組んでいる社員、PAの育成に関しては
スキルチェック表を作成し、3ヶ月スパンでスキルチェックを実施し
昇給できる仕組みを作っている企業様や
毎月個人面談を実施し、従業員同士でコミュニケーションを
取っている企業様がいらっしゃいました。

また、事例共有会の全体を聞いていると
会社のクレドや経営理念を社員に浸透できているのか不安であったり
社員の定着率についてお悩みになっている
企業様が多くいらっしゃいました。

今後、人手不足が考えられる中で
優秀な社員の採用、早期育成、定着は
キーワードになってくると考えられます。

ぜひ、他社様の成功事例を元に自社に落とし込んでいただきたいと思います。

 

 

5.次回研究会のご案内

さて、このように2021年6月度研究会も
学びの多い1日になりました。

ぜひ明日から、皆さまの今後の経営判断の一助となれば幸いです。

次回の研究会は8月25日(水)です。

居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会、焼肉ビジネスモデル経営研究会に
ご興味のある方は、1社につき1回まで参加可能な【無料お試し参加】がございます。
下記のリンクにアクセス後、『お試し参加をしてから入会を検討する』に☑をしていただくと
無料お試し参加していただくことが可能です。

 

ご応募は下記から!

▼▼居酒屋・バルビジネスモデル経営研▼▼

https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=036594&_ebx=64361cgke.1593761933.7fs09lx#_ga=2.199821229.2041240744.1619150976-889273563.1619150976
 

▼▼焼肉ビジネスモデル経営研▼▼

https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=036594&_ebx=64361cgke.1593761933.7fs09lx#_ga=2.199821229.2041240744.1619150976-889273563.1619150976

 

テーマやゲスト講師は、本コラム・メルマガにて発表致します。
近日公開予定ですので、ぜひチェックしてください。

 

執筆者
西尾 祐哉
プロフィール

【飲食企業向け】研究会の講座を一部公開!!
外食
2021/4/30
【飲食企業向け】研究会の講座を一部公開!!
いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
船井総合研究所 アソシエイトの西尾です。
4月20日(火)に、弊社にて『居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会』、
『焼肉ビジネスモデル経営研究会』が開催されました。
今回は、研究会のポイントを皆様にご紹介いたします。
【目次】
  1. 『居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会』、『焼肉ビジネスモデル経営研究会』とは?
  2. ゲスト講座 「デジタル集客×デジタルマネジメントで人時売上業界平均2倍を達成する方法」
  1. 船井総研コンサルタントによる講座 「今後の飲食店のデジタル活用について」
  1. 事例共有会 「会員企業によるデジタルマーケティングの取り組みについて」
  2. 最後に
1.『居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会』、『焼肉ビジネスモデル経営研究会』とは?
居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会、焼肉ビジネスモデル経営研究会とは
全国から同じ業種・ビジネスモデルの経営者が集う場のことです。
研究会は、
①経営者様同士が相互に成功事例を出し合い、現場でしか得ることのできない
「一次情報」を得ることができます。
②全国の経営者とコミュニケーションを取れる場です。
研究会を通じて、「師と友づくり」を行っていただけます。
➂業績アップに必要な「最新情報が入手できる環境」の提供をしています。
そんな研究会ですが、今回はゲスト講師として
株式会社BAN 代表取締役 小泉貴洋 氏にご登壇いただきました。
今回はご講演の内容を一部ご紹介いたします。
2.ゲスト講座「デジタル集客×デジタルマネジメントで人時売上業界平均2倍を達成する方法」

 

 

今回の研究会では、株式会社BAN!代表取締役 小泉貴洋 氏にご講演していただきました。
株式会社BAN!様は、東京・神奈川・栃木にて
現在19店舗を運営している企業です。
株式会社BAN!様が経営する「原価ビストロBAN!」は、
入場料(500円)を支払うと、生ビール160円、ハイボールが50円など、
お酒を原価で味わうことができます。
また、最高品質のお肉をこだわりの低温調理で提供するなど
本格的なお料理も楽しむことができる店舗です。
今回、小泉氏には
『デジタル集客×デジタルマネジメントで人時売上業界平均2倍を達成する方法』
というテーマでご講演いただきました。
◆デジタル集客のポイント
まず、飲食店のデジタル集客の背景として
従来はグルメサイト経由で店舗に来店するケースがほとんどでした。
しかし近年、SNSなどの多媒体の発達により、お客様は様々な媒体を使用して
飲食店を探す時代になったことで、グルメサイトのアクセス数が減少してきました。
さらに、グルメサイトから予約を取った場合は送客手数料がかかってしまい
店舗の負担になっているケースが多くあります。
そこで株式会社BAN!様は、認知の拡大と送客手数料の金額分を
お客様にしっかり還元したいと考え、
様々なツールを使用して認知の入り口を増やしました。
その中でも、自社ブランドサイトを立ち上げ、そこにお客様を流入させることを意識されました。
自社ブランドサイトに流入させ、そこから予約をしていただくことで
送客手数料の負担が軽減されました。
ブランドサイトから集客するコツは、
店舗を使う用途(利用動機)とメンバー、注文例、会計、単価をページ内に記載することで
「誰とどんな時にいくらの予算で」が分かるように設計したことです。
飲食のシーンが多様化する現代、シーン別でお客様に伝えることで
集客に結びつけておられます。
チラシなどの紙媒体からデジタルに移行することで、人時生産性の向上に繋がり
経営者や店長の負担が大きく軽減されます。
ぜひ、取り組んでみてください。
3.船井総研コンサルタントによる講座「今後の飲食店のデジタル活用について」
経営者は、時代に合わせて経営手法を変化させることが大切です。(時流適応)
「分からないから」といってデジタル活用を後回しにしてしまうと
今後衰退していく可能性が高まります。
昨今は、販売チャネルの多様化によって商圏が拡大傾向にあります。
各デジタルツールを使いこなすことによって
今までアプローチできていなかった層へも認知を拡大させることが出来るため、
新規顧客を獲得する確率がグンと上昇します。
また、ブランドサイトはグルメサイトに比べて情報量を多く掲載できるため、
閲覧者(興味顧客)の誘導可能性が高くなります。
4.事例共有会 「会員企業によるデジタルマーケティングの取り組みについて」
事例共有会とは、研究会の場において
会員企業である飲食店経営者様同士で、各企業様で取り組んできた様々な事例を
お互いに情報交換する会です。
今回は研究会のテーマでもある『デジタルマーケティングの各会員企業の取り組み』について、
事例を話し合っていただきました。
事前アンケートから、ほとんどの企業様は
Googleマイビジネスやグルメサイト、
店舗SNS、LINE公式アカウントなどに登録をしていました。
しかしながら、
・SNSの投稿は本当に効果があるのか?
・投稿内容のマンネリ化(ネタ切れ)
などのお悩みをお持ちの企業様が多数いらっしゃいました。
たしかに、
SNSの投稿によって売上が上がっていれば
SNS発信するモチベーションにもなりますし、
豊富な投稿ネタがあれば、毎日困らずに
運用していくことができます。
そこで、Instagramの効果検証をするために、
「インサイト」をしっかりを分析する、という話題で
盛り上がりました。
インサイトでは、フォロワーの増加推移や、
投稿ごとの反響(リーチ数・インプレッション数など)を
閲覧することができます。
これらを分析することでどのような投稿をすれば、
お客様に喜んでいただけるのか、
保存数が増えるのかなど見えてくることが多数あります。
ぜひ投稿をするだけでなく、
インサイトで分析することを徹底していただければと思います。
今回の研究会も、全国様々な場所の
飲食店経営者が事例を共有し合うことによって
収穫の多い研究会になりました。
ありがとうございました。
5.最後に
さて、このように2021年4月度研究会も
学びの多い1日になりました。
ぜひ明日から、皆さまの今後の経営判断の一助と
していただければ幸いです!
次回の研究会は6月23日(水)です。
ご興味のある方は、「1社につき1回まで参加可能な【無料お試し参加】」も
ございますので、ぜひお気軽にお申込みください!
ご応募は下記から!
▼▼居酒屋・バルビジネスモデル経営研▼▼
https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=036594&_ebx=64361cgke.1593761933.7fs09lx#_ga=2.199821229.2041240744.1619150976-889273563.1619150976
▼▼焼肉ビジネスモデル経営研究会▼▼
https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=036183&_ebx=64361cgke.1593761933.7fs096b#_ga=2.191442857.2041240744.1619150976-889273563.1619150976
テーマやゲスト講師は、本コラム・メルマガにて発表致します。
近日公開予定ですので、ぜひチェックしてください。
執筆者
西尾 祐哉
プロフィール

【まだ間に合います!】飲食店経営者向け研究会無料招待
外食
2021/4/16
【まだ間に合います!】飲食店経営者向け研究会無料招待

いつもコラムをご愛読いただき、ありがとうございます。
船井総合研究所の西尾です。

本コラムでは飲食店経営者の皆様に、お役に立てる情報を発信しております。
「居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会」、
「焼肉ビジネスモデル経営研究会」について、ご紹介させていただきます。

今回は2021年4月20日(火)の研究会の見どころについて、ご紹介させていただきます。

今回は特別ゲスト講師として、
株式会社BAN 代表取締役 小泉貴洋 氏をお招きしております。

小泉氏には、
『デジタル集客×デジタルマネジメントで人時売上業界平均2倍を達成する方法』
というテーマでご講演いただきます。

今回のメルマガでは、株式会社BANが運営する
「原価ビストロBAN!」のLINE公式アカウントの活用事例について、
少しだけ解説させていただきます。

そもそも飲食店がLINE公式アカウントを活用するメリットは主に下記3つです。
(1) 来店後もお客様と継続的にコミュニケーションを取ることができる
(2) 新商品の紹介やキャンペーンなどの最新情報を告知することができる
(3) 店舗来店してくださったお客様に対して、
テイクアウトやデリバリーなどの他チャネルに誘導することができる

まず、「原価ビストロBAN!」は
2021年3月末現在、LINE友達数が7万人と
かなり多くの友達数を確保されています。

そしてリッチメニューの構成やデザインを工夫し、LINE上から
店内予約やテイクアウト&デリバリーの注文、通販サイトへのアクセスを行うことができます。
お客様がワンタッチで簡単に操作できるため、
ストレスなくLINEを利用することが可能になります。

また、LINE公式アカウント上で配信した内容をしっかり開封してもらうために
テキストだけの配信ではなく写真やイラストを組み合わせることによって
クリエイティブな配信を心掛けていらっしゃいます。

その結果、一度メッセージ配信をすると
全店舗が予約で満席になるとのことです。

ぜひ小泉氏のご講演を参考にしていただき、LINE公式アカウントを活用した集客に繋げていただければと思います。

2021年4月20日(火)に開催予定の研究会では、

株式会社BAN 代表取締役 小泉貴洋 氏のご講演や

さらにもう1名の特別ゲスト講師のご講演、

船井総研のコンサルタントの講座、事例共有会も予定しております。

今回はそんな貴重な講演が、無料で聞くことができる

「無料お試し参加」のご招待をしております。

▼▼研究会の無料お試し参加はコチラ▼▼
「居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会」、
「焼肉ビジネスモデル経営研究会」

※今回の研究会は、オンライン(ZOOM)での開催となります。

次回のコラムでは、講演の見どころを解説いたします!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【研究会詳細】
◆開催日:2021年4月20(火)10:30~16:30
◆開催形式:オンライン(ZOOM)
◆当日の流れ
⑴ゲスト講座
 昼休憩
⑵船井総研講座① 「Google Workspace 活用術~生産性向上へ向けて~」
⑶船井総研講座② 「地方商圏でも効果のでるデジタルマーケティングとは?」
⑷事業再構築補助金の活用講座
⑸船井総研講座➂ (焼肉限定) 
「コロナ禍における焼肉業界状況 会員様V字回復事例 会員様新店出店成功事例 会員様今後出店状況」
 休憩
⑹事例共有会

【研究会 無料お試し参加実施中】
お問い合わせ・お申込みはこちらから!
<WEB経由のお問い合わせ・お申込み>
▼▼▼下記URLからご確認頂けます▼▼▼
◆居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会
(https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=036594&_ebx=2w99wdd1s.1603268494.7e9g76l#_ga=2.142806453.1063592037.1609987171-199207416.1603687602)
◆焼肉ビジネスモデル経営研究会
(https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=036183&_ebx=92pz11icmq.1586407293.7e9g5ib#_ga=2.242957509.617910002.1609987276-692446140.1595297884)

※無料お試し参加は1社様1度限り、2名までとなっております。
※途中退席はご遠慮いただいております。ご了承ください。
※当日スケジュールは調整中のため、変更の可能性があります。
予めご了承ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

研究会の概要は以上です。
興味のある方は、ぜひ「無料お試し参加」で体験してみてください。
宜しくお願い致します。
また、船井総研のフード支援部ではYouTubeチャンネルを開設しました。
飲食業界のトレンド解説、繁盛店の紹介・分析、業界ニュースのまとめなど
様々なテーマで皆様にお届けいたします。

▼▼▼チャンネル登録は下記から▼▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCDDci4NNuhd8fs27Yn4YEzQ/featured

執筆者
西尾 祐哉
プロフィール

【先着20社様限定】船井総研主催‼飲食店経営者向け研究会無料お試し参加
外食
2021/4/14
【先着20社様限定】船井総研主催‼飲食店経営者向け研究会無料お試し参加

いつもコラムをご愛読いただき、ありがとうございます。
船井総合研究所の西尾です。

本コラムでは飲食店経営者の皆様に、お役に立てる情報を発信しております。
「居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会」、
「焼肉ビジネスモデル経営研究会」について、ご紹介させていただきます。

今回は2021年4月20日(火)の研究会のゲスト講座について、
内容を少し、ご紹介させていただきます。

今回の研究会では、2名のゲスト講師をお招きしております。
株式会社BAN 代表取締役 小泉貴洋 氏には、

『デジタル集客×デジタルマネジメントで人時売上業界平均2倍を達成する方法』
というテーマでご講演いただきます。

さて、デジタル集客とありますが
具体的にどのような仕組みでお客様を集客しているのか。

キーワードは
『お客様の認知から来店・固定客化までの動線をしっかり形成すること』です。

そのためには
(1)web上の一等立地を確保する
(2)複数媒体の活用
が大切になってきます。

そもそもなぜ『web上の一等立地を確保する』必要があるのか?
答えは明快で、上位にあればあるほど多くの方の認知を獲得できるからです。

例えばGoogle上で飲食店を検索した場合、Googleマイビジネスの情報もしくは、ポータルサイト、ブランドサイトなどが出てきます。
このWEBサイト上での良い場所取りがWEB集客では大切な考え方であると言えます。
また、WEB上で自店舗のことを認識していただいた後は、自店舗の魅力をいかに伝えるかが大切です。
そこで肝となるのが、「ブランドサイトの立ち上げ」であると言えます。
立ち上げたサイト内では、お客様の探している情報を
しっかりと掲載し、情報量を分厚くすることで、お客様の来店率が向上します。

では、ブランドサイトを作成する際に大切なポイントはどういったところなのでしょうか?
ポイント(1)ファーストビューでインパクトをしっかり取り、離脱率を低くする
ポイント(2)ユーザーの利用シーンに応じて、メニューや価格帯を記載する
ポイント(3)信用性の高い「お客様からの声」を入れ、ユーザーに安心して来店していただく
このように、ブランドサイト内の構成をしっかり設計することで
サイトからの離脱率を低くすることが出来、集客に繋げることが出来ます。

続いて、デジタル集客のポイントのもう一つは、『多媒体を活用する』ことです。
近年、お客様は店舗を探す際、
・検索画面上からのフリー検索
・グルメサイト経由
・Googleマップ
・SNS
など、お客様は多くの媒体を私用して、店舗を探しています。

一昔前のように、グルメサイトに登録していたら集客できる時代は
終わりを迎えています。

お客様が、どの媒体を使用してもしっかりと自店舗を認知してもらうために
あらゆる媒体をしっかり作り込んで、店舗の情報を伝えていく必要があります。

その他にもSNSやプレスリリースなどのメディアへの発信を使って
ブランドサイトへ流入させるためのコツや
ブランドサイトから来店へ繋げるための細かなテクニック、
LINEを使ってお客様を囲い込むテクニックが多く存在します。

原価ビストロBAN!様では、あらゆるデジタルツールを活用し、
ブランドサイトへ流入させ、ブランドサイト内でしっかりユーザーに価値を
訴求することによって、集客を実現されています。
その動線の設計がしっかり整っているからこそ、グルメサイトに頼らずに
お客様を集客し続けることができるのです。

集客のための動線やSNSの活用方法などについては、
研究会の講座で詳しくお話いただきます。

ぜひ、研究会に参加し、皆様の経営に活かしていただければと思います。

そして今回の研究会でも、事例共有会を実施します。
事例共有会とは、研究会の場において各企業様で取り組んできた様々な事例を
お互いに情報交換する会です。

今回は研究会のテーマでもある『デジタルマーケティング』について
ご参加いただく皆様にディスカッションしていただきます。
現在取り組んでいるデジタル媒体やこれから取り組んでいきたい
ツールなどについて共有し合うことで、
疑問や不安を解消していただけますと幸いです。
また、全国の同業種の経営者とつながりを持つことで
「師と友づくり」もしていただければと思います。

2021年4月20日(火)に開催予定の研究会では、

株式会社BAN 代表取締役 小泉貴洋 氏のご講演や

さらにもう1名の特別ゲスト講師のご講演、

船井総研のコンサルタントの講座、事例共有会も予定しております。

今回はそんな貴重な講演が、無料で聞くことができる

「無料お試し参加」のご招待をしております。

▼▼研究会の無料お試し参加はコチラ▼▼
「居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会」、
「焼肉ビジネスモデル経営研究会」

※今回の研究会は、オンライン(ZOOM)での開催となります。

次回のコラムでは、講演の見どころを解説いたします!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【研究会詳細】
◆開催日:2021年4月20(火)10:30~16:30
◆開催形式:オンライン(ZOOM)
◆当日の流れ
⑴ゲスト講座
 昼休憩
⑵船井総研講座① 「Google Workspace 活用術~生産性向上へ向けて~」
⑶船井総研講座② 「地方商圏でも効果のでるデジタルマーケティングとは?」
⑷事業再構築補助金の活用講座
⑸船井総研講座➂ (焼肉限定) 
「コロナ禍における焼肉業界状況 会員様V字回復事例 会員様新店出店成功事例 会員様今後出店状況」
 休憩
⑹事例共有会

【研究会 無料お試し参加実施中】
お問い合わせ・お申込みはこちらから!
<WEB経由のお問い合わせ・お申込み>
▼▼▼下記URLからご確認頂けます▼▼▼
◆居酒屋・バルビジネスモデル経営研究会
(https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=036594&_ebx=2w99wdd1s.1603268494.7e9g76l#_ga=2.142806453.1063592037.1609987171-199207416.1603687602)
◆焼肉ビジネスモデル経営研究会
(https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=036183&_ebx=92pz11icmq.1586407293.7e9g5ib#_ga=2.242957509.617910002.1609987276-692446140.1595297884)

※無料お試し参加は1社様1度限り、2名までとなっております。
※途中退席はご遠慮いただいております。ご了承ください。
※当日スケジュールは調整中のため、変更の可能性があります。
予めご了承ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

研究会の概要は以上です。
興味のある方は、ぜひ「無料お試し参加」で体験してみてください。
宜しくお願い致します。
また、船井総研のフード支援部ではYouTubeチャンネルを開設しました。
飲食業界のトレンド解説、繁盛店の紹介・分析、業界ニュースのまとめなど
様々なテーマで皆様にお届けいたします。

▼▼▼チャンネル登録は下記から▼▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCDDci4NNuhd8fs27Yn4YEzQ/featured

執筆者
西尾 祐哉
プロフィール