経営コンサルタントのお役立ちコラム一覧 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇

十数年間飲食業の現場でキャリアを積んだ後、船井総合研究所に入社。
上場外食企業のスーパーバイザー、最年少での営業部長就任、130名以上のメンバーのマネジメント実績を活かし、人事評価制度、人材採用、人材開発・育成(教育)プランの提案を得意とする。
現場と経営者の双方の意見を融合させての改善提案や業績向上プラン、即時経費削減プランを具現する。
最近では特に人事評価制度導入により、人を育てて、業績アップを実現させるスキームの導入から運用までの依頼が多い。

【飲食店における画像解析AI活用術】飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナーコラム④
外食
宅配
給食
2018/10/25
【飲食店における画像解析AI活用術】飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナーコラム④

※満員御礼につき追加開催決定※ 先着50名様限定!

【12月20日(三重)】飲食店のAI・ビックデータ活用最新事例視察セミナー

(お申込みは、詳細はこちらから⇒http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

飲食店経営に関する当コラムをご愛読頂き誠にありがとうございます。

 

飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナーコラムでは

★年商5倍化(1億円⇒5億円)

★利益10倍化

★年間休日120日化

を実現された有限会社ゑびや様の画像解析AIの活用による、

『ターゲティング販促の適正化』についてお話させて頂きます。

 

( 有限会社ゑびや様を視察できるセミナーのお申込み、

詳細はこちらから⇒http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

ゑびや様では、最新のデジタル技術として、監視カメラと交通量調査のシステムを

組み合わせて、そこに画像解析AIを組み込んだものを取り入れています。

 

これはお店の前を何人が通り、そのうち何人が入店したかをカウントして、

『入店率』を計算するものです。また、年齢層・男女比なども把握することができます。

 

(公式:店前交通量×入店率=入店客数)

 

それをどう活用するかというと、たとえば、店頭にディスプレイがあるときとないときの

入店率の差を割り出して、その数値にお店の客単価や営業日数といったデータを

重ねることで、ディスプレイに費やすことのできる金額を算出することができます。

 

また、その他の活用方法として、午前中の時間は、「50代」の交通量が多いと

判明した場合、POSデータから「50代」の購買データを引っ張り、

「50代」の客層に支持されている商品を店頭看板で打ち出します。

 

この取り組みを全ての時間・曜日などでセグメント分析をして、店頭看板の

打ち出しの最適化をすることによって、入店率が上がり、

売上を引き上げることに成功しました。

 

このような根拠ありきの意思決定と効果の見える化によって、リアル店舗を

ECサイトのように可視化出来、根拠あるビジネスに変えることが

できるようになります。

 

12月20日(木)の「飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナー」では、

この画像解析AIが実際にどのように活用されているのかの裏側まで

見ることができます。

 

11月28日分の開催日はご好評につき、あっという間に先着50名様が埋まって

しまいましたので、本セミナーにご興味を持たれました方お早めに

ご申込をして頂ければ幸いでございます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

地方田舎町のたった1店舗の飲食店がAI・ビッグデータ活用で

『売上5倍』『利益率10倍』『年間社員休日120日』を達成!

【先着50名限定】飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナー

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

 

【会場】

20181128日(水)【満員御礼】

2018年12月20日(木)【追加開催】

10:00~14:00 (受付開始 09:50~)

ゑびや大食堂

三重県伊勢市宇治今在家町13

 

・伊勢神宮 宇治橋前広場より約1分

・近畿日本鉄道 鳥羽線 五十鈴川駅より徒歩約30分

・近畿日本鉄道 山田線、鳥羽線 宇治山田駅より車約15分

・JR東海 参宮線 近畿日本鉄道 山田線 伊勢市駅より車約15分

・三重交通バス 内宮前停留所より徒歩約2分

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール

【第二弾】食品事業経営者様向けの特別コラム
食品
2018/10/17
【第二弾】食品事業経営者様向けの特別コラム

皆様、いつもコラムをお読みいただきまして誠にありがとうございます。
船井総研の飲食チームからのコラムです。

 
前回の第一弾のコラムをお読みいただいた方には分かるかと思いますが、
今回は異業種参入・出店という大きな決断を実施し、会社の業績を大きく
UPさせた株式会社南国CBF様についてお話しさせていただきます。
(まだ、第一弾をお読みでない方は先にご覧いただけますと幸いです)

 

 

2018年6月に食品事業を核としながら肉バル業態に参入し、宮崎市内で家賃

23万円の立地で月商500万円を売上げ、営業利益約20%(100万円)を達成しているのが、
株式会社南国CBF様です。

 

 

前回の記事の中の南国CBF様の成功理由に、

 

➀時流に乗ったビジネスモデルの選択

 

を上げさせていただきました。

 

 

「ニクバルって最近増えてきているけどまだまだ出店余地はあるの?」
と感じている方も多いかと思います。
株式会社南国CBF様の宮崎市での出店の場合を考えてみましょう。

 

 

 

宮崎市の橘通り付近(店舗が位置する商圏)には、バルと呼ばれるものが
10店舗ほどあり、そこそこ集客出来ている旧型のバル
(ハイチェアで様々なタパス料理が食べられるスペイン料理屋風)が
3店舗ほどというのが実情でした。

 

 

そして、何かの食材に特化したバルは少なく、
肉バルという屋号を全面に押し出しているお店は2店舗しかなかったのです。

 

 

また、宮崎内で一番の繁華街にも関わらず、
都会のような「カッコイイ」「オシャレ」な飲食店が少なかったというのも事実です。

 

 

現在の日本の飲食店は(全国を全体的に見た場合)、
「人口減少(人材不足)」による「省人化(低オペレーション化)」
「高収益モデル化」「IT化」が時流となっています。

 

 

そんな中、船井総研の肉バルは、
一品料理の仕込みやステーキのカット等、調理の大部分を仕入れ先
CK(セントラルキッチン)において準備した状態で納品することで、
現場でかかる人件費を大きく削減し、肉バル人件費率平均25%を達成しています。

 

 

また、飲食店におけるコストの大部分は、FLRと呼ばれる

 

 

F:Food(原価)
L:Labor (人件費)
R:Rent (家賃)

 

 

が占めており、今回の肉バル出店では、「L」は先ほどのCKで削減、
「F」は自社食材の使用や、仕入れ先の端材食材の商品化(アヒージョ等)や、
高粗利ドリンク(フルーツごろごろスパークリング等)による低原価実現、
「R」は2Floor使用(2F事務所兼作業場)による総面積/家賃の低下を
実現しています。

 

 

そしてこの度、肉バル「The Meating」の生みの親である
株式会社南国CBF代表取締役:河野当将氏をお招きして、
食品事業経営者様向けの飲食店新規参入で、成功するポイントを徹底的に
細かく解説させていただくセミナーをご用意いたしました。

 

 

 

セミナー当日は、

 

 

・成功する飲食店を始めるための、食品事業からの参入のポイント
・The Meatingの出店までの「苦悩と悩み」
・地域食材を使用したThe Meatingの「商品開発」
・The Meatingの「売上・利益構造大公開」
・出店後だからこそ描くことの出来た今後の展望

 

 

について河野社長様にお話しいただきます。

 

11月2日(金)東京にて繁盛肉バル業態の開発秘話をたっぷりお話しいただきます。

 

食品事業経営をされている皆様だからこその強みを活かした新規事業開発に

ご興味のある方は、ぜひ、本セミナーにご参加下さいませ。

 

第二の事業の柱づくりをご検討されている経営者様にとって
はじめて飲食店経営をスタートさせるうえでの成功のポイントを
掴める機会になるかと思います。

 

当日のスケジュール(船井総研東京本社にて開催)

 

 

13:00~14:00(船井講座)
◆肉バルの魅力と成功のポイントとは!
◆地域密着型高収益飲食店開発のコツ!
◆第二の事業が必要な理由とは!

 

14:10~14:40(船井講座)
◆2018年最新!全国肉バル事例紹介!!
◆モデル店から学ぶ!儲かる肉バルのポイント!
◆ヒットする商品開発のポイントとは!

 

14:50~15:50
☆肉バル『The Meating』の成功秘話☆

(株式会社南国CBF代表取締役 河野様)

 

16:00~16:30(船井講座)
◆まとめ講座
◆明日からできること
本業の強みを活かした形での「飲食店開発」に関心のある方は
ぜひ、本セミナーにご参加下さいませ。

 

 

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037796/

 

 

皆様にお会いできることを楽しみにしております。
最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

 

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール

【満員御礼につき追加開催決定!!】飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナーコラム③
外食
2018/10/11
【満員御礼につき追加開催決定!!】飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナーコラム③

※満員御礼につき追加開催決定※先着50名様限定!

【12月20日(三重)】飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナー

お申込みは、詳細はこちらから

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

当メルマガをご愛読頂き誠にありがとうございます。

 

過去2週にわたって、地方でたった1店舗の飲食店経営にも関わらず…

 

★年商5倍化(1億円⇒5億円)

★利益10倍化

★年間休日120日化

 

を実現された有限会社ゑびや様の事例をもとに、

飲食店のAI・ビッグデータ活用の事例を紹介させて頂きました。

 

皆様から大変ご好評を頂きまして、11月28日の視察セミナーは

「満員御礼」となりました。誠にありがとうございます。

 

少しでも多くの方に、最新事例を体験して頂きたいと思い、

この度は大変お忙しい中、有限会社ゑびや様にご協力を頂き、

12月20日に追加開催を実施させて頂くことが決まりました!

 

今回も先着50名様限定のセミナーでございますので、

参加を検討されている方はお早めにお申し込みください。

 

有限会社ゑびや様を視察できるセミナーのお申込み、詳細はこちらから

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

 

さて、今回は、飲食店における「データ重視経営」の重要性について

お話をさせて頂きます。

 

言うまでもありませんが、今後ますます人口減少が進む日本において、

「人材不足」による「人件費率の高騰」は止まる目途が立っていません。

 

そういった外部環境の中では

・人手不足による売上ロス

・人手不足による労働疲弊

がさらに深刻になっていきます。

 

事業環境が大きく変わるため“根本的に“経営手法を変えていかなければ、

事業の存続が困難になってしまいます。

 

つまり、収益性を高めるためにはより「経営判断の精度」が求められる

時代になっていきます。

 

ゑび屋様では「勘頼りの感覚経営」から、「データ活用経営」に

シフトをするという発想で、経営判断の精度を高めることに成功されました。

 

「データ活用経営」を実践するためには、以下3つのステップが必要です。

 

STEP1:収集すべき数値を理解する

利益向上するために具体的に何をしなければいけないのかを、

ロジックツリーをもとに構築し、どういった数字を追っていけば

いいのかを整理する

 

STEP2:収集すべき数値を「簡単に」集計できるようなシステムを構築する

収集すべき数値を理解できても、収集する作業自体に時間がかかって

しまっていては、改善活動を進めることが出来ません。

多くの飲食店は、収集作業と分析に時間がかかってしまうため、

こういった数値を追うことができず、結果として、売上・原価・人件費など

結果数値しか追うことができない状態になっているかとおもいます。

有限会社ゑびや様のように、BIツールなどを駆使して、作業時間がかからない

やり方で、数値を収集する必要があります。

 

STEP3:集計された数値をもとに、高速でPDCAを回す

最後に最も重要なことが、出てきた数値をもとに「何を」するのかを決めて、

PDCAサイクルをできるたけ、早く回すことです。

そのために今後求められる能力は、「数値を読み解く力」です。

この力がなければ、どんなにいいツールを使って、より正確な改善指標となる

数値が出るようになっても、その数値を改善する方向性が間違っていれば、

全てムダになってしまいます。

ですので、こういった力を身に着けるためには、実際にこのステップで

改善活動を行っている現場を見ることが最も早い手段だと考えています。

 

こういったデータ経営の成功事例を実際に自分の目で確認できる視察セミナーが、

「飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナー」です。

 

当日は、外食業界で日々活躍する全国の沢山の前向きな経営者様と、

会場(伊勢)にてお会いできることを楽しみにしております。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

地方田舎町のたった1店舗の飲食店がAI・ビッグデータ活用で

『売上5倍』『利益率10倍』『年間社員休日120日』を達成!

【先着50名限定】飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナー

 

↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓

 

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

【会場】

20181128日(水)【満員御礼】

2018年12月20日(木)

10:00~14:00 (受付開始 09:50~)

 

ゑびや大食堂

三重県伊勢市宇治今在家町13

 

・伊勢神宮 宇治橋前広場より約1分

・近畿日本鉄道 鳥羽線 五十鈴川駅より徒歩約30分

・近畿日本鉄道 山田線、鳥羽線 宇治山田駅より車約15分

・JR東海 参宮線 近畿日本鉄道 山田線 伊勢市駅より車約15分

・三重交通バス 内宮前停留所より徒歩約2分

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール

食品事業経営者様向けの特別コラム第1弾
食品
2018/10/09
食品事業経営者様向けの特別コラム第1弾

皆様、いつもコラムをお読みいただき誠にありがとうございます。

 

船井総研の飲食チームではかねてから「肉バル」の業態開発を進めてまいりました。

 

「肉バル」とは簡単に言うとステーキとワインをお手頃におしゃれに楽しめる飲食店です。

 

もともと「ステーキ」は高級品でハレの日に食べるメニューでした。

 

「肉を食べたい!」という食事動機は人気で普遍的なものです。

 

「ステーキ」という人気ジャンルのメニューを「ワイン」「お酒」と

共に楽しめるのが「肉バル」です。

 

近年では若者のアルコール離れが叫ばれておりますが、

「ワイン」の消費は伸びております。

 

今回は異業種参入出店という大きな決断を実施し、

会社の業績を大きくUPさせた食品企業様企業様について

ご紹介させていただきます。

 

2018年6月に食品事業を核としながら肉バル業態に参入し、

宮崎市内で家賃23万円の立地で月商500万円を売上げ、

営業利益約20%(100万円)を達成しているのが、

株式会社南国CBF様です。

 

株式会社南国CBF様は開業後の収益確保も順調に進んでおり、

投資回収も2年を切るペースと早い趨勢です。

 

南国CBF様がはじめて飲食店ビジネスに参入し、

成功している3つのポイント

 

➀時流に乗ったビジネスモデルの選択

②食品事業主ならではの自社の強みを活かした商品開発

③人手不足の時代でも「採用力のある」業態選択

 

が挙げられます。

 

特に②の食品事業主ならではの自社の強みを活かした商品開発は、

異業種参入をするうえで非常にアドバンテージとなる要素です。

 

そしてこの度、肉バル「The Meating」の生みの親である

株式会社南国CBF 代表取締役 河野当将

をお招きして食品事業経営者様向けの飲食店新規参入で

成功するポイントを徹底的に解説させてただく

セミナーをご用意いたしました。

 

セミナー当日は、

・成功する飲食店を始めるための、食品事業からの参入のポイント

・The Meatingの出店までの「苦悩と悩み」

・地域食材を使用したThe Meatingの「商品開発

・The Meatingの「売上・利益構造大公開」

・出店後だからこそ描くことの出来た今後の展望

等について河野社長様にお話しいただきます。

 

11月2日(金)東京にて繁盛肉バル業態の開発秘話をたっぷりお話しいただきます。

 

食品事業経営をされている皆様だからこその

強みを活かした新規事業開発にご興味のある方は、

ぜひ、本セミナーにご参加下さいませ。

 

第二の事業の柱づくりをご検討されている経営者様にとって

はじめて飲食店経営をスタートさせるうえでの成功のポイントを

掴める機会になるかと思います。

 

 

当日のスケジュール (船井総研東京本社にて開催)

 

13:00~14:00(船井講座)

◆肉バルの魅力と成功のポイントとは!

◆地域密着型高収益飲食店開発のコツ!

◆第二の事業が必要な理由とは!

 

14:10~14:40(船井講座)

◆2018年最新!全国肉バル事例紹介!!

◆モデル店から学ぶ!儲かる肉バルのポイント!

◆ヒットする商品開発のポイントとは!

 

14:50~15:50

☆肉バルThe Meating』の成功秘話☆

(株式会社南国CBF 代表取締役 河野様)

 

16:00~16:30(船井講座)

◆まとめ講座

◆明日からできること

 

 

本業の強みを活かした形での「飲食店開発」に関心のある方は

ぜひ、本セミナーにご参加下さいませ。

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037796/

 

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール