経営コンサルタントのお役立ちコラム一覧 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

時流適応!拡大するチョコレート市場をつかめ!
スイーツ
2019/10/23
時流適応!拡大するチョコレート市場をつかめ!

船井総合研究所 地方創生支援部 地域食品振興グループ スイーツチーム チームリーダーの中渕です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

今回はライフサイクル理論の安定期第8期と言われる食品市場において今急成長を遂げている「チョコレート」についてご説明させていただきます。

近年は「肉」「チーズ」「チョコレート」「ミルク」など食の欧米化がさらに進んでいると感じています。

これらをメイン商品にした専門店も飲食・物販問わず台頭してきております。

ここで総務省統計局が1年間の家計を調査した「家計調査年報」をもとに変遷をみていきたいと考えております。

 

総務省統計局「家計調査年報2018」を加工

 

菓子市場全体はここ9年で5%の伸びですが、チョコレートの家計消費は50%の成長をしております。

 

先日、スイーツビジネス研究会にてゲストでご講演いただいたケンズカフェ様はじめ、チョコレートおよびガトーショコラ専門店などのチョコレート菓子の繁盛店が多く世の中に出てきています。

 

これまで専門性が高く、技術的参入障壁が高かったチョコレートの業態を

なんとか異業種の方も含めて「参入しやすく成功しやすい」ビジネスモデルにできないか?と考えておりました。

 

この度、船井総研が考える業態開発の超プロの方々とパートナーシップを結ばせていただき、業態開発のプロセスが整いましたのでご報告させていただきます。

 

チョコレート専門店ビジネスモデル公開セミナー

 

https://sem.funai-food-business.com/seminar/052233/

 

チョコレート界のカリスマ!「アッサンブラージュカキモト」垣本シェフによるご講演付です。

 

是非ともご参加いただけますと幸いです。

 

今週もお読みいただきありがとうございました。

執筆者
チームリーダー チーフ経営コンサルタント
中渕 綾
プロフィール

ビールの売上構成比58%!営業利益率20%の新業態
食品
2019/10/23
ビールの売上構成比58%!営業利益率20%の新業態

【業態変換で年間1億円のクラフトビール専門店のつくり方】

 

いつもメルマガをご愛読いただきありがとうございます。

船井総合研究所の久嶋です。

 

ライフスタイルの変化・人口減少・既存市場の縮小など、日本の中小企業は転換期にきています。

伸びない既存事業・既存店舗から今、新たなビジネスモデルへ転換していくことが、企業の永続には必要です。

 

当メルマガでは、ここ2年で100軒以上も増え続ける「クラフトビール専門店」ビジネスの儲けのからくりについてお送りします。

 

  • “ブルーパブ”が成立しているポイント

当ビジネスモデルを立ち上げる際に私が足を運んだ、「クラフトビール醸造所×飲食店」”ブルーパブ”のモデル店の一部をご紹介します。

 

観光地として地域の特産品等を取り入れて成功されている、北海道網走の「網走ビール」、広島県宮島の「宮島ビール」、石川県金沢の「Oriental Brewing」

 

東京近隣や名古屋等、人口の多い都市において21坪の小さい単店から、3階建ての広い店舗と、店舗の大きさにかかわらず成功している、東京都北千住の「さかづきBrewing」、栃木県宇都宮の「BLUE Magic」、名古屋市の「Y.Market Brewing」

 

各社長のお話を伺い、弊社の考える“ブルーパブ“成功のポイントをお伝えしていきたいと思います。

 

 

1. 「出来立てビール」が集客のカギ

 

まず、クラフトビール醸造所である通り、「その場」で「できたばかり」のビールを飲めるということが、“ブルーパブ”のなによりの価値です。

 

330ml 600円~800円と、居酒屋で飲む生ビール1杯300~500円台のボリュームゾーンから大きく単価の上がる価格設定がされています。

 

クラフトビールの下限品質を落とさないことは前提として、自社製造の「クラフトビールに絞った品揃え」で、飲食売上6,000万円に対して3,300~3,600万円がビールの売上をしめます。

 

これだけ高単価でも売れるクラフトビール醸造所が拡大していった要因の一つとして、これまで味わえなかった多種多様なビールを飲み比べできる点があります。

 

・ホップによる苦味の効いたIPA

・香ばしさとほのかな甘みのペールエール

・小麦を使った、フルーティーな甘みのあるヴァイツェン

・焦がしたような香ばしさと味わいのあるスタウト

 

大手のような大量生産ではなく、妥協のない素材で製造にこだわり、顔の見える生産者が造れる量を造るクラフトビールは今の時代に合っていると言えます。

 

 

 

2.脱職人!シェフいらずの食事で客単価UP

 

“ブルーパブ”がクラフトビール単品に絞り、成立しているポイントの大きな要素が、「低い人件費」でできる飲食メニューを提供できている点です。

 

売上構成比の約60%がビールになるわけなので、ビールに合わせた飲食メニューは必須です。

 

一方で、“ブルーパブ“はビールメインですので、50を超える飲食メニューや、仕込み・手間のかかる飲食メニューは必要ありません。

 

シェフいらずで品質の安定する飲食メニューを開発することがポイントと言えます。

 

 

 

3.観光立地で多用途販売 〜飲食・持ち帰り・お土産・テイクアウト〜

 

上記でも紹介した観光立地の店舗が成功している大きなポイントは、クラフトビール単品に絞り、多用途の需要を取り込むことで、客層を広げるとともに、利用頻度UPによる売上の最大化を図ることが可能となったことです。

 

観光立地の店舗フォーマットは、醸造・キッチンスペース10~12坪、客席スペック13坪、物販・レジスペース2坪、テイクアウト機能を有した構成です。

 

観光立地では、“ブルーパブ”の飲食需要だけでなく、歩き観光地であれば食べ歩き・飲み歩きテイクアウト需要に対応することが可能です。

 

更にお土産需要や、自宅(行き帰りの交通機関の中)への持ち帰り需要(自家需要)の2つの観光物販需要は今後も伸びる市場となっています。

 

また、缶・瓶販売は今もクラフトビール市場で伸びており、主要駅・空港などでの広がりを持った卸販売を実施し、ビール単品5,000万円を超える事例がでてきています。

 

・容器別販売数量

 

資料:地ビール等製造業の概況(国税庁)

 

 

上記のようなポイントを押さえた“ブルーパブ”は、店舗単店でも6,000万円~1億円、営業利益率20%を確保しています。さらに外販によって売上を上乗せすることのできる店舗ができている店舗も少なくありません。

 

クラフトビールについてより詳しく知りたい方は私にご相談いただくか、

こちらより小冊子をダウンロード下さい!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

執筆者
久嶋裕介
プロフィール

なぜ、あなたの会社の海外進出は失敗したのか!?
食品
2019/10/23
なぜ、あなたの会社の海外進出は失敗したのか!?

内需の減少が続いていく中、国も中小食品メーカーの輸出支援を促進しています。

 

とは言え、多くの中小食品メーカーがこれまで「何らかの形で輸出や海外進出」に触れてきたものの、思ったような成果が上がらず、事業の撤退や海外進出を諦めてしまった企業が少なくないのではないでしょうか?

 

多くの中小食品メーカーはこれまで、海外輸出事業を伸ばすために利用してきた海外展示会。

 

1回の出展に200~500万のコストがかかる一方で、成約につながるのは1件あれば良い方。

 

人もお金も時間も限られている中小企業にとって、費用対効果が合わないと展示会を何度か出展した後、海外進出・輸出を諦める企業が大半でした。

 

このような中、海外展示会への出展など大きなコストをかけずに、輸出を拡大している企業が愛媛県にあります。

 

人口12万人の愛媛県新居浜市にある㈱香月園です。

 

お茶と茶道具の小売・卸を営む株式会社香月園。

 

地元の人口減少に危機感を感じ、WEBを活用した海外輸出に積極的に取り組み、

開始から2年2ヶ月で50数カ国の海外の国と取引を行われています。

また、取組開始6ヶ月で、月商100万から1200万と12倍に事業が拡大し、現在、海外輸出売上は2億円まで伸びています。

 

内需が萎む一方で、海外では日本食レストランが急激に伸びています。和食の世界遺産登録など日本食が注目を集め、東京オリンピックを契機にまた一気に海外での日本食の普及は広がると考えられます。

 

海外事業の展開は、展示会や現地法人の設立といった手法だけでなく、WEBも使うことで、中小企業で収益を生み出すことのできる生産性の高い事業となります。

 

本レポートで紹介した㈱香月園の取組は以下に詳細をまとめていますので是非ご覧ください。

https://sem.funai-food-business.com/seminar/051673/#_ga=2.159005180.777550852.1570749547-779520490.1551824581

 

 

執筆者
マネージング・ディレクター/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール

フードビジネス.com
宅配
2019/10/16
売上が停滞したときに考えるべき事【顧客のペルソナを考える】

皆様、いつも弊社コラムをお読み頂き有難うございます。
船井総研の林田です。

 

顧客のペルソナを正確に捉えることは、どの事業においても非常に重要で、
仕出し・宅配事業でも例外ではありません。

 

宅配事業に新規参入後数年すると、
チラシ、WEBなどの販促の効果や反響が停滞し、
売上の増加も停滞するタイミングがきます。

 

特に地方商圏などの商圏人口数が都心部に比べると少ないエリアでは
その停滞は顕著に表れやすくなることが多いです。

 

そんなときの対策として考えられることは、
「これまでリーチできなかった客層の獲得方法を考える事」です。
それにも大きく2つの対策があります。

① 販促経路を増やす
② 商品を増やす

 

①についてはシンプルで、これまでWEBやチラシだった対策に加え、
看板掲載やポスティングなどのこれまでリーチしていなかった客層に対して
リーチしうる対策を付加していく事です。

 

一方で②で、必要になるのはむやみに商品数を増やす事ではありません。
ここで、必要になるのが「顧客ペルソナを正確に捉えること」です。

 

例えば、3皿一万円のオードブル商品。喫食人数の想定は、7人前後であり、年末年始やお盆の季節に多く出る商品。

 

こういった商品を注文すると想定される顧客ペルソナは、帰省などもあって大人数が集まる家族。帰省≒注文者は60代以上の夫婦で子供夫婦が20代(場合によっては孫もいる)、こういった場合小さな子供が食べられるメニューが多く入った皿も頼まれることがある。といった形です。

 

逆に、このような商品では、少ない人数で集まる世帯や元々帰省などが無い世帯からの購買は見込ません。
そのため、喫食人数3~4人程度のポーションのオードブル新商品やアニバーサリー・記念日セットを作るといった開発施策を考えうることができます。

 

どの商品が売れているか?を把握している企業は多いかと思いますが

どの商品が、どういった顧客に売れているのか?を正確に把握もしくは推察出来ている企業は少ないのではないでしょうか。

 

もう一段階売上を伸ばしたい、売上が停滞しているそんな企業の皆様は自社の顧客ペルソナを考え、

新たな顧客層を獲得する施策を考えてみてはいかがでしょうか。

林田 大碁

 

―――――――――宅配・仕出し業績アップのお知らせ――――――――――

① 業績アップ勉強会【宅配・ケータリング研究会】
日本全国の同業他社が集まり、業績アップに向けた講習、情報交換をする
会員制勉強会を開催中!無料お試しご参加もお待ちしております。
詳細はコチラをクリック

② 宅配新規参入を検討する企業向け【スタートアップガイド】
小~中規模事業者で仕出し、宅配弁当事業に新規参入するポイントを解説!
無料にてダウンロード頂くことが出来ます。
詳細はコチラをクリック

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

執筆者
林田大碁
プロフィール
その他おすすめの記事