経営コンサルタントのお役立ちコラム一覧 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

【繁盛店の対策】アフターコロナはテイクアウト導入から専門店化へ
外食
宅配
2020/7/02
【繁盛店の対策】アフターコロナはテイクアウト導入から専門店化へ

いつもコラムをご愛読頂きありがとうございます。

船井総研の橋田です。

 

本日は

「飲食店向け 高生産性テイクアウト専門店開発セミナー」の

ご案内をさせて頂きます。

 

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063100

 

コロナによって人々の生活様式が大きく変化。

飲食店を経営される皆様の中にも、

今後の事業をどのように時流に合わせていくかご検討されている方も多いのではないでしょうか。

 

そのような中で、

・不振店を業態転換したい

・飲食店で販売していたテイクアウト事業を本格化させたい

・中食事業を本業の次の柱に育てたい

といったお声を多く頂いております。

 

実際緊急宣言解除後、中食売上が落ち着いてからも、

「テイクアウト専門店として事業運営できている」会社様は好調に推移しているところが多いです。

上記の取り組みをされ、成功されている会社様が数多くいらっしゃいます。

本日はその中でも、一部の会社様をご紹介いたします。

 

①焼肉業態の店舗が中食専門店を設立し、中食月商2,000万円へ

焼肉店を運営する企業がデリバリー機能も付加したテイクアウト専門店を設立し、月商1,000万円を達成。さらに、テイクアウト専門店を起点に通販、デリバリーなどのマルチチャネル展開で中食月商2,0000万円へ。

 

②炭火ステーキテイクアウト&デリバリー専門店を開発し、開始わずか2年で年商2億円を4名体制で達成

中食専門店として炭火ステーキテイクアウト&デリバリー専門業態を開発。設立わずか2年で年商2億円を4名体制で達成。人時売上1.7万円以上の高生産性業態を実現。

 

③とんかつ店が専門店を4店舗設立し、年商2億円を達成

とんかつを提供する業態が、フライヤーのテイクアウト・デリバリー専門店を続々設立。CK併設の店舗で平均月商800万円、事業全体の営業利益率23%を達成。

 

本セミナーでは上記企業様などの事例に基づき、

・既存店の撤退、業態転換からテイクアウト専門店設立までのステップ

・テイクアウトに適切な立地別商品開発手法

・オープン直後から認知を獲得するブランディング手法

・初動売上を獲得する集客対策

・テイクアウト専門店の多店舗化システム構築手法

・テイクアウト専門店の生産性向上及びフードテック活用手法

など、惜しみなくお伝えいたします。

 

【日程】

7月9日(木)10:00~11:30,16:00~17:30

7月13日(月)10:00~11:30,16:00~17:30

7月17日(金)10:00~11:30,16:00~17:30

7月20日(月)10:00~11:30,16:00~17:30

上記4日間、午前、午後でお時間をお取りしております。

オンラインでの配信ですので、PCやスマートフォンをご準備頂ければ

場所を問わず視聴いただくことが可能でございます。

 

【参加料金(税抜)】
・一般価格 10,000円 (税込 11,000円)/ 一名様
・会員価格 8,000円 (税込 8,800円)/ 一名様

是非お申し込みください。

(お申込み・詳細はこちらhttps://www.funaisoken.co.jp/seminar/063100  )

いつもコラムをご愛読頂きありがとうございます。
船井総研の橋田です。

本日は
「飲食店向け 高生産性テイクアウト専門店開発セミナー」の
ご案内をさせて頂きます。

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063100

コロナによって人々の生活様式が大きく変化。
飲食店を経営される皆様の中にも、
今後の事業をどのように時流に合わせていくかご検討されている方も多いのではないでしょうか。

そのような中で、
・不振店を業態転換したい
・飲食店で販売していたテイクアウト事業を本格化させたい
・中食事業を本業の次の柱に育てたい
といったお声を多く頂いております。

実際緊急宣言解除後、中食売上が落ち着いてからも、
「テイクアウト専門店として事業運営できている」会社様は好調に推移しているところが多いです。

上記の取り組みをされ、成功されている会社様が数多くいらっしゃいます。
本日はその中でも、一部の会社様をご紹介いたします。

①焼肉業態の店舗が中食専門店を設立し、中食月商2,000万円へ
焼肉店を運営する企業がデリバリー機能も付加したテイクアウト専門店を設立し、月商1,000万円を達成。さらに、テイクアウト専門店を起点に通販、デリバリーなどのマルチチャネル展開で中食月商2,0000万円へ。

②炭火ステーキテイクアウト&デリバリー専門店を開発し、開始わずか2年で年商2億円を4名体制で達成
中食専門店として炭火ステーキテイクアウト&デリバリー専門業態を開発。設立わずか2年で年商2億円を4名体制で達成。人時売上1.7万円以上の高生産性業態を実現。

③とんかつ店が専門店を4店舗設立し、年商2億円を達成
とんかつを提供する業態が、フライヤーのテイクアウト・デリバリー専門店を続々設立。CK併設の店舗で平均月商800万円、事業全体の営業利益率23%を達成。

本セミナーでは上記企業様などの事例に基づき、
・既存店の撤退、業態転換からテイクアウト専門店設立までのステップ
・テイクアウトに適切な立地別商品開発手法
・オープン直後から認知を獲得するブランディング手法
・初動売上を獲得する集客対策
・テイクアウト専門店の多店舗化システム構築手法
・テイクアウト専門店の生産性向上及びフードテック活用手法
など、惜しみなくお伝えいたします。

【日程】
7月13日(月)10:00~11:30,16:00~17:30
7月17日(金)10:00~11:30,16:00~17:30
7月20日(月)10:00~11:30,16:00~17:30
上記3日間、午前、午後でお時間をお取りしております。
オンラインでの配信ですので、PCやスマートフォンをご準備頂ければ
場所を問わず視聴いただくことが可能でございます。

【参加料金(税抜)】
・一般価格 10,000円 (税込 11,000円)/ 一名様
・会員価格 8,000円 (税込 8,800円)/ 一名様

是非お申し込みください。
(お申込み・詳細はこちらhttps://www.funaisoken.co.jp/seminar/063100 )

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール

【菓子店動画】業績が上がる菓子店のオンライン会議~ZOOM機能を活用して業績UP!~
スイーツ
2020/6/29
【菓子店動画】業績が上がる菓子店のオンライン会議~ZOOM機能を活用して業績UP!~

菓子業界の皆さまへお役立ちいただける情報を
コンサルタントが定期的に配信する
「菓子店業績UPショート動画」

 
今回は「【業績が上がる菓子店のオンライン会議~ZOOM機能を活用して業績UP!~」というタイトルで
下記カテゴリサイトコラムページ内で更新いたしました!⇩

 

https://funai-food-business.com/free_video/

 

 
▼▼今後の動画で取り上げてほしいテーマリクエスト大募集!!▼▼
その他ご質問やお悩みは、下記URLの「菓子店お悩み質問箱」よりご連絡ください!
 

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-confectionery-qanda-inquiry.html/

 

菓子業界専門コンサルタントへの無料経営相談はこちら!

TEL:0120-958-270
 

▼関連セミナー▼
【web開催】地域密着型菓子店のコロナ後対応の経営戦略セミナー

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/062091

 

▼関連動画はコチラ(無料ダウンロード!)▼
 
・菓子店の単品強化のポイント
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/mt01-dl.html
 
・菓子店の働き方改革へのステップ
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/mt02-dl.html
 
・洋菓子店業績UPのポイント
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/mt03-dl.html

 

中小食品メーカーはどう活用する?営業効率を上げるマーケティング・オートメーション
食品
2020/6/25
中小食品メーカーはどう活用する?営業効率を上げるマーケティング・オートメーション

■コロナで落ちた売上を取り戻すための新規販路開拓
今回のコロナショックで大打撃を受けたのは外食産業・旅館ホテル業でした。そのため、外食や旅館ホテル向けの業務用卸部門の売上はどの食品メーカー・卸も大きく打撃を受けています。
自粛解除後も中々、飲食店やホテル旅館の売上は戻ってきていません。今後も以前のような売上に戻ることを前提とせず、新規販路の開拓が目下の課題と言えるのではないでしょうか?

 

■コロナ以前からの日本の食品メーカーの構造的課題
コロナ以前から、日本の食品業界の最大の課題は生産性の低さでした。
下記の図にありますように、諸外国と比較して日本の生産性の低さは課題とされてきましたが、国内産業の中でも、食品産業の労働生産性は群を抜いて低いことが分かります。人口が減少し人件費が上がる中、
付加価値を上げるためには生産性を上げる必要があるのです。

コロナを機に訪問せずに営業するリモート営業やオンライン営業が注目を集めていますが、今回ご紹介するのは、中小食品メーカーも導入可能な新規顧客開拓のための営業効率を上げる方法「マーケティングオートメーション」の活用です。

 

マーケティング・オートメーションとは、従来人手で行ってきた潜在客の見込客化(=新規開拓)、引合いの発生から商談化までを自動で行うことができるITツールです。
マーケティング・オートメーションを導入することにより次の効果を得ることができます。

1)自社が配信するメールマガジンを、誰が開封したかがわかる
2)そのメールマガジンを開封した人が、自社のWebサイトのどのページをどれくらい閲覧したかがわかる
3)その結果、自社の顧客が抱えている課題、あるいはニーズが手に取る様にわかる
今までは「仮説」で動いていた営業活動が、これからは実際の「顧客ニーズ」に基づいて訪問先やPR内容を決定することができる様になります。

その結果、営業効率が劇的に向上し、営業訪問の“無駄撃ち”が著しく減少します。まさに営業活動の「働き方改革」を推進するための必須ツールということができるでしょう。

マーケティングオートメーションを導入することにより、マーケティング面での生産性向上やリソース不足解消といった効果が期待できます。

こうしたデジタルツールは導入しているか、していないかで勝負は水面下で決まります。

私たち船井総研では、中小企業でも導入活用が可能であり、成果を上げるためのスペックを兼ね備えたITツールのご提案をしています。
また「IT導入補助金」等を上手く活用することで、自社の持ち出しを抑えて社内のデジタル化を進めることも可能です。

アフターコロナはビフォアコロナに戻らないと良く言われますが、その1つが営業におけるマーケティングオートメーションの活用と言えます。ぜひ皆様の会社でも営業のデジタル化、マーケティングオートメーションの導入を検討ください。
マーケティングオートメーションの導入のポイントもわかる!
PC・スマホがあればどこでも受講可能!

「食品メーカー・卸向け業績が上がるセールステック導入・活用セミナー」
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/062013
開催日:2020年7月2日(14:00~15:30)、7月14日(14:00~15:30)
2020年7月27日(14:00~15:30)、8月5日(14:00~15:30)

執筆者
マネージング・ディレクター/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール

【新規ビジネスモデルショート動画】 クラフトビール事業参入
食品
2020/6/12
【新規ビジネスモデルショート動画】 クラフトビール事業参入

食品業界の皆さまへお役立ちいただける情報を
コンサルタントが定期的に配信する
「食品メーカー業績UPショート動画」

今回は「クラフトビール事業参入」というタイトルで
更新いたしました!

⇩⇩⇩動画の視聴はこちらから⇩⇩⇩

 



▼食品業界専門コンサルタントへの無料経営相談はこちら!

 
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/soudan-foodstuffs-inquiry.html

TEL:0120-958-270

 

■6ヵ月でクラフトビール醸造所の立ち上げ・事業参入コンサルティングレポートはこちら
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/dlgo-dl.html

 

⇩⇩⇩過去の動画一覧はこちらから⇩⇩⇩

https://funai-food-business.com/biz-food/column/

メールでのお問い合わせ:(y-hisashima@funaisoken.co.jp
※件名に「【御社名】食品業界業績アップショート動画を見て」とご記載ください

執筆者
久嶋裕介
プロフィール
その他おすすめの記事