外国人技能実習生受け入れ時の準備とは | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

外食
宅配
給食
人材
2019/9/19

外国人技能実習生受け入れ時の準備とは

株式会社船井総合研究所  

外国人技能実習生受け入れ時の準備とは

いつも本コラムをご愛読いただきありがとうございます。

今回は「外国人技能実習生受け入れ時の準備とは」というテーマについてお伝え致します。

 

これまでのコラムで記載されていますように、人手不足は業種関係なく大きな課題となっています。そのため、人手確保のため

外国人技能実習生の受け入れを検討していらっしゃる経営者様が多くいらっしゃり、

受け入れのご相談が多数ございます。

 

しかし、検討はしている一方で

「文化が違うけど大丈夫なの?」

「言葉の問題は?」

「受け入れるとなると、どんなことをすればいいの?」

という不安から、なかなか受け入れを決断できない経営者様が多数いらっしゃることも事実です。

 

今回のコラムでは、そのような経営者様に向けて外国人技能実習生の受け入れの際に必要な準備として

何をすればいいのか制度上必要なものを除いて具体的にお伝え致します。

 

 

 

◆衝突を避けるための準備

「外国人実習生」「技能実習生」「実習生」とも呼称される技能実習生ですが、

『外国人』『技能実習生』といったフレーズから、

社長をはじめスタッフの方々は身を構えることがほとんどです。

その不安な気持ちが「スタッフ―実習生間の衝突」を生み、

労働環境の悪化へと繋がっていくことになります。

 

それを避けるために外国人技能実習生の受け入れの際にまず行うことは、

経営者含め従業員全員が『受け入れ予定者の出身国の理解』をすることです。

 

自分の想像が及ばない事柄に対して人は皆不安に感じるものです。

逆に言えば、想像、理解が進むと不安は薄れていきます。

 

例えば、海外に行ったことのある方は受け入れ予定の出身国に行った経験がなくとも、不安に感じることはほとんどありません。

その理由は、海外という異文化を体験したことにより、日本との言葉・宗教・慣習・国民性のギャップを知っているからに他なりません。

 

現場の衝突を避けるためにも

①宗教

②挨拶程度の言葉

③国民性

④独自の礼儀・慣習・マナー

 

最低限これらの項目は、スタッフ達に理解していただくことが必要となります。

 

 

 

◆円滑に業務を進めるための準備

円滑に業務を進めるにあたり障壁となるのが、

皆さんが一番懸念されていらっしゃる『言葉の問題』です。

 

実習生の方々は日本語研修として現地で数か月、日本で1か月、日本語の勉強をされています。

しかし実際のところ、完璧に日本語をマスターされてされることはほとんどなく、

ひらがな・カタカナが読める、挨拶ができるぐらいのレベル感がほとんどです。

 

そのため、円滑に業務を進めるためには『日本語を排した環境の構築』が必要となります。

 

具体的には

・教育方法を紙媒体マニュアルから動画マニュアルへ変更

・動画マニュアルをどこでも見れるよう環境整備

・定物定置の実施、配置マップを作成し色・記号で住所決め

 

まずはこの3点の準備から始め、極力日本語を使わない環境を整備してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

最後に定性的な話となりますが、

これまで多くの受け入れ現場を見てきましたが

最初こそ戸惑いや不満があるものの、数か月後にはスムーズに業務が行われるパターンがほとんどでした。

また、実習生を受け入れたことによって現場の雰囲気が明るくなった、というのもよくお聞きする話です。

 

 

外国技能実習生の受け入れを考えられており、もしご不安ならお気軽にご連絡ください。

採用 の他記事
採用 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事