地域の菓子が海外で売れる!地方の会社にも必要な海外戦略 | 菓子店・菓子メーカーの経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼
コンサルタントコラム

スイーツ
2019/7/08

地域の菓子が海外で売れる!地方の会社にも必要な海外戦略

株式会社船井総合研究所  川村 諒志

地域の菓子が海外で売れる!地方の会社にも必要な海外戦略

食品輸出は日本の食品マーケットに残された数少ない成長市場

 

昨年の2018年度の農林水産物・食品の輸出額は9,068億円、

前年比12.4%で増加し、6年連続の数少ない食品の成長チャネルです。

また、その中でも菓子は長距離輸送・長時間保存が可能な上、日本の菓子の品質の良さ、食べやすさを意識された包装、パッケージなどが海外でも認められ、加工食品輸出額の全体の1割を占める203億円、前年比11.8%で増加している市場です。

 

 

地方の食品・菓子でも海外売上で1億円超の事例が増加!

 

そんな中で、この時流に対してしっかりと取り組みをしている企業の中でも近年さらに成果が出てきている企業様が増加してきています。

 

・愛媛県にあるお茶屋が海外通販で売上2億円

・千葉県にある菓子メーカーが年商10%超を海外売上に

・大阪府にある花屋が食品の海外通販を始めて売上1億円

・北海道にある菓子メーカーはインバウンド客で10億円以上

・大分県にある菓子店は店舗売上の半分が海外客

等々

 

日本における海外からの食の高い評価も影響し、食品の海外売上でも多くの成功事例が出てきています。

 

 

2019年8月スィーツビジネス研究会にて

地域の菓子が海外でも売れる海外戦略について

先駆的な取り組みをしている事例企業様による講演が決定!

 

2012年から本格的に海外売上獲得に着手されている千葉県で高級チョコレート菓子を製造する株式会社グランプラス様にご登壇頂きます。多くの海外展示会での経験により、タイ(バンコク)の高級ショッピングモールで催事が決定するなど複数国での取引を行っています。

また、本案件の海外販路開拓のサポートを行っている株式会社JTBからも当日展示会や海外通販などの案内を頂けます。

上記の講演会へのお申込み、ならびにスィーツビジネス研究会の概要は下記になります。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

海外販路を開拓するチョコレート菓子の製造メーカー

「株式会社グランプラス」代表:野村氏による

【地域の菓子が海外でも売れるための海外戦略とは】

 

海外への販路開拓の支援をする

「株式会社JTB」による

【海外展示会と海外通販へのご案内】

 

〇スイーツビジネス研究会

日時:8月23日(金)8:30~12:00

場所:品川プリンスホテル メインタワー19F  ゴールド

https://funai-food-business.com/biz-confectionery/study/

 

初めてご参加の方は1名様無料でのご招待となります。

(お席に限りがありますので、先着順・お断りすることがございますので、予めご了承ください)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

担当者
川村 諒志

愛知県出身。大学卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。
入社後は、食品業界のコンサルティングを行い、中でもWEBプロモーション戦略に強みを持ち、
日々業績向上に努める。現在は食の観光マーケットにおける新規業態の開発や商品開発のサ
ポートを行っている。その中で、全国各地の観光地の現場に調査に赴く回数は全社でも随一で、
最新の観光マーケット動向や事例の収集に努めている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
食品メーカー・卸 の他記事
食品メーカー・卸 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。