まだ間に合う!消費税増税までに食品メーカーが仕掛けるべき事とは? | 飲食店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
  • コンサルティングメニュー
  • セミナー
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • 無料経営相談
  • コンサルタント紹介
  • 講演・協業依頼
コンサルタントコラム

2019/4/18

まだ間に合う!消費税増税までに食品メーカーが仕掛けるべき事とは?

株式会社船井総合研究所  久嶋裕介

まだ間に合う!消費税増税までに食品メーカーが仕掛けるべき事とは?

2019年10月消費税10%への増税が迫っています。

 

増税後に需要が落ち込むことを考えると

今期9月までになんとか売上を作ってしまいたい、

そう思う食品メーカー様が多いのではないでしょうか。

 

特に、軽減税率の範囲内でない

酒類や飲食をされている場合は

今から仕掛けを考える必要があります。

しかし安心してください。まだ間に合います。

 

■9月までにやるべき仕掛けとは!?■

ずばり工場や蔵、事務所の傍らにある

直売店での催事イベントです!

 

どのくらいの売上効果があるかというと・・・

 

2日間で5,500人を集める工場祭で売上550万

 

基本的に1組(2.5人)あたり

2,000~2,500円がKPIになります。

 

また、直売店での催事イベントは

企画・販促を徹底することで

どんなにヒトがいない!

狭い!認知度が低い!という

地方の食品メーカーでも

2日間で1,000~10,000人を

集めることができない企業はありません!

 

これまで工場祭や蔵祭りといったイベントを

開催されたことがないという企業様、

また、イベントは開催しているが

集客や売上アップに苦戦しているという

企業様にはこの機会に計画段階から

見直しをご検討ください。

 

■催事イベントをおすすめする7つの理由とは!■

①増税前の売上アップ

②顧客名簿の獲得

③地元客との顧客関係の構築

④イベント後の直売店集客アップ

⑤ヒト・モノ・カネがなくてもできる

⑥社員スタッフの意識向上

⑦社内スタッフの一体化

 

蔵祭り・工場祭とは単なる安売りセールや

直売イベントではありません。

 

蔵・工場の敷地内で「体験」

「ふれあい」を提供することで

「信頼」「認知度」を獲得し、

お客様との永い関係性を築くことのできる

戦略的な企画であると言えます。

 

増税というとネガティブな印象がありますが

企業本来の活動を見直す良いきっかけと

考えることもできるでしょう。

 

ぜひこの増税前の秋にチャレンジください。

 

成功企業の催事イベントや、やり方、

イベントコンテンツ等のノウハウ獲得に

以下のセミナーもご活用ください。

 

 

担当者
久嶋裕介

金沢大学経済学類在学中に酒蔵、米農家と連携し日本酒を創るプロジェクトに参画。
株式会社船井総合研究所に新卒で入社後は、食分野だけでなく、介護・福祉業界にて新規事業立上げのコンサルティングを行う。
現在は、酒造を始めとする食品メーカーでの売上・利益率アップのためwebマーケティングの視点からサポートをし、集客の最大化において多数の実績を上げている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
計画・目標 の他記事
計画・目標 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。