リブランディング、デザイン変更って必要なの? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
食品
2018/10/26

リブランディング、デザイン変更って必要なの?

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/チーフ経営コンサルタント 中野 一平

皆様、こんにちは。船井総合研究所の中野一平です。

 

変化の激しい今日では、現状維持の延長線上に明るい未来を見出すことは困難です。

 

今、成功している企業の多くは、たとえ伝統企業であっても時流にあわせて

新しいことへチャレンジし続けています。

 

新業態を付加する、新販路を開拓する、新商品を開発する等、

チャレンジは企業によって様々ですが、多くはリブランディングや

デザイン変更を行います。

 

その際、特にデザイン変更については以下のような意見のぶつかり合いが

発生することも少なくありません。

 

「創業当時からのデザインが気にいっている。」

「デザインを変えて売上が上がるとも思えない。」

「うちのは味がよい。見た目は関係ない。」

 

中小企業では社長とその息子である専務とこういったぶつかり合いは

“あるある”ではないでしょうか。

 

変えることが良いか悪いかの議論の前に「人に置き換えて考えてみる」と

分かりやすいです。

 

①デザイン=見た目、外見

第一印象はなんだかんだで見た目、外見です。人であればラフな格好をしているかフォーマルな格好をしているか、着ている服のデザインが古いか新しいか。これが商品ではどうでしょう。売りたい場所や相手、シチュエーションに即した見た目になっているでしょうか。ミスマッチを起こしていないでしょうか。「古臭く見える」ということになっていないでしょうか。

 

②味=性格

内面を知ることになるのは外見の次です。性格(味)さえよければ選ばれる(購入される)ということは人ではまずないでしょう。もちろん、長くつきあってもらう(リピートしてもらう)には性格(味)がよいことは大前提です。

 

③ブランド=信用、信頼

「あいつなら間違いない」と思われるのはその人の積み重ねた信用、信頼です。「あの会社、あのロゴの入った商品は間違いない」というブランドにするためには見た目、味、売り場や接客サービス等すべてで信用、信頼を得る必要があります。また一度貼られたレッテルや「ここのは安売り商品」等の認知から脱却したい場合はブランド、デザイン変更が対策となります。

 

これらの考えに基づけば、目指すべき場所へ進むためにリブランディングや

デザイン変更が必要かどうか、答えは出てくると思います。

 

リブランディングにより復活した老舗企業の経営者から直接お話を伺う機会を

11月は2回ご用意しました。

 

とにかく現状から脱したいという食品メーカー経営者様にはヒント満載です。

ぜひお越しください。

 

11月5日 東京にて開催!

「加賀棒茶」の誕生秘話!

直販転換で成功した商品開発と店舗戦略とは!

食品メーカーが直販シフトで高収益を生み出すセミナー

http://sem.funai-food-business.com/seminar/034792/

 

11月22日 東京にて開催!

消えゆく地方の伝統食品メーカーがV字回復した方法

老舗企業活性化セミナー

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037583/

 

 

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平

これまで500 以上の様々な食品や蔵の直販・通販事例に携わり、四季を通じたイベント、固定客化、名簿収集活動、蔵祭りなどで実績を上げている。蔵祭り・工場祭などの実績は船井総研でもトップクラス。
あらゆる規模の仕掛けを成功させている。
自身も販売士2 級の資格を有する。
 
「前向きに実行すれば必ず結果はついてきます」

このコンサルタントに相談する
記事を見る
の他記事
のテキスト無料ダウンロード
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート