生産性を向上させる鶏業態「鶏焼肉酒場」 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

外食
2018/12/19

高収益な鶏焼き酒場ビジネスモデルのご紹介

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー/シニア経営コンサルタント 石本 泰崇

高収益な鶏焼き酒場ビジネスモデルのご紹介

皆さま、こんにちは。

6月に入り梅雨の時期となりました。

集客が天気によって左右されやすい時期だからこそ

売上予測とシフトコントロールが大切になってきますね。

夏の繁忙期対策と共に実行していただければと思います。

 

現在、居酒屋業界において「鶏肉」を主力としたビジネスモデルを

展開されている方は多いかと思います。

 

特に焼鳥業態は馴染みもあり、業態の敷居も低いため集客しやすい

特長があると思います。

しかし、焼鳥業態には店内での串打ちという仕込みの苦労が存在します。

 

この仕込の苦労から解放される非常に収益性の高い鶏業態が存在します。

 

詳細やその他お問合せ・ご相談につきましては、

下記リンク先をご覧くださいませ。

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-inshoku/inquiry.html

 

 

担当者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇

十数年間飲食業の現場でキャリアを積んだ後、船井総合研究所に入社。
上場外食企業のスーパーバイザー、最年少での営業部長就任、130名以上のメンバーのマネジメント実績を活かし、人事評価制度、人材採用、人材開発・育成(教育)プランの提案を得意とする。
現場と経営者の双方の意見を融合させての改善提案や業績向上プラン、即時経費削減プランを具現する。
最近では特に人事評価制度導入により、人を育てて、業績アップを実現させるスキームの導入から運用までの依頼が多い。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
居酒屋 の他記事
居酒屋 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート