【創業初期・小規模給食会社様向け】日配弁当の原価設定について | 給食業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼
コンサルタントコラム

給食
2018/6/11

【創業初期・小規模給食会社様向け】日配弁当の原価設定について

株式会社船井総合研究所  橋田 佳奈

【創業初期・小規模給食会社様向け】日配弁当の原価設定について

基盤事業とされている会社様が多い日配弁当。
今回のコラムは日配弁当の原価について不安のある会社様へお伝えしたいことです。
 
現在、日配弁当の販売価格はおおよそ330~400円です。
そのうち原価は35~40%ほど。
 
全国の給食会社様がこの価格、原価での日配弁当の提供を可能にしているのは、価格に対する原価設定をし、その原価にあう献立作成をされていらっしゃるからです。
 
ただ、毎日の日配弁当の原価が正確にわからない、という会社様もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
今回はどのように原価を把握していくのか、という点をお伝えいたします。
 
安定した原価での弁当製造を行うためにまずすべきことは、
献立会議をしっかりと行うことです。
 
献立会議とは弁当事業に関係する人が集まり、事前に1か月分の献立をたてることです。
 
献立会議をおこなうために必要な準備としては
①材料の原価を把握すること
②レシピごとの使用材料量を把握すること
があげられます。
 
この2点はとても地道な作業になりますが、原価を把握する上で必要不可欠です。
 
また、献立作成を担当者に一任するのではなく、弁当事業に関係する方に協力していただくことも必要です。
例えば献立に対する製造工数を把握している方に確認いただくこと。
これは日々の製造に無理がないかを確認し、工数を均等にすることができるからです。
栄養士、仕入れ担当、製造担当、盛り付け担当、、、それぞれの視点を加えて適切な献立を作成することが大切です。
 
弁当の原価設定をまだされていらっしゃらない会社様は是非献立会議の実施をご検討されることをお勧めいたします。

担当者
橋田 佳奈

大学卒業後、船井総合研究所に新卒で入社。入社後は経営改革事業部にて中堅大手の新規事業企画プロジェクトにアサインし、主にリサーチ業務を担当。リサーチにおける経験や実績を積み、事業別でも幅広い視点持つことでフレーム作りから実弾レベルの販促ノウハウにまで落とし込むことを得意としている。給食業界では自らの足で現場を見ることで答えを導き出すことを信念に、クライアントの業績アップに貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事