餃子専門店ビジネスモデル3選! | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
餃子専門店ビジネスモデル3選!

テイクアウト/ランチ/ディナーの3毛作で
売上を獲得する餃子専門店

特長1
ビジネスモデル①店内飲食とテイクアウトの両軸で売上を獲得する餃子専門店

郊外ロードサイドで、ファストフードのお値段で専門店のクオリティを提供する専門店型ファストフードの思想のもと、餃子の機械製造工程や調理ラインを、実演スペースで見せるような業態です。さらにテイクアウトの売り場をしっかりとつくることで、お持ち帰り需要も積極的に活用していきます。

店内飲食あり

実演スペース

弁当販売あり

特長2
ビジネスモデル②生餃子のテイクアウト専門店

店内で毎日手包みする付加価値と、生餃子40個1000円のコストパフォーマンスを武器に、郊外ロードサイドやベッドタウンで集客していく生餃子のテイクアウト専門店です。

生餃子専門店はまたろう餃子 気兼ねなく毎日餃子を食べたいから、選べる3つの味!

通販でも拡散 赤餃子白餃子 ご贈答用化粧箱入り

実演スペース

特長3
ビジネスモデル③餃子酒場

駅前繁華街にて、バイトでも調理できるオペレーションながら、本格的な中華料理をサイドメニューで提供することで差別化する餃子酒場です。ネオ大衆酒場と言われるような、若者や女性客も入りやすい客層の広い酒場業態です。

女性・若者も入りやすく

サイドは中華カテゴリが◎

お持ち帰り販売戦略

全国で成功事例多数あり!餃子を主力にした業態は
立地別に複数フォーマットが展開できます。

withコロナ時代に入り、何を冠として掲げるか?という、いわゆる「専門性」がより一層大事になりました。そうした中で、元々馴染みがあり、お子様・若者・ご年配層まで客層も広い「餃子」という商材は、集客力のあるカテゴリとして非常に優秀です。

さらに、自社で機械製造をすることによって、集客商品でありつつ、同時に粗利商品として販売することが可能です。この高粗利の分を一部お客様に還元することで高いコストパフォーマンスを生むこともでき、さらに集客力を高めていくことも可能です。

また餃子の製造は、レシピを固めればアルバイトスタッフでも味ブレ少なく製造することが可能です。
集客力のある餃子という商材は、高粗利率、かつ製造品質のブレも少ない、数少ないカテゴリです。

無料
レポートダウンロード
はこちら

業界時流予測・急成長ビジネスモデル提言・最新成功マーケティングレポートなど
株式会社船井総合研究所が発行する報告書やセミナー内容の一部をダウンロードしていただけます。

無料ダウンロード

一般的な飲食店フランチャイズとの違い

飲食店専門のコンサルだからこそ、店舗立ち上げ~磨き込みまでワンストップでサポートできます!

  • 商圏分析→物件診断→投資回収シミュレーション→店頭店内提案→商品開発会議→メニュー・販促提案→立ち上げ後の継続的な磨き込み に至るまで、飲食店の立ち上げや既存店活性化を数多く、そして一気通貫でサポートしてきた船井総研だからこそフルサポートする体制が整っています。

立地・会社の強み別に最適な業態を、自社ブランドとして立ち上げられます!

  • 商品開発・接客・オペレーション・仕入れ・物件取得、、、皆様の会社の強みを丁寧に分析します。さらに、商圏分析も絡めながら、最適な餃子専門店業態をご提案します。FCではなく自社業態となりますので、自由度が高く、皆様の商圏特性や想いも反映しやすいです。

【最短4ヶ月】事業再構築にも最適な新たな収益柱となる「餃子専門店」を最短でOPENするサポート体制