2018年4月度 スィーツビジネス研究会 | 菓子店・菓子メーカーの経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼
コンサルタントコラム
スイーツ
2018/5/15

2018年4月度 スィーツビジネス研究会

2018年4月度 スィーツビジネス研究会

【第一講座】
菓子・パン店ができる店舗運営のスーパーバイザー制度の作り方・活かし方
株式会社船井総合研究所 フード支援部 組織活性チーム チームリーダー 原康雄


2018年4月例会の第一講座では、組織活性チーム・人材マネジメントコンサルタントの原より、店舗運営のスーパーバイザー(SV)制度の作り方・活かし方というテーマで講演をさせていただきました。
店舗運営においては、展開している店舗数により重点を置くポイントが異なります。
そしてお客様の離脱要因はサービスの下限品質が低いこと。
それはSVが正しく機能することで改善に繋がります。SV制度を機能させる4つのポイントを以下にまとめます。
1. SVの仕事の明確化・具体化
2. SVの業務スケジュールを標準化
3. SVの業績UPノウハウを共有化する
4. SVの評価基準を明確化する
これをお読みの皆様の中にも、既に複数店舗の運営を行っている、あるいはこれから事業拡大に向けて店舗展開を考えている企業様がいらっしゃるかと思いますが、ぜひご参考になさってください。
また船井総研では、SV制度の構築・運用に関するサポートもさせていただいております。
お気軽にご相談ください

【第二(ゲスト)講座】
老舗菓子店が実践するSNS時代の人財活性とブランディング
株式会社船橋屋 代表取締役 渡辺雅司 様
執行役員 佐藤恭子 様


今回のゲストは、創業210年以上の老舗、くず餅で有名な船橋屋様にお越しいただきました。代表取締役の渡辺様からは、船橋屋様のビジョンと人財開発について、また執行役員の佐藤様からは社内コミュニケーションの実際とSNS戦略について、ご講演をいただきました。
企業ブランドは社員から生まれるということで、船橋屋様では人財活性に非常に力を入れておられます。渡辺様は、「この会社は何の為に、誰の為に、何故、存在するのか」、「お客様はなぜ、今、当社から、この商品を、買わなくてはならないのか」という2点について、明確に答えられる「語り部(同志)」を社内にたくさん作ることが必要だとおっしゃいます。
また、内定者時代から横と縦の繋がりを作れるような取組みを行うなど、様々な研修・プロジェクトの取組みもご紹介いただきました。社内活性化のプロジェクトを行っていく中で、2017年度は156件の取材を受けられていたり、新卒採用のエントリーが16,700人も集まったりと、多くの人が船橋屋様に注目しています。
SNS戦略では、Facebook, LINE@, Twitter, Instagramという4台SNSの性質を知り、使い分けることが大切とのことです。
また、船橋屋様の特徴的な取組みとしてTwitterドラマがあります。元々フォロワーの多い有名人や芸能人などに出演してもらい、彼らが拡散をしてくれることも含めて、Twitterを使っている若年層にアピールすることが狙いです。
最後に、長く続く企業を高速で回るコマに例えられて、企業がずっとある様は一見止まっているように見えながら、色々な取組みを行いながら進化を重ねているのだという非常に含蓄に富んだお言葉で締めくくられました。もっともっと多くの方々にお聞きいただきたかった、非常に勉強になるご講演でした。

【第三講座】
株式会社船井総合研究所
フード支援部 スイーツチーム 吉田雄飛


第三講座では、どのくらい会員の皆様が広報活動を行っているか調査をさせていただいた結果をもとに、今後の業績アップのために、「情報発信の担当者を決め、WEB広報やPR活動を継続して行っていただく」ことを提言させていただきました。
その中で、メディアへのアクション方法や拡散の必勝法についてご紹介させていただきました。
船井総研では、上記施策を皆様の会社で継続的に実施していただけるように、WEB広報実行・担当者育成支援パックとしてサポートをさせていただいております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

【情報交換会】


2つのグループに分かれて、自社で取り組んでいる事柄の情報交換をしていただきました。前回、2月例会の内容が取組みやすかったこともあってか、グーグルマイビジネスやSNS等に取り組み始めた、という会社様が多かったのが印象的です。他にも多くの事例を共有することができ、自社に取り入れたいと思える内容が多くあったかと思います。
ぜひ、本日の事例をもとに情報交換で学んだ内容を実施していただければと思います。
【 お問い合わせ 】
"お電話"でのお問い合わせ

平日9時00~18時00分(土日祝は定休)

"メール"でのお問い合わせ