2017年10月度 食品ビジネス経営研究会 | 食品メーカー・販売店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼
コンサルタントコラム
食品
2017/10/12

2017年10月度 食品ビジネス経営研究会

2017年10月度 食品ビジネス経営研究会

第一講座
地方・地域の独自性をデザインで表現し、価値を高め発信するブランド戦略
株式会社ファームステッド 長岡淳一様


情報交換会の写真1

第一講座では、「地方・地域の独自性をデザインで表現し、価値を高め発信するブランド戦略」といたしまして、北海道十勝地方の帯広市を拠点として活動されておられます株式会社ファームステッド 長岡淳一氏よりセミナー形式でお送りいたしました。
 
 地方にこそデザインを!
 第一産業にデザインを!
 CI戦略について
 デザインとブランディング

についてお話していただきました。
 
長岡氏は現在主に一次産業の生産物のデザインの仕事を行っている。デザインの依頼を受けた場合は必ず現地に赴く。土地の空気を伝えるという事が大事であると考えているからだ。
生産者は自分達の作っているものの価値というものを把握できていない。
地方にデザインが必要な理由。不透明な農業状況の中で、製品やサービスの差別化がしづらく価格競争に巻き込まれる。その中で自社が優れている点をしっかりと理解して会社の特性・独自性を統一されたイメージやデザイン、つまりCI戦略を考えなくてはならない。その際に必要なのはデザインである。
 
CI戦略(corpolate Identity)とはわかりやすいメッセージでその企業のことを認知できるものである。
初めにスタートさせたのはコカコーラである。その企業がCIの価値の順位で現在三位になっている。
 
長岡氏は関ヶ原の戦いの絵を見て旗印の重要性に気付いた
「旗印」で大事なのは、じぶんは誰なのか、何のためにやっているのか、何のために、どこへ、どうやっていくのか、何のためにここにいるのか?ということを考えていかなくてはならないという事を体現するものであると気づいたからである。
 
デザインやブランディングは現状の問題を解決する手段である.
そして、人間のモチベーションを高めることができる。
 
講演後に弊社、上席コンサルタント花岡よりまとめとして話をしました。花岡が一番響いた言葉として
“自分たちが一番重要だと考えているのは商品のデザインをマンネリ化させること。つまり消費者に「あーこれどっかで見たよね」と言ってもらうことが重要である”という言葉がありました。
どのようにして自社を示すデザインを普及させていくのかという事が非常に重要だという事でした。

第二講座
食品分科会









創業明治四年。
伝統を守りながら現代のライフスタイルに合わせて”昆布ライフ”を提案し続ける、
奥井海生堂


株式会社奥井海生堂
代表取締役社長 奥井 隆様

 
第二講座では、世界一の昆布を販売するブランディング戦略をテーマとして、福井県で昆布商を営まれている奥井海生堂代表取締役社長の奥井隆様にご講演頂きました。

奥井海生堂は、ただ昆布を販売するのではなく、昆布を使った出汁と和食文化を日本の料理人と組んで海外に発信する事や世界のトップシェフに昆布を作っていただく事、ハーバード大学と組んで昆布の旨みを科学的に立証する事で世界一の昆布を取り扱うという認知を受けるようになりました。

その他にも、コペンハーゲンの人気レストランでは昆布と外国料理のコラボや世界のショコラティエとのコラボを行なうなど革新的な取り組みにも積極的にチャレンジしております。また、昆布だけでなく出汁ということに着目し、出汁に適した浄化水の開発にも取り組んでおります。

昆布の種類も幅広く取り扱っており、フランスワインを例えに昆布の地域性と格付けに関するお話をしていただきました。地域性と歴史と格付けを行っているフランスの農業では、ワインを作る葡萄20房で100万を生み出しております。

そのような背景から世界に食を発信する時に大切な事は、歴史・伝統・文化を物語として発信することで、舌を満足させるのではなく「いかに頭を満足させる食を生み出すか?」という情報発信の重要性を感じる内容でした。


ご講演後に弊社コンサルタントの中野によりまとめの話がありました。
お客様からの声の発信が重要で、マーケティングの視点以外にも歴史や伝統・文化を深掘りし、まとめることが重要であると再認識出来たのでは無いでしょうか?
どのようにして自社を示すデザインを普及させていくのかという事が非常に重要だという事でした。


【情報交換会】

船井総研からの事例発表後、各テーブルに分かれ、事例の中で、お中元の成功事例の共有とお歳暮までに何を実行するか?を会員企業1社1社が発表していき、びっくり事例も出てくる情報交換会となりました。 
次回の情報交換会も、全国各社の取り組みを共有し、「全会員様の飛躍」に向けて事例共有致します。是非、お越しください。
2017年10月度 食品ビジネス経営研究会

【最後に】

次回例会は、2017年12月5日(火)に
船井総研 東京本社にて、研究会総会を行います。

皆様のご参加を、一同心よりお待ち申し上げます。
【 お問い合わせ 】
"お電話"でのお問い合わせ

平日9:45~17:30(土日祝は定休)

"メール"でのお問い合わせ