経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
マーケティングコンサルタント
高橋 空

船井総研入社後は物流業界、環境業界、人材ビジネス業界など、数多くのBtoB、BtoCマーケットにおける「人と組織」のコンサルティングに従事。現在は、外食ビジネスに専門特化し、日々全国のクライアントへのコンサルティングを行っている。現在は大手からの「組織活性化」案件も多く担当しており、未来を見据えた中小企業が進むべき組織構築に定評がある。また、WEB活用による「ブランディング」において社内外から評価を受けており、時流の最先端をいったノウハウの研究に勤しんでいる。 

飲食店が店舗展開するために必要なセントラルキッチンの考え方
外食
2018/2/26
飲食店が店舗展開するために必要なセントラルキッチンの考え方
  • コスト削減
  • 出店・リニューアル
  • 利益・収益UP

当コラムをご愛読頂きありがとうございます。
飲食店の業務改善コンサルティングを行っている高橋です。
 
店舗展開を行っていくにあたって、3Sの視点が重要といわれています。
 
3Sとは、チェーン・オペレーションをシステム化する際に必要な
一、標準化(Standardization)、
二、単純化(Simplification)
三、専門化(Specialization)
の3つの要素の頭文字をとったものです。
 
今回は食材に関する3Sを促進する、セントラルキッチンの考え方について記載させていただきます。
 
セントラルキッチンとは、各店舗で行う調理をまとめて一拠点で行い、各店舗へ供給を行う「食材の供給拠点」のことを指します。
 
セントラルキッチンの設立のステップとしては大きく3つのステップがあります。

執筆者
マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
飲食店の食材原価をコントロールする方法②
外食
2017/12/14
飲食店の食材原価をコントロールする方法②
  • カフェ
  • コスト削減
  • 中華・ラーメン
  • 利益・収益UP
  • 宅配・デリバリー
  • 寿司・海鮮
  • 居酒屋
  • 焼肉
  • 給食
  • 菓子・パン
  • 農業
  • 食品メーカー・卸
  • 食品小売り

当コラムをご愛読頂きありがとうございます。
飲食店の生産性向上コンサルティングを行っている高橋です。
 
前回は飲食店の食材原価を管理するための11の技術
http://funai-food-business.com/column/3157/?type=biz-eat_out
についてご紹介をさせて頂きましたが、今回は食材原価を管理するために、
意識すべき数値指標についてお話をさせて頂きます。
 
飲食店の原価管理における問題抽出のための基本公式は
「①実際原価」-「②理論原価」=「③食材ロス」
であり、原価管理をするためには、これらの数値を定期的に算出し、
問題点の発見・改善を行っていく必要があります。

執筆者
マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
飲食店の食材原価をコントロールする方法
外食
2017/10/05
飲食店の食材原価をコントロールする方法
  • コスト削減
  • 利益・収益UP

当コラムをご愛読頂きありがとうございます。
飲食店の生産性向上コンサルティングを行っている高橋です。

今回は、飲食店におけるコストコントロール技術の中でも、食材原価管理についての基本をお伝え致します。

執筆者
マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
※今店舗で何が起こっているのかを正しく把握できていますか?※10店舗以上になったらはじめる飲食企業のスーパーバイザー制度の作り方
外食
2017/8/15
※今店舗で何が起こっているのかを正しく把握できていますか?※10店舗以上になったらはじめる飲食企業のスーパーバイザー制度の作り方
  • 人材教育・評価制度
船井総研の、組織活性化コンサルタントの高橋でございます。
今回は今の時代に適した、飲食店の多店舗展開に必要な重要エッセンスについてお話させて頂きます。
執筆者
マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール