経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
高橋 空

船井総研入社後は物流業界、環境業界、人材ビジネス業界など、数多くのBtoB、BtoCマーケットにおける「人と組織」のコンサルティングに従事。現在は、外食ビジネスに専門特化し、日々全国のクライアントへのコンサルティングを行っている。現在は大手からの「組織活性化」案件も多く担当しており、未来を見据えた中小企業が進むべき組織構築に定評がある。また、WEB活用による「ブランディング」において社内外から評価を受けており、時流の最先端をいったノウハウの研究に勤しんでいる。

【先着50名限定】飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナーのご案内
外食
2018/9/12
【先着50名限定】飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナーのご案内

 

当コラムをお読み頂き誠にありがとうございます。

船井総研フード支援部の高橋でございます。

 

本日は、

地方のたった1店舗の飲食店がAI・ビックデータ活用で『売上5倍』

『利益率10倍』『年間社員休日120日』を達成した三重県伊勢市で食堂を運営されている、

有限会社ゑびや様の現場を直接確認することができる視察セミナーのご案内です。

 

レジもなく、ソロバンを弾いていたものすごく時代遅れのお店が、ビックデータ・AIを

活用した「勘」ではなく「データ」重視の経営にシフトし、生産性向上を実現しました。

 

簡単に有限会社ゑびや様の事例をご紹介させて頂きますと・・・

  • 的中率90%!来客予測システムの導入により、ロス削減・自動発注の実現
  • スマートデバイスの積極的活用で生産性3倍、完全週休2日を実現
  • 画像解析AIで来店客に対する店頭訴求の最適化で来店率アップ
  • データの自動収集により、エクセル編集作業が15時間/月から1時間/月へ
  • BIツールを活用したデータ分析で、感覚経営からデータドリブン経営へ

 

今までの飲食店経営とは全く違った視点での経営改革に取り組まれており、

有限会社ゑびや様の事例は、これからの飲食店経営において必要になる要素が

たくさん含まれております。

 

この度は、このAI・ビックデータを活用した飲食店の事例を実際に現場で視察し、

有限会社ゑびや様の小田島社長に実際のリアルな成功ノウハウをお話しいただきます。

 

有限会社ゑびや様を視察できるセミナーのお申込み、詳細はこちらから

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

☆こんな経営者様におすすめ

・飲食店経営におけるAI・ビックデータの活用方法を知りたい

・勘頼み、経験重視の経営からデータ重視の経営へシフトしたい

・従業員の労働環境を今よりもっと良くしたい

・人手、労働時間を増やさない売上アップ手法を知りたい

・今後の外食業界で攻めていくべき戦略を知りたい

 

 

視察先受入定員の関係で先着50名様となりますので、是非早めにお申し込みください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

地方田舎町のたった1店舗の飲食店がAI・ビッグデータ活用で

『売上5倍』『利益率10倍』『年間社員休日120日』を達成!

【先着50名限定】飲食店のAI・ビックデータ活用最新事例視察セミナー

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

【開催日程・会場】

2018年11月28日(水)10:00~14:00 (受付開始 09:50~)【先着50名様満員御礼!】

2018年12月20日(木)【現在調整中:続報をお待ちくださいませ。】

 

ゑびや大食堂

三重県伊勢市宇治今在家町13

 

・伊勢神宮 宇治橋前広場より約1分

・近畿日本鉄道 鳥羽線 五十鈴川駅より徒歩約30分

・近畿日本鉄道 山田線、鳥羽線 宇治山田駅より車約15分

・JR東海 参宮線 近畿日本鉄道 山田線 伊勢市駅より車約15分

・三重交通バス 内宮前停留所より徒歩約2分

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

執筆者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
飲食店が店舗展開するために必要なセントラルキッチンの考え方
外食
2018/2/26
飲食店が店舗展開するために必要なセントラルキッチンの考え方

当コラムをご愛読頂きありがとうございます。
飲食店の業務改善コンサルティングを行っている高橋です。
 
店舗展開を行っていくにあたって、3Sの視点が重要といわれています。
 
3Sとは、チェーン・オペレーションをシステム化する際に必要な
一、標準化(Standardization)、
二、単純化(Simplification)
三、専門化(Specialization)
の3つの要素の頭文字をとったものです。
 
今回は食材に関する3Sを促進する、セントラルキッチンの考え方について記載させていただきます。
 
セントラルキッチンとは、各店舗で行う調理をまとめて一拠点で行い、各店舗へ供給を行う「食材の供給拠点」のことを指します。
 
セントラルキッチンの設立のステップとしては大きく3つのステップがあります。

執筆者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
飲食店の食材原価をコントロールする方法②
外食
2017/12/14
飲食店の食材原価をコントロールする方法②

当コラムをご愛読頂きありがとうございます。
飲食店の生産性向上コンサルティングを行っている高橋です。
 
前回は飲食店の食材原価を管理するための11の技術
http://funai-food-business.com/column/3157/?type=biz-eat_out
についてご紹介をさせて頂きましたが、今回は食材原価を管理するために、
意識すべき数値指標についてお話をさせて頂きます。
 
飲食店の原価管理における問題抽出のための基本公式は
「①実際原価」-「②理論原価」=「③食材ロス」
であり、原価管理をするためには、これらの数値を定期的に算出し、
問題点の発見・改善を行っていく必要があります。

執筆者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
飲食店の食材原価をコントロールする方法
外食
2017/10/05
飲食店の食材原価をコントロールする方法

当コラムをご愛読頂きありがとうございます。
飲食店の生産性向上コンサルティングを行っている高橋です。

今回は、飲食店におけるコストコントロール技術の中でも、食材原価管理についての基本をお伝え致します。

執筆者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール