経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
マーケティングコンサルタント
高橋 空

船井総研入社後は物流業界、環境業界、人材ビジネス業界など、数多くのBtoB、BtoCマーケットにおける「人と組織」のコンサルティングに従事。現在は、外食ビジネスに専門特化し、日々全国のクライアントへのコンサルティングを行っている。現在は大手からの「組織活性化」案件も多く担当しており、未来を見据えた中小企業が進むべき組織構築に定評がある。また、WEB活用による「ブランディング」において社内外から評価を受けており、時流の最先端をいったノウハウの研究に勤しんでいる。 

飲食店はなぜインバウンド対策をしなければならないのか?
NEW
外食
2019/5/13
飲食店はなぜインバウンド対策をしなければならないのか?
  • 集客

当コラムをご愛読頂き誠にありがとうございます。

船井総研の高橋でございます。

さて、いきなりですが、皆様は2018年の訪日外国人数をご存知でしょうか?

 

正解は約3000万人です。

 

2013年からの5ヵ年の平均成長率を計算すると、毎年プラス29%成長していることになります。

 

一方で日本の総人口は毎年マイナス0.1%成長です。

 

この数字を見て皆さまはどちらの市場を魅力的に感じるでしょうか?

人口減の時代において、今までと同じやり方をしていては、生き残りが難しくなってきているので経営手法をこのタイミングで変えていく必要があります。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

・その他のインバウンド関連のコラムはこちら

インバウンドシフトを行うために必要な『6つの対応』

インバウンドは“これから”が面白い! 2020 年には 8 兆円市場へ成長するマーケットの中で生き残りをかけた外食企業の挑戦!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

執筆者
マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
外食激変!外食最新集客手法大公開2019 ~飲食店のインバウンド対策~
外食
2019/4/12
外食激変!外食最新集客手法大公開2019 ~飲食店のインバウンド対策~
  • ★収益性
  • インバンド
  • カフェ
  • 中華・ラーメン
  • 利益・収益UP
  • 寿司・海鮮
  • 居酒屋
  • 焼肉
  • 集客

当コラムをご愛読頂き誠にありがとうございます。

船井総研の高橋でございます。

 

今回は外食激変!外食最新集客手法大公開セミナー2019についてのご案内ですが、今まさに外食企業は戦い方を変えないと生き残りが難しい時代に差し掛かっています。

 

・高齢化・生産年齢人口の減少に伴い、外食企業の有効倍率が3倍を超える超人手不足の時代に

・その結果、飲食店の倒産件数は700件越えと過去最大に

・また、外食の大手企業も半数が減益していく時代に

・消費税の増税、中食市場の増加による外食市場の消費の冷え込みの加速

 

など、外食企業・飲食店にとっては逆風な出来ごとがここ最近多発しています。

 

これからの日本の外食産業で飲食店が勝ち残るためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

その一つの答えが、『集客手法のゲームチェンジ』を行うことです。

 

今回のセミナーでご登壇頂く、株式会社グローイングコンセプション様が運営されている、大阪の梅田の焼肉店『神戸あぶり牧場本店』では、競合がまだ“集客をしていない”需要の獲得でたった48席の焼肉店が年商6,000万円から年商1.2億円へと成長しました。

 

競合がまだ“集客をしていない”需要をそれはインバウンド需要です。

飲食店のインバウンドデータはこちら

 

国内の人口が減る一方で、『観光立国推進基本計画』が閣議決定され2020年には外国人観光客により市場規模は8兆円になあると言われています。

 

つまり『これからの外食産業はマーケットの再定義が必須』となってきています。

 

実際にインバウンド集客に成功し、

 

■大手参入で業績不振に苦しむ回転寿司店が年商2倍のV字回復

■しゃぶしゃぶ業態が年商2,700万円,営業利益率25%を実現

■居酒屋業態がアイドルタイムの活用で月商400万円の上乗せ

■インバウンド専門部署の立ち上げで会社の年商規模を1億2000万円拡大

 

などなど多数の成功事例が出現してきています。

 

これからの外食インバウンド市場規模は2020年に1兆2000億円になります。最下位の都道府県でも推定8億円の市場になるため、地方でもインバウンド需要を狙う必要があります。

 

飲食店のインバウンド対策はまだまだ秘密のベールに包まれているため、多くの外食企業・飲食店が正しいインバウンド対策を知らない状態です。

 

こういった状況の中、競合よりも早く正しいインバウンド対策を実践し、日本人集客のみに頼らず、外国人観光客を付加できる企業が間違いなく生き残っていく時代に入ります。

 

今回のセミナーでは、実際にインバウンド対策で業績を向上されました、株式会社グローイングコンセプションの代表取締役 井上直哉様にご登壇頂きリアルなインバウンド対策についてお話して頂きます。

 

席数に限りがあるセミナーですので、興味を持たれた方はお早めにお申し込みを頂ければと思います。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

外食激変!丸わかりこれから日本の外食に起こること

外食最新集客手法大公開セミナー2019

【6月27日(東京)】

(お申込みは、詳細はこちらから⇒https://sem.funai-food-business.com/seminar/045880/

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日程:2019年06月27日(木)

時間:13:00~16:30(受付開始12:30)

場所:船井総研 五反田オフィス…… JR五反田駅西口より徒歩15分(東京都品川区西五反田6-12-1)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

執筆者
マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
インバウンドシフトを行うために必要な『6つの対応』
外食
宅配
給食
2018/12/13
インバウンドシフトを行うために必要な『6つの対応』
当コラムをご愛読頂き誠にありがとうございます。
船井総研の高橋でございます。
 
何度も当コラムでご紹介させて頂いておりますが、まずは以下の、飲食店が外国人比率100%を実現するためのロードマップをご覧ください。
 

これらのステップは、インバウンド需要の獲得により、業績を向上させた多くの飲食店からルール化した表になります。
 
今回のコラムでは、このロードマップを実現するために必要のインバウンドシフトの6つの対応をご紹介させて頂きます。
 
インバウンドシフトの6つの対応とは以下の6つの要素を示します。
 

 
①集客対応
・外国人観光客を集客するために、団体旅行客と個人旅行客それぞれに対して、販売促進を実施する。(現地媒体の活用・旅行会社との提携など)
・外国人向けコンテンツを強化する(商品やイベントに“日本ぽさ”を付加する)
②予約対応
・自社サイトor外部予約サイトを多言語対応させ、ネット予約数を向上させる
・Noshowを回避できるように事前決済システムの連動が好ましい
・ネット予約を適切に管理できるようにし、顧客別(国籍別)の消費傾向を分析できるように、顧客管理台帳を導入する
③接客対応
・外国語を話さなくても接客ができるように、外国人用接客シートを作成する
・従業員の外国語教育を行い、対外国人の接客スキルを向上させる
④注文対応
・メイン集客をしている外国人の言語に合わせてメニューブックを多言語対応させていく
・スマホ注文できるシステムの導入で外国人の利便性を向上させる
・外国人は、日本の料理の食べ方・こだわりが分からないケースが多いので、食べ方・こだわり訴求をメニューで実施
⑤決済対応
・主要各国では、近年電子決済(キャッシュレス)の普及率が上昇しているため、飲食店における電子決済対応が必須となる
・電子決済に慣れていない従業員が日本は多いため、決済端末の使用方法のマニュアルを作成し、決済におけるミスを削減させていく
 
などなど、これらインバウンドシフトの6つの対応に合わせた取り組みを実践していくことが重要になってきます。
 
今回のセミナーでは、このインバウンドシフトの6つの対応に合わせて、外食企業が具体的にどんな取り組みをしていけばいいのか、どんな業者を活用すればいいのかを解説させて頂きます。
 
来年からの成長戦略に“インバウンド対策”をご検討の方は、席数に限りのあるセミナーですので、是非お早めにお申し込みください。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
外国人観光客比率が10%の飲食店が外国人観光客比率100%で「年商8倍」の設計図大公開!
【先着30名限定】飲食店向けインバウンド対策徹底公開セミナー
(お申込みは、詳細はこちらから⇒ http://sem.funai-food-business.com/seminar/039572/
 

 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
日程: 2018年12月19日(水)
 
時間: 13:00~16:00 (受付開始 12:30~ )
 
場所: 船井総研 五反田オフィス…… JR五反田駅西口より徒歩15分
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 

執筆者
マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
【先着30名】飲食店が外国人観光客比率100%で「年商8倍」の設計図大公開
外食
宅配
給食
2018/12/04
【先着30名】飲食店が外国人観光客比率100%で「年商8倍」の設計図大公開
外国人観光客比率が10%の飲食店が外国人観光客比率100%で「年商8倍」の設計図大公開!
【先着30名限定】飲食店向けインバウンド対策徹底公開セミナー
(お申込みは、詳細はこちらから⇒ http://sem.funai-food-business.com/seminar/039572/
 

 
当コラムをご愛読頂き誠にありがとうございます。
 
過去数回に渡り、外国人比率に応じたインバウンド対策をお伝えさせて頂きましたが、改めて段階ごとの対策を最新の考察を含めて以下にまとめさせていただきます
 

これらのステップは、インバウンド需要の獲得により、業績を向上させた多くの飲食店からルール化した表になります。
 
インバウンドシフトを行っていくに当たり、外国人比率が50%程度に達した際に、業績が一時的に低下もしくは、停滞する傾向が見受けられます。
この現象は、既存顧客であった日本人が自店から離れていくことによって、業績が一時的に低下もしくは、停滞するといったものです。
 
多くの飲食店では、この時期に“外国人のみをターゲット”とすることに踏み切れず、業績を上げきれないといった状態に陥ってしまいます。
 
この状態において大事なことは、“インバウンドに特化する”という意思決定を下せるかということです。
 
インバウンド特化(専門店開発)で、成功されている飲食店と、上手くいかなかった飲食店の違いがここにあることがわかりました。
 
当コラムをお読みになられている皆様も、日本人客に注力せず、外国人客に注力すべきかどうか悩まれている方が多いかと思います。
 
そういった方は、もし自店の業績が低下もしくは低迷している状態で、外国人の比率が上がってきているのであれば、是非“インバウンドに特化する”という意思決定を行ってください。
 
そうすることによって、自店の業績を各段に上げられる可能性が見えてきます。
 
今回のセミナーでは、インバウンドシフトにおける各段階で具体的に何をすればいいのかということを、解説させて頂きます。
来年からの成長戦略に“インバウンド特化(専門店開発)”をご検討の方は、是非お早めにお申し込みください。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
外国人観光客比率が10%の飲食店が外国人観光客比率100%で「年商8倍」の設計図大公開!
【先着30名限定】飲食店向けインバウンド対策徹底公開セミナー
(お申込みは、詳細はこちらから⇒ http://sem.funai-food-business.com/seminar/039572/
 

 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
日程: 2018年12月19日(水)
 
時間: 13:00~16:00 (受付開始 12:30~ )
 
場所: 船井総研 五反田オフィス…… JR五反田駅西口より徒歩15分
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 

執筆者
マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール