| 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
師と友づくりの反響はありますか?【経営者向けの勉強会】
外食
スイーツ
宅配
食品
給食
一次産業
2016/5/27
師と友づくりの反響はありますか?【経営者向けの勉強会】

経営者は孤独な仕事である。

 

これは本当に良く言われる事ですね。

実際、コンサルティングにて年間何百名という経営者の方とお会いしますが、それに凄く納得します。

 

そもそも、人の行動を決めるのは「生い立ち&環境」が半々と言われています。

だからこそ、経営者が作ろうとする環境で組織は決まりますし、ちょっとした一言やネガティブな情報発信にて環境が悪くなる事もあります。

 

だからこそ、経営者で99%組織は決まりますが、その反面孤独な部分もあると思います。

 

しかし、それを打破できる方法はあります。

それは、経営において「師」と「友」づくりを行う事です。

 

「師」と「友」づくりには、大きなメリットがあります。

  • やる気がでる
  • 仲間同士で競争するので、より張り合いが生じる
  • 手法がわかるので、試行錯誤をせずに確実に成長する事が出来る

 

この3つです。

そこで船井総研では、経営者の勉強会のスタイルを取っています。

https://funai-food-business.com/study/

 

外食の勉強会である、船井フードビジネス経営研究会

https://funai-food-business.com/inshoku/association/

菓子の勉強会である、菓子店経営研究会

https://funai-food-business.com/biz-confectionery/study/

デリバリーの勉強会である、宅配・ケータリング研究会

https://funai-food-business.com/biz-delivery/study/

給食業の勉強会である、次世代給食業経営研究会

http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100621.html

食品関連業の勉強会である、食品ビジネス経営研究会

http://www.funaisoken.co.jp/site/study/003198.html

 

など、各業種にあった勉強会が存在しています。

 

「師」と「友」づくりの場に。そして何より業績アップを実現する場に。

是非ご活用頂けますと幸いです。

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール
弁当宅配の市場規模とは?
宅配
2016/4/07
弁当宅配の市場規模とは?

フードデリバリーグループ、グループマネージャーの堀部です。

 

さて、皆様はフードデリバリー、特に弁当宅配の市場規模は把握されていますでしょうか?

市場の規模の把握は、戦略を考える上で非常に大切な視点です。

 

船井総研では、売上の方程式にて、

売上=MS×商圏人口×シェア

(※MSとは、市場規模を総人口で割り、1人あたりの平均年間消費額を示したもの)

(※シェアの場合、1番の26%を目指します)

 

と決めています。

 

上記で見た場合、弁当宅配は6,500円とみています。

 

つまり、年商1億円の規模に事業を育てようと思うと、

1億円=6,500円×約60,000人×26%

 

上記のように、商圏人口として約60,000人が必要な事がわかります。

 

つまり、そもそも60,000人の人口がいなければ、事業を立ち上げても中々苦戦してしまう事があります。

 

戦略が明確だからこそ、そのあとの戦術・戦闘が活きてきます。

逆に、戦略があいまいだとそこからの立て直しには非常に時間がかかってしまいます。

 

この戦略を考える上で、上記の方程式のMSはご参考になりますと幸いです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

≪全国の宅配弁当・仕出し事業を営む経営者向け勉強会≫

【宅配・ケータリング研究会】

全国から集まる同業種の「生の最新情報」が得られる場で、

最新事例・ビックリ事例を元にした業績アップ講座も満載!

初回は”無料のお試し参加”が可能です!

当勉強会の詳細ページはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール
何故パーティーケータリングで営業利益率35%を実現できたのか
宅配
2017/1/31
何故パーティーケータリングで営業利益率35%を実現できたのか

法人向けのパーティーケータリング。

 

共働き世帯が増え、コミュニケーション手段が居酒屋の飲みニケーションから
多様化するにつれ、伸びているマーケットです。
 
昨年立ち上げられたお付き合い先も、営業利益率は35%を平均して
キープされておられ、本業よりも高い収益事業とされています。
 
では、何故パーティーケータリングは営業利益率が高いのでしょうか?
ポイントとしては、下記2点が非常に大きいと言えます。
 
①低い原価率
パーティーケータリングの一般的な原価率は22%前後となっています。
 
「えっ、そんなに低くて満足されるの!?」
と良く聞かれるのですが、しっかり満足頂く事は可能です。
 
理由として、ケータリングを頼む時は会の主題は食事ではありません。
あくまでも、懇親会や納会などの行事ありきで、
それを「彩る」手段としてケータリングがあるのです。
 
つまり、食材の原価をかけるよりも、
「装花」「装飾」「各種演出」に費用をかけた方が、
結果的に満足度が高まる傾向にあります。
 
このような点から、原価率が22%前後でも
満足頂ける背景になっています。
 
②高い生産性
それと同時に、人件費率も低く、生産性を高めやすいのも特徴です。
 
ケータリングの場合、予約は大体2週間~4週間前の完全受注生産ですし、
1件あたりのパーティー単価も15万円~20万円程です。
 
これを約3名で回す事が出来ますので、
製造・配送・接客全てにかかる労務時間を計算しても、
高い生産性になる事がわかると思います。
 
実際、お付き合い先でも「完全週休二日制」「1日拘束時間8時間」を
実現されたところもいらっしゃいます。
こちらも、これを実現しつつ高い営業利益率をキープされています。
 
高収益を実現する為には、時流適合のビジネスを如何に成長期の前半で
取り組む事が出来るか?これに尽きます。
 
この成長期の前半でしっかりと攻め、CRMを徹底し、
市場シェアと顧客シェアを高めて盤石な体制で成熟期を迎える。
 
この流れが出来れば、高い収益性をよりキープしやすくなります。
参入のタイミングに注意し、
しっかりとケータリングを盛り上げていきたいですね。
 
 
 
 
 
飲食20店舗企業が、
パーティケータリング・デリバリーに参入し、
わずか2年で、年商1億円・営業利益率21.6%
を達成することができたのか?
人手不足で減収減益続きの外食企業が、
業績を劇的に改善させた理由大公開!
 
詳細は以下バナーをクリックください。

 
毎回満員御礼!前回セミナーは100名以上が参加!
 
【大阪会場】2019年5月8日(水)13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 大阪本社
大阪府大阪市中央区北浜4-4-10
 
【東京会場】 2019年5月16日(木) 13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール
マーケットインの発想で業態リニューアル~肉バル開業のポイント~
外食
2017/11/13
マーケットインの発想で業態リニューアル~肉バル開業のポイント~

昨今、業態として認識されてきている「バル業態」その中でも
お肉をメイン商材とした「肉バル業態」の店舗数が伸びています。低坪(15坪~30坪)で参入可能であり、異業種(美容室、パチンコなど)からの参入も増えています。

ここでは私たちがお手伝いさせていただいている肉バルの開業のポイントをご紹介します。

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール
飲食店向けSNS集客事例公開、解説付き
外食
2018/5/15
飲食店向けSNS集客事例公開、解説付き
本日はfacebook や twitter等のSNSを活用して集客に成功している事例を解説したいと思います。

飲食店においてSNSを活用し、集客につなげるためのポイントは3つあります。

①リアルタイム、即時性
②人に教えたくなる有益な情報
③生の声(口コミ誘発)

また、新規顧客獲得ならtwitter、既存顧客との関係性強化にはfacebook、instagramが良いと思います。

SNSは、話題性のあるイベントとの相性が良いのが特徴です。

それでは、SNSを活用し集客に成功した事例を紹介致します。

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール