経営コンサルタントのお役立ちコラム一覧 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
田井 哲弥

「飲食・食品メーカー・食品スーパー」などといったフードビジネス業界の人材採用&組織活性化専門のコンサルタント。
「人材採用・活性化プロジェクトの熱い灯台となり組織を持続的に盛り上げる」というコンサルティングモットーを掲げ、中小企業様を対象に、全国で年間200日以上コンサルティングに従事している。
お付き合い先の規模は、年商6,000万円の個人店から年商65億円の企業まで幅広く、力相応でできる組織作りをご提案している。年商5億円の食企業でも計画的に人財を確保できる、合同説明会・学校訪問を活用した新卒採用の成功事例を多く持つ。パートアルバイト採用については、繁華街・郊外問わず応募0件からでも脱却できる即時採用手法を得意とする。
また、オープニング時には30名を超える大量採用でも実績を残している。それだけでなく、中長期的な採用戦略として、自社メディアを活用した媒体を利用しない採用手法にも取り組んでいる。
同時に、お付き合い先では経営者様の理念に基づいた評価賃金制度を構築して、行動評価ベースの項目に基づいてパートアルバイトから社員まで教育し、早期戦力化・定着率アップを実現している。

※無料レポート付き 調理スタッフの高齢化、調理師不足を解消する新たな採用法
給食
2018/2/08
※無料レポート付き 調理スタッフの高齢化、調理師不足を解消する新たな採用法

【調理師・調理補助スタッフ・配送スタッフを37名採用、採用単価3万⇒1.2万へ】

 

とある給食会社様での採用事例になります。具体的にどのような事に取り組まれてきたのでしょうか?

 

採用ターゲティング

② ターゲット層が働きたいと思ってもらいやすい魅力づくり

③ 魅力が伝わりやすい自社サイトの構築

④ 自社サイト→Indeedの経路開発、ハローワークの更新頻度を高めた採用活動

⑤ 応募後の対応スピードのアップ

⑥ 求人をかけない月の決定と社内での落とし込み

 

主に上記6点の取り組みを行いました。

 

それにより 【調理師・調理補助スタッフ・配送スタッフを37名採用、採用単価3万⇒1.2万】 という成果に繋がりました。

 

この成果により、新規事業所の出店や宅配サービスの品質向上、社員の本来業務への時間配分が改善されていきました。

 

また、採用ホームページを活用した自社独自の採用経路やノウハウが蓄積できたことも大きいです。なぜなら、目先だけではなく継続的に採用活動がよりよくなっていくためです。

 

給食会社を取り巻く採用競争は日ごとに激化しています。人手不足により、利用者様へ提供するサービス品質が低下したり、社員の労働時間数が増え、管理者も現場のヘルプに入ることが当たり前になったりします。

 

そうすれば持続的な成長に向けた取り組みの実行力が低下し、負のサイクルになってしまいます。

 

あなたの会社の調理師・栄養士採用、調理補助・宅配スタッフの採用は上手くいっていますか?

 

求人媒体ありきの採用活動の考え方は終焉です。新たな採用活動の考え方へ今すぐ変えていただき、自社独自の経路の確立と採用ノウハウの蓄積を効果的に図っていただければと思います。

 

具体的な取り組み方法について、今回限定で無料レポートをつけております。

ご参考くださいませ。

 

ぜひこのコラム・無料レポートをご覧になったキッカケに採用の根本的な考え方から変化される方がおられ、よりよい経営につなげていただく事を切に願っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

無料ダウンロードレポート
「【給食会社】WEB採用」
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=kyushoku_web2018

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
田井 哲弥
プロフィール

これからの飲食店マネジメントに必要な仕組みとは
外食
2018/1/11
これからの飲食店マネジメントに必要な仕組みとは
執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
田井 哲弥
プロフィール

これからの人手不足の時代に必要な飲食店の評価賃金制度とは
外食
2017/9/06
これからの人手不足の時代に必要な飲食店の評価賃金制度とは

飲食店経営者の皆さん。

突然ですが、飲食店経営が困難な時代に突入していることにお気づきでしょうか。

 

■離職率 正社員約60%(3年以内)パートアルバイト約90%(3年以内)
※パートアルバイトは1年以内の離職率が約50%
■有効求人倍率調理3.02倍 接客3.82倍と全業種の2倍以上
※全業種1.51倍(2017年6月)
■平均時給 967円(全国平均)1036円(関東平均)
※2017年6月のフード業界平均時給

 

このほかに労働力人口の減少、ますます厳しくなる労務問題などヒトを取り巻く外部環境は厳しくなる一方です。

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
田井 哲弥
プロフィール

新規採用は必須です!~永続性のある食品・菓子メーカーになるために~
スイーツ
食品
2017/8/23
新規採用は必須です!~永続性のある食品・菓子メーカーになるために~
フードビジネス採用チームの田井です。
 
今回は、「なぜ、食品・菓子メーカーが新規社員を採用しているのか?」というテーマでコラムを記載致します。
 
弊社の研究会会員様では、「絞り込んだ地域で一番」「絞り込んだ市場で一番」という意味での地域一番企業が多いです。もしくは、地域一番企業を目指している2番手・3番手のプレイヤーです。
 
皆様、当然、新規事業・即時業績アップノウハウに関心をお持ちの場合が多いですが、直近では人財、とりわけ、人財採用・組織設計・評価賃金制度・教育制度・労務改善などのテーマへの関心・危機感も増してきているように思います。
 
そんな中、今回は「なぜ、人気業種かつ、人材の定着率が比較的良い業界である、食品・菓子メーカーが新規社員を採用しているのか?」ということを中心にお伝えさせて頂きます。
執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
田井 哲弥
プロフィール