経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
橋田 佳奈

大学を卒業後、新卒で船井総研に入社。入社後は中堅大手企業向けの新規事業の構築や業務プロセス改善などのプロジェクトを経験したのち、中食・給食業界のコンサルティングに従事。自身でも飲食店を運営していた経験を活かし、現場での課題抽出から適切な対応策を瞬時に発見し、現場で即実践可能な提案へと落とし込むことを得意としている。フード領域のマーケティングはもちろん、労務環境改善や働き方改革、生産性アップへとつながる、食関連領域における業務改善ノウハウは社内でもトップクラス。

【外食店向けコロナ対策シリーズ】テイクアウト&デリバリーで日販10万円を獲得するには
外食
宅配
2020/4/20
【外食店向けコロナ対策シリーズ】テイクアウト&デリバリーで日販10万円を獲得するには

緊急事態宣言が発令され、外食店を営まれる経営者様にとっては、

営業を自粛するか、継続するか、

資金面は、従業員の雇用はどうするのか、

と日々変わる状況にストレスを感じられることも多いことと存じます。

 

そのような中、営業を継続され、特に店内飲食ではなく、

中食で売上を獲得されたいとお考えの経営者様に向けてシリーズでお届けいたします。

 

本日は第1弾。
テイクアウト&デリバリー対応で日販10万円を獲得するには。

テイクアウトやデリバリーを始めたけど、あまり売上が伸びない・・・といったご相談が多くございます。
そのような中、コロナ発生後に中食対応を始め、

日販10万円以上を獲得されている会社様の取り組みをご紹介いたします。

 

【事例①】とんかつ店
郊外ロードサイドのとんかつ店です。
とんかつ店のテイクアウトといえば、「とんかつ弁当」と思いきや、売れるのは揚げ物パック。
3~4人前でお得な揚げ物盛り合わせ商品です。
周辺に住宅の多いエリアで、ご家庭の夕食のおかずとして毎日数多く販売されています。

 

【事例②】居酒屋
周辺飲食店がテイクアウトを開始する中で、なかなか商品の差別化が難しい総合居酒屋店。
テイクアウト商品を店頭に並べてお客様の来店を待ってる「待ち」の姿勢をやめ、

「攻め」の姿勢に切り替えられました。
飲食店が空いてなくて困っているのは一般家庭だけではないはず。
リモート勤務が推奨されているとはいえ、出勤しないと業務ができない業種もございます。
オフィスや役所関係への弁当デリバリー、医療関係施設への食事提供、、、
ターゲットを絞られて訴求を進められたところ、安定的に日販10万円を超えてきたとのこと。

 

以上の事例からもわかるように、中食を求めているターゲットは誰なのか、

そしてそのターゲットに合わせた商品設計にすることが重要です。

 

この危機を乗り越えようと奮闘されている外食店経営者の皆様。
まだまだ取り組めることはあります。

船井総研ではオンライン無料相談を受け付けております。

【お申し込みはこちら】

https://funaisoken.ne.jp/funai-food-business/soudan-covid19-inquiry.html

全国各社様の事例をお伝えさせて頂きます。
この危機を乗り越えるため、少しでもお力になれれば幸いです。
お気軽にお問合せくださいませ。

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール
【オンライン配信】5年で15店舗・年商1億円!坪月商110万円達成した「クリスプサラダワークス」のテイクアウト&デリバリー戦略×フードテック活用による生産性向上とは
外食
宅配
食品
給食
2020/2/04
【オンライン配信】5年で15店舗・年商1億円!坪月商110万円達成した「クリスプサラダワークス」のテイクアウト&デリバリー戦略×フードテック活用による生産性向上とは

※こちらのセミナーは本来対面形式にて企画しておりましたが、新型コロナウィルスの感染拡大を鑑み、オンライン配信に変更致します。ご来場予定だった皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解・ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 

本日は、2020年の大目玉企画である、
「外食企業向けのテイクアウト&デリバリーセミナー」
についてご案内させて頂きます。

トップ

 

(お申込み・詳細はこちらから ⇒http://go.funaisoken.co.jp/f00IX1200T000L00SrNs000

 

ゲストの株式会社クリスプ 代表取締役社長&CEO宮野氏は、
約10坪月商1,100万円・営業利益360万円
超繁盛「チョップドサラダ専門店」を、
5年で15店舗・年商10億円まで成長させ、
今年、外食企業産業記者会の「外食アワード 2019」を受賞されるなど、
メディアや業界で大注目を浴びる外食企業経営者様です。

 

成長の秘密はずばり、
テイクアウト&デリバリー比率80%以上を実現された中食戦略と、
坪月商110万円・人時売上6,000円超の生産性を実現されたフードテック活用です。

 

クリスプ店内

 

「クリスプサラダワークス」で取り組まれた施策の成果を見てみると、

10坪の店舗で平均月商1,100万円平均営業利益360万円を実現した業態開発・店舗運営手法

◆たった5年で15店舗・年商10億円まで拡大した成長戦略&人材戦略

◆外食店舗でテイクアウト売上比率60%デリバリー売上比率20%郊外店でも通用する中食事業戦略

◆人員を増やすことなくピークタイム売上1.5倍!デジタル事前注文率61%、キャッシュレス率81%を実現したシステム活用術

データドリブンマーケティングによるCRM強化来店頻度1.5倍、離脱率42%減、月間購入金額1.8倍!

月休9日以上でもF/L52%を維持!利益を減らさず店舗の労務環境改善を実現する人材戦略 etc…

 

など盛り沢山の内容を、当日は宮野社長より直接お話頂きます。

(お申込み・詳細はこちらから ⇒http://go.funaisoken.co.jp/f00IX1200T000L00SrNs000

 

サラダ

 

◇飲食店でテイクアウトやデリバリー比率を高めたい経営者様
◇テイクアウトやデリバリー専門店の生産性向上に取り組みたい経営者様
◇多店舗展開に取り組みたい経営者様
◇飲食店や中食事業のフードテック活用に興味がある経営者様
必見のセミナーです。

 

当日は他にも、
・テイクアウト&デリバリーの時流と最新成功事例の具体的内容
・人手不足型テイクアウト&デリバリー専門店の構築手法
・テイクアウト&デリバリー専門店の多店舗化システム構築手法
・テイクアウト&デリバリー事業の生産性向上及びフードテック活用手法
・テイクアウト&デリバリー事業の商品開発、
集客・売場、固定化などの即時業績アップ手法など、惜しみなくお伝えいたします。

 

既に数多くの方から問い合わせを受けている、2020年最新&大注目のセミナーです。

お早めのお申込みをおすすめしております。

 

**********************************

▼お申込み・詳細はこちらから▼
http://go.funaisoken.co.jp/lIL0t00020001N0X00r0U0S

【オンライン配信】

3月5日(木)13:00~16:30

3月13日(金)13:00~16:30

申し込みに関する問い合わせ◆セミナー事務局

お問い合わせ電話番号:0120-964-000(平日09:30~17:30)

**********************************

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール
【9/10東京開催】人形町今半の弁当宅配事業成功の秘訣大公開セミナー
宅配
2019/8/09
【9/10東京開催】人形町今半の弁当宅配事業成功の秘訣大公開セミナー

トップ2

事業年商44億円!事業拡大し続ける人形町今半の高級弁当宅配事業

持続的成長の秘密とは?

(お申込み・詳細はこちらから⇒ https://sem.funai-food-business.com/seminar/048881/

 

いつもコラムをご愛読頂きありがとうございます。

船井総研フードデリバリーグループの橋田です。

 

事業年商44億円。あの人形町今半弁当事業のトップ、清原由輔様がご登壇される

仕出し・外食企業向け高級弁当宅配業績UPセミナー2019」のご案内です。

すき焼き弁当

 

人形町今半様といえば、外食業界の中で抜群の知名度を誇る、日本を代表する「食」企業の1つです。

 

外観

そんな人形町今半様が弁当宅配事業を展開されていることをご存知でしょうか?

今から遡ること、60年前。

人形町今半様の弁当宅配事業がスタートしました。

 

順調に売上を伸ばされ、

1998年に事業部になってからも、なんと19年連続で増収と、持続的な成長を遂げられています。

業績

東京という立地で、競合も多く台頭する中、なぜこのような発展が可能なのか。

発表内容

持続的な成長を支えているのはこれらの取り組みでした。

これらは決して「人形町今半」様だからできたこと、ではありません。

日本全国の弁当宅配事業に取り組む皆様が、継続的な成長を遂げられるために必要不可欠なポイントになります。

 

人形町今半様の生の声をお聞き頂け、今後の弁当宅配事業の在り方について考えられるまたとない機会です。

 

本セミナーでは、他にも全国の高級弁当宅配の成功事例や

具体的ノウハウの実践方法まで、惜しみなくお話させていただきます。

 

(お申込み・詳細はこちらから⇒ https://sem.funai-food-business.com/seminar/048881/

 

毎回満員御礼!

前回開催時は100名以上が参加したセミナーです。

お早めのお申込みをおすすめしております。

 

それでは皆様とお会いできることを楽しみにしております。

 

**********************************

仕出し・外食企業向け高級弁当宅配業績UPセミナー2019秋

https://sem.funai-food-business.com/seminar/048881/

【東京会場】2019年9月10日(火)

株式会社船井総合研究所 東京本社

東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F

**********************************

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール
5名で年商1億円!高級弁当宅配専門店の作り方
宅配
2019/6/17
5名で年商1億円!高級弁当宅配専門店の作り方

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。

船井総研フードデリバリーGの橋田です。

 

いよいよ【7月2日(火)@東京】に迫りました、デリバリー専門店参入成功事例大公開セミナーのご紹介です。

先日大阪にて開催させていただいた、本セミナー。

惣楽1

多くの方にご参加いただき、たくさんのご好評をいただきました。

⇒詳細・お申し込みはこちら(https://sem.funai-food-business.com/seminar/045085/)

 

 

=====================================

 

当時は惣菜店を経営されており、年間2,000万円の赤字を出し、

売上が上がるほど赤字が大きくなるという低収益な事業を展開していました。

その後、低収益であった惣菜事業から、高収益事業である高級弁当宅配事業に参入し、

たった1年で営業利益額1,500万円の付加に成功。

 

そして、事業参入1年後には、高級弁当宅配専門店に業態転換し、

たった1.5年・人員5名

年商1億円・営業利益額2,500万円を達成された惣楽様。

 

元々は惣菜路面店を経営されていらっしゃいました。

業績はなかなか伸びず、

一時は年間2,000万円以上の赤字を抱えたことも。

 

「何とかして明日の売上を稼がないと」

 

そんな想いだけで商売を続けていらっしゃったようです。

 

惣楽2

 

そんなとき、高級弁当宅配の存在を知ることに。

既に地域では競合企業がいくつか存在しておりましたが、

参入企業でも取り組みやすく、

成長マーケットの事業であることに魅力を感じ、参入を決意。

惣楽3

 

結果的に新規採用は0人にも関わらず、

参入初年度で 営業利益額1,500万円 の付加

 

順調に売上は伸びていきました。

ただ、一方で売上が拡大するにつれ、

元々の惣菜事業との両立にリスクが発生する状況に。

惣楽4


宅配専門店へ業態転換
を図られました。
そこで、収益の出ない惣菜事業の撤廃を決意、

宅配専門店へ業態転換を図られました。

 

惣楽5

 

経営資源を集中させたことで、その後

たった1.5年で年商1億円・営業利益2500万円の高収益店舗へと

変貌を遂げられました。

⇒詳しくは是非こちらのURLをクリック!(https://sem.funai-food-business.com/seminar/045085/)

 

===========================================

 

本セミナーでは、

どうしてこのような展開が新規採用0人・たったの5名で可能だったのか。

株式会社惣楽 代表取締役 田村豊 氏にご登壇頂き、

生の成功ストーリーを交えて、

人手不足対応型モデルの秘密をお伝えしていきたいと思います。

 

是非、お楽しみにしていてください!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

デリバリー専門店への転換たった1年で年商1億円!

何故、閉店寸前の赤字不振店がデリバリー専門店に業態転換し、たった1.5年・人員5名で年商1億円・営業利益額2,500万円の高収益店舗に変貌を遂げたのか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://sem.funai-food-business.com/seminar/045085/

【東京会場】2019年7月2日(火)

株式会社船井総合研究所 東京本社

東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール