経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
橋田 佳奈

大学を卒業後、新卒で船井総研に入社。入社後は中堅大手企業向けの新規事業の構築や業務プロセス改善などのプロジェクトを経験したのち、中食・給食業界のコンサルティングに従事。自身でも飲食店を運営していた経験を活かし、現場での課題抽出から適切な対応策を瞬時に発見し、現場で即実践可能な提案へと落とし込むことを得意としている。フード領域のマーケティングはもちろん、労務環境改善や働き方改革、生産性アップへとつながる、食関連領域における業務改善ノウハウは社内でもトップクラス。

1拠点年商2億円以上のテイクアウト繁盛店バーチャル視察クリニックのお知らせ
外食
宅配
2020/9/16
1拠点年商2億円以上のテイクアウト繁盛店バーチャル視察クリニックのお知らせ

「人員4名体制で単店年商2億円を実現したテイクアウト専門店」

「名物単品肉商品を1拠点のセントラルキッチンからテイクアウト・デリバリー・通販のマルチチャネル展開で年商1億円」

と聞くと、皆様どうやってやられたのかと気になられるかと思います。

 

今回は、このようなモデル企業様の

売れている商品」・「生産性の高い厨房」・「オペレーション」等々、

実際の現場をバーチャルでご紹介させて頂き、現場に行ったような感覚を経験頂ける機会を設けさせて頂きました。

 

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/065122

 

コロナをきっかけに、テイクアウトに取り組まれた方も多いのではないでしょうか?

そのような経営者様から

 

・飲食店で販売していたテイクアウト事業を本格化させたい

・中食事業で1億円を目指したい

といったお声を多く頂いております。

 

そのようなお声にお応えして、中食業界で成功事例を出されている2社様をご紹介させて頂きます。

 

【オンライン視察店舗】

★荒川商店様

~焼肉業態の店舗が中食事業を設立、部門年商1億円へ~

焼肉店単店の営業から、焼肉弁当中心のテイクアウト専門店を立ち上げ初月950万円達成。

さらに、デリバリー予約を開始し、月商1,000万円を達成。

中食利用をさらに伸ばすために、セントラルキッチン併設テイクアウト店を立ち上げ。焼肉店ならではの肉商材を名物に、テイクアウト・デリバリー・通販とマルチチャネルでの展開を続けている。

 

★888様

~炭火ステーキテイクアウト&デリバリー専門店、立ち上げ2年・たった4人で年商2億円~

炭火ステーキのテイクアウト&デリバリー専門店を開発。

4名体制で年商2億円を達成。人時売上1.7万円以上の高生産性業態を実現。

より周辺のテイクアウト需要を強化するために、炭火焼きの専門性を強化したテイクアウト専門店2号店目をオープン。月商1,000万円以上を売り上げている。

 

 

本セミナーでは上記企業様などの事例に基づき、

・オープン直後から認知を獲得するブランディング手法

・テイクアウト&デリバリーで1拠点年商2億円をたった4人で運営する方法

・1拠点でテイクアウト&デリバリー&通販といった多チャネル展開できるオペレーション方法

・テイクアウト専門店の多店舗化システム構築手法

など、惜しみなくお伝えいたします。

 

 

【日程】

10月6日(火)13:00~16:30

オンラインでの配信ですので、PCやスマートフォンをご準備頂ければ

場所を問わず視聴いただくことが可能でございます。

 

【参加料金(税抜)】
・一般価格 20,000円 (税込 22,000円)/ 一名様
・会員価格 16,000円 (税込 17,600円)/ 一名様

 

是非お申し込みください。

(お申込み・詳細はこちらhttps://www.funaisoken.co.jp/seminar/065122 )

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール
【繁盛店の対策】アフターコロナはテイクアウト導入から専門店化へ
外食
宅配
2020/7/02
【繁盛店の対策】アフターコロナはテイクアウト導入から専門店化へ

いつもコラムをご愛読頂きありがとうございます。

船井総研の橋田です。

 

本日は

「飲食店向け 高生産性テイクアウト専門店開発セミナー」の

ご案内をさせて頂きます。

 

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063100

 

コロナによって人々の生活様式が大きく変化。

飲食店を経営される皆様の中にも、

今後の事業をどのように時流に合わせていくかご検討されている方も多いのではないでしょうか。

 

そのような中で、

・不振店を業態転換したい

・飲食店で販売していたテイクアウト事業を本格化させたい

・中食事業を本業の次の柱に育てたい

といったお声を多く頂いております。

 

実際緊急宣言解除後、中食売上が落ち着いてからも、

「テイクアウト専門店として事業運営できている」会社様は好調に推移しているところが多いです。

上記の取り組みをされ、成功されている会社様が数多くいらっしゃいます。

本日はその中でも、一部の会社様をご紹介いたします。

 

①焼肉業態の店舗が中食専門店を設立し、中食月商2,000万円へ

焼肉店を運営する企業がデリバリー機能も付加したテイクアウト専門店を設立し、月商1,000万円を達成。さらに、テイクアウト専門店を起点に通販、デリバリーなどのマルチチャネル展開で中食月商2,0000万円へ。

 

②炭火ステーキテイクアウト&デリバリー専門店を開発し、開始わずか2年で年商2億円を4名体制で達成

中食専門店として炭火ステーキテイクアウト&デリバリー専門業態を開発。設立わずか2年で年商2億円を4名体制で達成。人時売上1.7万円以上の高生産性業態を実現。

 

③とんかつ店が専門店を4店舗設立し、年商2億円を達成

とんかつを提供する業態が、フライヤーのテイクアウト・デリバリー専門店を続々設立。CK併設の店舗で平均月商800万円、事業全体の営業利益率23%を達成。

 

本セミナーでは上記企業様などの事例に基づき、

・既存店の撤退、業態転換からテイクアウト専門店設立までのステップ

・テイクアウトに適切な立地別商品開発手法

・オープン直後から認知を獲得するブランディング手法

・初動売上を獲得する集客対策

・テイクアウト専門店の多店舗化システム構築手法

・テイクアウト専門店の生産性向上及びフードテック活用手法

など、惜しみなくお伝えいたします。

 

【日程】

7月9日(木)10:00~11:30,16:00~17:30

7月13日(月)10:00~11:30,16:00~17:30

7月17日(金)10:00~11:30,16:00~17:30

7月20日(月)10:00~11:30,16:00~17:30

上記4日間、午前、午後でお時間をお取りしております。

オンラインでの配信ですので、PCやスマートフォンをご準備頂ければ

場所を問わず視聴いただくことが可能でございます。

 

【参加料金(税抜)】
・一般価格 10,000円 (税込 11,000円)/ 一名様
・会員価格 8,000円 (税込 8,800円)/ 一名様

是非お申し込みください。

(お申込み・詳細はこちらhttps://www.funaisoken.co.jp/seminar/063100  )

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール
【外食店向けコロナ対策シリーズ】テイクアウト&デリバリーで日販10万円を獲得するには
外食
宅配
2020/4/20
【外食店向けコロナ対策シリーズ】テイクアウト&デリバリーで日販10万円を獲得するには

緊急事態宣言が発令され、外食店を営まれる経営者様にとっては、

営業を自粛するか、継続するか、

資金面は、従業員の雇用はどうするのか、

と日々変わる状況にストレスを感じられることも多いことと存じます。

 

そのような中、営業を継続され、特に店内飲食ではなく、

中食で売上を獲得されたいとお考えの経営者様に向けてシリーズでお届けいたします。

 

本日は第1弾。
テイクアウト&デリバリー対応で日販10万円を獲得するには。

テイクアウトやデリバリーを始めたけど、あまり売上が伸びない・・・といったご相談が多くございます。
そのような中、コロナ発生後に中食対応を始め、

日販10万円以上を獲得されている会社様の取り組みをご紹介いたします。

 

【事例①】とんかつ店
郊外ロードサイドのとんかつ店です。
とんかつ店のテイクアウトといえば、「とんかつ弁当」と思いきや、売れるのは揚げ物パック。
3~4人前でお得な揚げ物盛り合わせ商品です。
周辺に住宅の多いエリアで、ご家庭の夕食のおかずとして毎日数多く販売されています。

 

【事例②】居酒屋
周辺飲食店がテイクアウトを開始する中で、なかなか商品の差別化が難しい総合居酒屋店。
テイクアウト商品を店頭に並べてお客様の来店を待ってる「待ち」の姿勢をやめ、

「攻め」の姿勢に切り替えられました。
飲食店が空いてなくて困っているのは一般家庭だけではないはず。
リモート勤務が推奨されているとはいえ、出勤しないと業務ができない業種もございます。
オフィスや役所関係への弁当デリバリー、医療関係施設への食事提供、、、
ターゲットを絞られて訴求を進められたところ、安定的に日販10万円を超えてきたとのこと。

 

以上の事例からもわかるように、中食を求めているターゲットは誰なのか、

そしてそのターゲットに合わせた商品設計にすることが重要です。

 

この危機を乗り越えようと奮闘されている外食店経営者の皆様。
まだまだ取り組めることはあります。

船井総研ではオンライン無料相談を受け付けております。

【お申し込みはこちら】

https://funaisoken.ne.jp/funai-food-business/soudan-covid19-inquiry.html

全国各社様の事例をお伝えさせて頂きます。
この危機を乗り越えるため、少しでもお力になれれば幸いです。
お気軽にお問合せくださいませ。

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール
【オンライン配信】5年で15店舗・年商1億円!坪月商110万円達成した「クリスプサラダワークス」のテイクアウト&デリバリー戦略×フードテック活用による生産性向上とは
外食
宅配
食品
給食
2020/2/04
【オンライン配信】5年で15店舗・年商1億円!坪月商110万円達成した「クリスプサラダワークス」のテイクアウト&デリバリー戦略×フードテック活用による生産性向上とは

※こちらのセミナーは本来対面形式にて企画しておりましたが、新型コロナウィルスの感染拡大を鑑み、オンライン配信に変更致します。ご来場予定だった皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解・ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 

本日は、2020年の大目玉企画である、
「外食企業向けのテイクアウト&デリバリーセミナー」
についてご案内させて頂きます。

トップ

 

(お申込み・詳細はこちらから ⇒http://go.funaisoken.co.jp/f00IX1200T000L00SrNs000

 

ゲストの株式会社クリスプ 代表取締役社長&CEO宮野氏は、
約10坪月商1,100万円・営業利益360万円
超繁盛「チョップドサラダ専門店」を、
5年で15店舗・年商10億円まで成長させ、
今年、外食企業産業記者会の「外食アワード 2019」を受賞されるなど、
メディアや業界で大注目を浴びる外食企業経営者様です。

 

成長の秘密はずばり、
テイクアウト&デリバリー比率80%以上を実現された中食戦略と、
坪月商110万円・人時売上6,000円超の生産性を実現されたフードテック活用です。

 

クリスプ店内

 

「クリスプサラダワークス」で取り組まれた施策の成果を見てみると、

10坪の店舗で平均月商1,100万円平均営業利益360万円を実現した業態開発・店舗運営手法

◆たった5年で15店舗・年商10億円まで拡大した成長戦略&人材戦略

◆外食店舗でテイクアウト売上比率60%デリバリー売上比率20%郊外店でも通用する中食事業戦略

◆人員を増やすことなくピークタイム売上1.5倍!デジタル事前注文率61%、キャッシュレス率81%を実現したシステム活用術

データドリブンマーケティングによるCRM強化来店頻度1.5倍、離脱率42%減、月間購入金額1.8倍!

月休9日以上でもF/L52%を維持!利益を減らさず店舗の労務環境改善を実現する人材戦略 etc…

 

など盛り沢山の内容を、当日は宮野社長より直接お話頂きます。

(お申込み・詳細はこちらから ⇒http://go.funaisoken.co.jp/f00IX1200T000L00SrNs000

 

サラダ

 

◇飲食店でテイクアウトやデリバリー比率を高めたい経営者様
◇テイクアウトやデリバリー専門店の生産性向上に取り組みたい経営者様
◇多店舗展開に取り組みたい経営者様
◇飲食店や中食事業のフードテック活用に興味がある経営者様
必見のセミナーです。

 

当日は他にも、
・テイクアウト&デリバリーの時流と最新成功事例の具体的内容
・人手不足型テイクアウト&デリバリー専門店の構築手法
・テイクアウト&デリバリー専門店の多店舗化システム構築手法
・テイクアウト&デリバリー事業の生産性向上及びフードテック活用手法
・テイクアウト&デリバリー事業の商品開発、
集客・売場、固定化などの即時業績アップ手法など、惜しみなくお伝えいたします。

 

既に数多くの方から問い合わせを受けている、2020年最新&大注目のセミナーです。

お早めのお申込みをおすすめしております。

 

**********************************

▼お申込み・詳細はこちらから▼
http://go.funaisoken.co.jp/lIL0t00020001N0X00r0U0S

【オンライン配信】

3月5日(木)13:00~16:30

3月13日(金)13:00~16:30

申し込みに関する問い合わせ◆セミナー事務局

お問い合わせ電話番号:0120-964-000(平日09:30~17:30)

**********************************

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール