経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
チームリーダー シニア経営コンサルタント
横山 玟洙

船井総研入社後、食品メーカー・小売店のコンサルティングに従事。船井流の食品小売のノウハウを活かし、小売店の活性化はもとより、メーカー・卸の直販事業強化や6次産業化を専門にコンサルティングを行っています。

この15年で市場が3分の2以下!明太子業界での各社の戦略に今後の食品・飲料メーカーの持続的成長のヒントがある!
食品
2017/10/30
この15年で市場が3分の2以下!明太子業界での各社の戦略に今後の食品・飲料メーカーの持続的成長のヒントがある!
  • web
  • 出店・リニューアル
  • 新業態

家計調査年報によると、1世帯当たりの「たらこ」の年間消費金額が、2002年では2950円あったのが、
2016年には1860円とこの15年で3分の2以下の63.1%に減少しています。
一方明太子の主原料であるスケトウダラは漁獲量により仕入れ値が前後し、
原料調達コストが不安定なこともあり、ビジネスとしては計画が立てにくいビジネスであると言えます。

執筆者
チームリーダー シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール
参入1年目で年商1億円を見込む単品スイーツ専門店
スイーツ
2017/10/19
参入1年目で年商1億円を見込む単品スイーツ専門店
  • 菓子・パン
  • 観光

2017年4月に福岡県太宰府の参道に福岡県産いちごのあまおうを使用したチーズケーキの専門店がオープンしました。観光客をターゲットにしたチーズケーキの専門店です。
 
オープンから3カ月で福岡空港のANAフェスタの1等立地でも販売開始、さらには福岡市内の百貨店への常設店出店依頼も殺到していると言います。
 
経営する母体は土産店・卸を展開してきましたが、土産市場において「より高品質な菓子」「地元で話題のスイーツ」へのニーズが高まってきていることを受け、あまおうチーズケーキの専門店を出店されました。
 
主力商品は「あまおうチーズケーキ」(税込400円)。その他、ソフトクリーム、チーズタルトの3つのみ。
製造スペース・販売スペース合わせて、14坪の店舗。初期投資は約1500万円で、投資回収も約1年ペースで推移しています。
 
上記の事例だけではなく、弊社のスイーツ研究会の会員企業の皆様もこの1年近くの間で、北海道・宮城・福島・東京・新潟・長野・静岡・岐阜・大阪・兵庫・福岡・愛媛・沖縄・・と続々と20件以上の観光立地での単品スイーツ専門店を新規出店されています。
 
短期の出店準備期間でスピード出店している秘密は何か?商品力の高め方・維持は?スタッフの育成は?など考え方の違いも知った上で既存菓子店の皆様にも観光マーケットに目を向けて頂きたいと思い、スイーツビジネス経営研究会、12月4日にて、会員企業で今年7月に静岡県熱海駅の商店街内に「熱海プリン」を出店したトップに特別にご講演をいただきます。
 
会員限定のコンテンツですが、過去に一度もお試し参加して頂いていない方限定で、お試し無料参加可能です。
 
↓↓ご興味の方は下記のサイトから詳しい情報を
スィーツビジネス研究会
 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
チームリーダー シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール
フードビジネス.com
食品
2017/10/13
20分でできる名簿分析で収益改善
  • web
  • 集客
  • 食品メーカー・卸

2017年10月物流費の値上げ開始
通信販売業界の根底を揺るがす問題が起き始めました。
特に冷蔵品・冷凍品を扱った産直品通販の企業様は今までのビジネスモデル、収支モデルを
見直さなければ利益が出ない構造になったといっても過言ではありません。
 
私のお付き合い先でも値上げや容量の見直し等対策をとっていますが、
広告の反応の悪化、ダイレクトメールのレスポンスの悪化は、免れない状況です。
 
物流費の高騰分を売価の変更、商品規格の変更で対応するのには限界があります。
 
この状況に対応するために、今すぐに取り組むべきことは、
 
① DM経費の見直し → 今日から実施できます。
② 常温商品の開発 → すぐに商品開発に取り組んでください。
 
この2つになります。
 
特にDM経費の見直しは20分もあればできてしまいます。
 
チェックするポイントは、R(Recency:最終購入日)F(Frequency:購入回数)の2軸です。
※Rは月単位で分析する。
 
DMを発送した人を上記RFで分類し、
RFのどのランクの人がレスポンスが高いかを分析します。
 
DMのレスポンス率が3~4%を下回った属性にはDMを発送しないようにリストを精査します。
 
これをやるだけでDM経費は5~10%削減できるようになります。
しかも、売上を大きく変わりません。
 
お歳暮のDMリストを作られる企業さまは今すぐ取り組んでみてください。
 
詳しくは下記URLを参照してください。
 
通販名簿最適化診断ガイドブック
 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
チームリーダー シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール
飲食・土産・旅館・・・異業種が次々と参入する観光地型スイーツ専門店
スイーツ
2017/10/13
飲食・土産・旅館・・・異業種が次々と参入する観光地型スイーツ専門店
  • web
  • カフェ
  • 出店・リニューアル
  • 新業態
  • 菓子・パン
  • 観光
  • 農業
  • 集客
  • 食品メーカー・卸
  • 食品小売り

高度成長経済時代、地域密着ビジネスで成長してきた菓子店やベーカリーなどの食専門店のマーケットの落ち込みが激しくなってきています。
この流れは一般食品流通の変化が大きな要因で、ドラッグストアでは生鮮・食品が集客カテゴリーとしている企業が成長。
GMSが衰退し、スーパーマーケットもダウン、伸びているのはコンビニだけで今後もこの「小商圏化」の流れは進みます。要するに業態の陳腐化が進んでいます。
時代にマッチしない業態に対し、どれだけ注力しても成果がでづらい。伸びている業態を伸ばす。経営の原理原則です。
 
スイーツ業界を取り巻く環境で伸びているチャネルは、駅ナカ市場・観光マーケット・通販チャネルです。
中でも低投資で展開可能なチャネルが単品+実演での観光マーケット参入。
 
弊社のスイーツ研究会の会員企業の皆様もこの1年近くの間で、北海道・宮城・福島・東京・新潟・長野・静岡・岐阜・大阪・兵庫・福岡・愛媛・沖縄・・と続々とい20件以上の新規出店をされています。
 
・工房付でたった10坪以下の店舗でオープン初月1000万円オーバー
・工房付15坪の店舗オープン後すぐ、駅ナカからのテナント出店や卸依頼が続出。
 店舗+卸で年1億円ペースへなど、驚きの成果が出ている成功事例も続出してきています。
 
ただ、もう1つ知って頂きたい事実として、観光マーケットへの参入の80%は飲食店・土産店・旅館などの異業種からの参入であること。
 
短期の出店準備期間でスピード出店している秘密は何か?商品力の高め方・維持は?スタッフの育成は?など考え方の違いも知った上で既存菓子店の皆様にも観光マーケットに目を向けて頂きたいと思い、スイーツビジネス経営研究会、12月4日にて、会員企業で今年7月に静岡県熱海駅の商店街内に「熱海プリン」を出店したトップに特別にご講演をいただきます。
 
会員限定のコンテンツですが、過去に一度もお試し参加して頂いていない方限定で、お試し無料参加可能です。
↓↓ご興味の方は下記のサイトから詳しい情報を
スィーツビジネス研究会
 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
チームリーダー シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール