経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙

船井総研入社後、食品メーカー・小売店のコンサルティングに従事。船井流の食品小売のノウハウを活かし、小売店の活性化はもとより、メーカー・卸の直販事業強化や6次産業化を専門にコンサルティングを行っています。

フード業界の垂直統合に対応する中小オムニチャネルモデル
食品
2018/7/09
フード業界の垂直統合に対応する中小オムニチャネルモデル

★中小食品メーカーだからこそ実施可能なオムニチャネル戦略(第一回)
 
今後避けて通れないデジタルシフト対応について、船井総研ではマーケティング面のデジタルシフトを「フードオムニチャネルモデル」として体系化しております。

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール
観光マーケットのお土産事情
食品
2018/6/25
観光マーケットのお土産事情

皆様。いつもありがとうございます。
船井総合研究所の寳澤です。
 
今回は観光マーケットのお土産需要の変化についてお伝えしたいと思います。
 
船井総合研究所では縮小する竜夕マーケットの中で食品メーカーの収益拡大の策として
観光マーケット参入のご提案をさせていただいております。
 
その観光市場のお土産のMDに変化が見られるようになってきました。
 
船井総研では、MDを組む際に予算帯と価格の根源的分岐点の考え方を使用して商品売価を決定していきます。
 
予算帯というは、人が商品を購入するときにいくらぐらいの価格なら買うかとういことを事前にある程度の幅で決定しているという考え方です。
 
 

 
 
例えば、ラーメンを食べようとすると1,000円もあれば足りるだろうと予算を組みお店にいくと思います。これが人が持っている予算帯の考え方です。
 
予算は1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円といった形で
1,2,3,5の繰り返しで考えていきます。
 
この考え方にお土産市場を当てはめると、
500円の下位の予算帯である300円予算に「たくさんの人に配る
用のおしゃれなパッケージ(お土産として使っても恥ずかしくない)が増えてきていることが分かります。
 
観光市場で成功する企業様のポイントとしておさえていただければと思います。
 
<観光市場参入に関する成功事例・詳細はこちらから>
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/032188.html
 
<寳澤(たからざわ)へのお問合せ・ご相談はこちらから>
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-foodstuffs-inquiry.html

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール
残席わずか。日本一の観光スイーツ市場湯布院・別府を巡る2日間
スイーツ
2018/6/15
残席わずか。日本一の観光スイーツ市場湯布院・別府を巡る2日間

7月4・5日に開催する船井総研スイーツビジネス研究会の大人気コンテンツ、繁盛店視察ツアーについて、今年の見どころをご紹介します。
1.日本一競争の激しい湯布院エリア。各社の差別化、独自化戦略を学ぶ
入込客数が年間400万人の湯布院。
湯布院には、プリン、チーズケーキ、ロールケーキ・・などの単品スイーツ専門店が数多く存在します。
全国の観光スイーツを調査している船井総研でもこの湯布院エリアは競争が激しく、また各社がしのぎを削りながら独自の差別化戦略を行っているエリアと認識しています。
今回の主な視察先と見どころは以下の通りです。

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール