| 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
地元イベントはSNSで集客せよ!経営者が知っておくべきSNS活用とは!?
スイーツ
食品
一次産業
2018/4/17
地元イベントはSNSで集客せよ!経営者が知っておくべきSNS活用とは!?

ご覧いただきましてありがとうございます。
フードSPAGの小林駿介です。
 
今年もあっという間に4月。
各社の直売店では蔵祭りや工場祭、GWイベントと地元のお客様に喜んでもらうイベントを多数行なっているかと思います。
 
今年も過去最高の集客が出来ている会社がたくさんありまして、その集客施策の結果分析が出て来ております。
 
今年の集客施策には明らかに去年と違う傾向が見られます。
 
それは
圧倒的な省人化WEBシフトの集客です。
 
これまで1番効果があるのは間違いなくチラシでした。
手配りでしたら、反響率で3~5%、高いと8%にもなるチラシですので、1000枚配布すると約500人の集客につながります。
 
しかし、今どの企業でも人材は不足し手間がかかる手配りチラシなどに多くの工数がかけられなくなってきている現状があります。
 
そんな中、最近のイベントで近年最高の集客を誇った会社様では
手間のかからないWEB集客に初めて取り掛かりました。
 
やったことはシンプルに3つ
1.自社HPでイベントの告知
2.SNSを更新
3.SNS広告
 
これを最適なタイミングで工数をかけずに行いました。
 
すると集客の7~8%がSNSを見て来場した!
という結果が出たのです。
 
しかもそのほとんどがチラシでは中々訴求しづらい商圏を少し離れた新規のお客様でした。
 
まだ、イベントの集客などでは
脱チラシ!
とは言えないでしょう。1番効果があるのは手配りするチラシであったり折り込みチラシです。
ただ明らかにWEBが遅れていると思われる地方でもWEBシフトが進んで来ています。
 
これを私達は
集客を省人化するチャンスだ
と捉えています。
 
この機会にぜひ一度取り組みを進めて見てください。
 
今月末に行われます食品経営研究会ではWEB集客について、お話させていただきますのでご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。
 
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 

 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
小林 駿介
プロフィール
商品の価値を伝えるためには?~工場見学のすゝめ~
食品
2017/2/14
商品の価値を伝えるためには?~工場見学のすゝめ~

精込めて作っている商品の価値を消費者に伝えたい。

 

そのように考えておられる食品メーカーの経営者・職人の方は多いのではないのでしょうか。
 
ただただ良いものを作っていれば売れ続けるという時代はとっくに終焉し、
いかに良いものを作って、その価値を消費者にダイレクトに伝えられるのかという点が
非常に重要になってきています。
 
しかしモノの良さはどのように伝えるのがベストなのでしょうか?
 
・HPを作って拡散する。
・会社案内を作りこみアピールする。
・展示会に出て卸の会社様に直接売り込みを行い伝えてもらうようにお願いをする。

 
どれも重要です。上記のひとつひとつをクリアしていくことで
間違いなく消費者に対して自社の良さを知ってもらえることになるでしょう。
 
しかし、一番消費者に対してダイレクトにその商品の価値を知ってもらうためには、
実際にその商品の製造現場を見せて食品メーカーの
“こだわり”をみせるという事が重要であると考えられます。
 
つまり工場であれば工場見学です。
非日常感を求めている消費者は普通ではテレビでしか見ることができない、
商品の製造現場に自分が入り込んで見学することができる。
このような体験をすることで消費者はその商品に対してのロイヤリティを高めていきます。
 
では工場見学は何を見せればよいのでしょうか?
工場で普段働いている人には見なれた現場・・・
どこをどのように見せれば消費者に高い満足度を持ってもらえるのかという
事はなかなか見えないものです。
 
私たちは商品を製造している食品メーカーの方々に
まず以下のように自社の工場のラインを整理するようにおすすめしております。
 
① 原料⇒素材
② 素材⇒仕掛品
③ 仕掛品⇒製品
④ 製品⇒商品
 
消費者はその商品が何からできるかという事を知っていることが多いです。
ただ、その商品がどのような経路をたどって商品へとなるのかという点を
頭の中で理解したいという欲求を持っています。
 
よって一貫した製造工程を見せることが必要です。
 
初め原料であったものが目の前でどのように素材に変わり、
その変わった素材がどのように仕掛品に変わり、製品になるのか。
また、その製品がどのように梱包され商品となり、自分たちの手元に届く商品となるのか。
 
この点をしっかりと一貫して見せることによって
消費者は自分たちの知っている商品がどのような経路をたどって
商品になっているのかという事を理解することができます。
 
製造中の衛生面の問題でなかなか見せにくい工程もあるかもしれません。
 
しかし、この流れだけしっかりと見せることが出来さえすれば
消費者があなたの会社の商品のファンとなることは間違いないでしょう。
 
いきなり工場見学を始めるのではなく、
まずは自社の製造工程を整理するところから初めてみてください。
 

執筆者
小林 駿介
プロフィール
とうとう食品・スィーツ通販企業がInstagram必須になった理由
スイーツ
2018/7/09
とうとう食品・スィーツ通販企業がInstagram必須になった理由

こんにちは。
船井総合研究所、フードSPAG 小林駿介です。
ここで紹介いたしますのは
通販企業のSNS事情が劇的に変わる。
2018年6月5日にリリースされたInstagramの新機能「Shop Now(ショップナウ)」です。
こちらの機能、アメリカでは先にリリースされていましたが、WEB通販の考え方が根底から代わってしまうような大きな機能であるため日本でもリリースが待ち望まれておりました。
 
細かい仕様などは把握しなくても大丈夫です。
 
まずはSNSで何ができるようになって、それに対して自社は対応すべきなのか?対応するとしたら何をすべきなのか?
ということを把握しましょう!
 
■この記事のポイント
・経営者が知っておくべき、Instagramの新機能「Shop Now」とは?
・食品・スィーツ通販企業がまず対応しておきたい4つのポイント
 
■経営陣が知っておくべき、Instagramの新機能「Shop Now」とは?
~経営者の皆様がここで認識しておきたい点は3つ~
・SNSでお客さんとつながることが重要になってくる
・Instagramからの購買が促進するため写真が重要
・通信販売の新規顧客獲得のためSNSの活性化が必須
 
2018年6月5日にInstagramから発表された「Shop Now」はInstagramで投稿された写真に写っている商品にタグを設置して商品詳細ページや通販購入ページ、アクセスページに誘導することができるツールです。
 
これまで消費者がSNSで新商品を見つけたときに通販で購入する流れは
商品を見つける(認知する)→キーワード検索する(検索する)→購入・来店する(購買する)
という流れでした。
 
しかし、この「Shop Now」の機能ができたことによって
商品を見つける(認知する)→購入・来店する(購買する)
と、1つステップがなくなったのです。
 
1つステップがなくなったことにより実現された点は2つ
・消費者購買比率がUP
・SNSにて販促を行った際に効果があったのかが細かく測定可能
ということです。
 
今まで、SNSに対しての販促を行ううえで問題となっていた費用対効果を測定する点がこの「Shop Now」ではクリアになっているということです。
 
食品・スィーツ通販企業では新規顧客の取り込みのため日々、あらゆる媒体で新規顧客取り込みの施策を行い、その費用対効果を計測しているかと思います。
この「Shop Now」はその新たな新規顧客取り込みのツールとして無視できないツールとなっていくのではないでしょうか。
 
 
■食品・スィーツ通販企業がまず対応しておきたい3つのポイント
ここでは、さきほどの「Shop Now」を実行する上で必要な条件を整理します。
1. Instagramをビジネスアカウントに移行する
こちら、意外と企業アカウントで行っていないところが多いですが、Instagramをビジネスアカウントに移行しておくことが必要です。
ビジネスアカウントに移行するとできるようになること、できなくなることがございますのであらかじめ確認して移行するようにしましょう。
「Shop Now」はビジネスアカウントに移行しているもののみが対応可能です。
 
2. Instagramと所有権のある方のFacebookとを連携する
Instagramで広告を出す際に必須ですが、この「Shop Now」を利用する上でもFacebookとの連携は必須です。
 
3. Facebookページで商品を販売できる状態にする
具体的には以下の3つのどれかをクリアすることが必要です。
・ショップセクションを追加
・ビジネスマネージャーでカタログを作成
・国内事業者のECプラットフォームと連携
 
以上3点はとりあえずやっておいたほうが良い対応です!
 
 
・・・とはいえ、結局どうすればいいのかわからない。。。
という方のために
船井総合研究所では各社にあったSNSの運用提案をさせていただいております。
これからSNSの活用をかんがえていらっしゃる方。
是非、お気軽にご相談くださいませ。
 
 
◆小林へのお問合せ・ご相談はこちらから
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-foodstuffs-inquiry.html

執筆者
小林 駿介
プロフィール
クリスマス・バレンタイン商戦を狙った新商品開発の情報発信!
スイーツ
2018/10/09
クリスマス・バレンタイン商戦を狙った新商品開発の情報発信!

こんにちは。
船井総合研究所、フードSPAG 小林駿介です。
 
■今年の夏は暑かった!各店のお客様の動向は?
 
今年の夏はとても暑かったですね。
気象庁の日平均気温の月平均値では
7月 2017年27.3度→2018年28.3度(+1度)
8月 2017年26.4度→2018年28.1度(+1.7度)
となっており、昨年よりも明らかに暑い夏であったことがわかります。
 
この暑さによって
お客様の動向も大きく変わっていきました。
 
毎年夏に苦戦する
パンやスイーツの店舗では
例年よりも客単価は下がらないものの、客数が大きく落ち込み
前年対比の売り上げが下がってしまったという店舗が続出しました。
そもそも人が外を出歩き買い物する機会が減っているということが明確であると考えられます。
 
そんな中でも新商品を出して成功している企業はたくさんあります。
 
■新商品を出して成功している企業の特徴は?
企業が力を入れて送り出す新商品。
 
そんな新商品をいざ店頭・通信販売で発売しても思ったよりも動かない。
 
こんなお話はどこでもよく聞くお話です。
 
この時に私たちは
「その新商品の情報はお客様に届いていますか?」
ということをよくお聞きします。
 
店頭のPOPや通信販売のDMなど
既存のお客様に対しては新商品の告知をしているが
新規のお客様に対しては何もできていない。
 
こんな企業にまず私たちが提案しているのは
WEBを用いたプレスリリースの配信です。
 
なんでもWEBで検索する時代に
今、会社や新商品の情報はどれくらいWEB上に載っているのでしょうか?
 
WEBを用いたメディア向けのプレスリリースの配信は
代行をしてくれる会社に3万~5万円ほどで依頼できます。
 
まずは次に販売するクリスマス用商品・バレンタイン商品についてWEBをつかって新規のお客様に情報をお届けしましょう。
 
・・・とはいえ、結局どうすればいいのかわからない。。。
という方のために
船井総合研究所では各社にあったメディア関連の運用提案をさせていただいております。
これからメディアの活用をかんがえていらっしゃる方。
是非、お気軽にご相談くださいませ。
 
【ダウンロード無料!】
<メディア活用ガイドブック>
http://www.funaisoken.co.jp/lp/webmedia2017.html

執筆者
小林 駿介
プロフィール
農業がこれから向かうべきマーケットとは!?~2018年の6次産業化成功パターンとは~
一次産業
2018/2/13
農業がこれから向かうべきマーケットとは!?~2018年の6次産業化成功パターンとは~

こんにちは
 

現在、6次産業化についてのコンサルティングを行っております。
船井総合研究所フードSPAグループの小林駿介と申します。
 

~6次産業化とは~
農林漁業者が,自ら,または,2次産業事業者,3次産業事業者と連携して,農林水産物・景観・文化等の地域資源に付加価値を付けながら消費者・実需者につながり,その収益部分のより多くを農山漁村地域にもたらして所得と雇用を確保し,活力ある地域社会の構築を図ろうとする取組
(農林水産省HPから)
 

2018年が始まって、早くも1ヶ月が過ぎました。
 

農林水産省の1月上旬統計では
 

果実総量で対前年比121%
みかんで対前年比141%
いちごで対前年比111%
 

とかなりの高値で水準しております。
 

昨年の10月の台風の影響などから今年は特に
みかんが高騰しているようです。
そもそも1980年代から見ると生産量が3分の1以下になっているみかん。
生産農家の高齢化によって生産量が減ってしまっている現状を見ると、値段は上がり続けるとみて間違いないのかもしれません。
値段が上がり続けるのは良いことでしょうか?
 

農家が儲かるからよいというのは間違いです。
 

割高感が消費者の購入意欲を減退させ“果物離れ”が進み
国産の果物市場自体が縮小してしまうという事が考えられるからです。
 

では、こんな中で農家はどのような動きをするべきなのでしょうか?
 

それは
“良いものを作り続ける”
という事に加え
“自社の良さをアピールしてより付加価値の高い商品に加工して販売する”
という事、つまり6次産業化が重要だと私たちは考えています。
 

国産の自分たちが作った果物を自分たちの手で加工して販売することによって
ファンを作り続け
一次産業を稼ぐことができる、かっこいい魅力的な産業としていかなくてはならないのです。
 

これから取り組むべき6次産業化の最初の考えとは?
 

では、6次産業化を行うといって実際なにをすればいいのでしょうか?
 

商品を作る上でまず考えなくてはならないのは
 

“誰に何をどのように販売するのか”ということから
 

商品開発を考えなくてはならないという事です。
 

いくら美味しい商品ができてもそれを求める人が一人もいない商品になってしまうと
何の意味もありません。
 

どのようなところに販売するのか、そこにマーケットはあるのか?という事を考えて商品開発を進めていきましょう
 

2018年船井総研がおすすめする“伸びるマーケット”とは?
 

船井総研が2018年おすすめする伸びるマーケットはずばり
 

“観光マーケット”
 

です。
 

日本人国内延べ旅行者数は平成28年の統計で、
旅行全体で64,108万人で前年比が6%増加、
宿泊旅行32,566万人、前年比4%増、
日帰り旅行31,542万人、前年比8.1%増となっています。
 
 

このマーケットは人口減少の中堅調に伸びており
今、ここに参入している企業がどんどん業績を伸ばしてきています。
 

まずは自社の近くで観光地と呼べる場所はありませんでしょうか?
 

そこで自社の商品が販売され人だかりができる、そんな商品を検討してみてください。
 

船井総研でご支援させていただいている企業様でも観光マーケットに参入して成功している企業様がたくさん出てきております。
 

本日の内容をもっと知りたい方は下記より資料をダウンロードいただきご確認くださいませ。
【ダウンロードコンテンツ】
 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
小林 駿介
プロフィール