経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
小島 佑太

東証一部上場の外食企業にて複数店舗の統括マネジメントを経て船井総合研究所に入社。
入社後は肉バル業態を中心に新店舗出店や既存店の業績アップのための販売促進や商品提案、現場改善&活性化による即時業績UPを行っている。
必要があれば現場に入り込んで直接指導するなど現場主義に徹底的に拘っている。

バル業態の経営に必要な差別化のキーワード
外食
2018/10/04
バル業態の経営に必要な差別化のキーワード
いつも飲食店経営に関する当コラムをお読み頂きまして、誠にありがとうございます。
バル業態は今、地方都市であっても競合他社が増えてきており業種業態のみで
勝てる地域は無くなってきています。
2019年には、本格的にバル業態は成熟期に入るのではないでしょうか。
成熟期における差別化のキーワードは「低価格」「高品質」「品揃え」
「コストパフォーマンス(CP)」「実演性」が挙げられます。
これらのキーワードを取り入れながら、繁盛をしている店は沢山もあります
下記に繁盛店が行っている取組みをまとめさせて頂きます。
・【単品商品一番化】による高品質、高CP、実演性による訴求
・【複数の利用動機を持つ】ための低価格、高品質、高CPによる訴求
・均一価格や原価提供によって【価格訴求】と高CPによる訴求
【単品商品一番化】・・大阪、東京を中心に約10店舗展開されている企業様は、
豊後牛ステーキ」を驚きのコストパフォーマンスで提供しています。
牛肉は主に和牛と国産牛、輸入牛がありますが最も参入障壁が高いのは和牛です。
流通の課題や原価率の高さがその要因です。
人口減少社会において調理人の採用が難しい中、「高級食材による商品」で
差別化を図っています。
【複数の利用動機を持つ】・・・これは政令指定都市よりも地方都市において有効です。
何故ならば、人口が多い政令指定都市は3ヶ月に一度の来店頻度でも成立し、
逆に専門店化をしなければ埋もれてしまいます。
逆に人口が少ない地方都市では、客層の幅を拡げる事、利用動機を複数持つ事、
高来店頻度がポイントになります。
四国の地方都市で出店されている当社会員様の店舗は、圧倒的なコストパフォーマンスと
商品力、ハード面を整備する事で上記のポイントを押さえ、繁忙期の月商は2500万円の
大繁盛店です。
【価格訴求】
・・・均一価格や原価提供をするお店が「安さ感」を訴求し、集客に成功しています。
ただし、「安かろう悪かろう」と言った商売では絶対に集客出来ません。
福岡県を中心に九州で展開されているサンパチキッチン様は380円の均一価格ながら、
フォアグラソテーや和牛ステーキを380円の高CPで提供されております。
今月、当社が運営する「ニクバル研究会」ではサンパチキッチンを運営される
株式会社C.F.C.company 代表取締役武本様と独自の人財活用を持ち、
九州や国外で29業態を運営されるアトモスダイニング株式会社 専務取締役の
吉原様に「勝てるバル業態と人財活用論」をご講演して頂きます。
バル業態を運営されておられる経営者様が集まるニクバル研究会にご興味がある方は、
是非下記URLからお申込み下さいませ。
バル業態に関心のある今コラムをご覧になられた皆様のご参考になれば幸いです。
執筆者
小島 佑太
プロフィール
肉バル業態における売上アップ対策(集客編)
外食
2018/8/06
肉バル業態における売上アップ対策(集客編)
  • ★収益性
  • 利益・収益UP

肉バル業態が誕生し10年近くになりますが、新たな集客対策が必要なお店が増えてきています。

今回は、集客対策に絞ってお話させていただきます。

 

飲食店のお客様にはたった2種類のお客様しか存在しません。

それは「リピーター」と「新規顧客」です。

 

どんな飲食店においてもこの2種類のお客様に対する集客活動は必要になります。

 

①リピーター作りのための販促活動

「3回安定10回固定」という考え方がありますが、3回連続来店してもらうことで自店の安定顧客になっていきます。そのためには初回来店したお客様にいかにして2回目、3回目の来店を促すのかが、重要です。一般的には初回来店を獲得するコストは高いため、高いコストをかけて獲得した顧客を離反させずに2回目、3回目に誘導することにまずは集中することが大切です。

 

②新規客の獲得

どんなにリピーター対策が万全だったとしてもリピート率100%ということはないため、店舗を長く続けていくためには絶えず新規顧客の獲得活動をし続ける必要があります。

そして、上述したとおり新規顧客の獲得にはコストがかかります。

ポータルサイトなどで広告宣伝活動を行ったり、ポスティング活動、ファックスDMの送信などを行ったりすることは、特に「需要期入口のタイミング」では重要になります。

 

上記活動を年末に向けて計画を立てて実行いただければと思います。

また、繁盛肉バルが実践する「経営手法」についてご興味のある方は、下記(無料)レポートも併せてご一読くださいませ。

 

 

【成功事例 無料レポート】

いまや大繁盛店のニクバルとなり、店舗展開を進める「炭火とワイン」

(7店舗目となる京都店は繁忙月には月商1500万円(約40坪)を達成)

なぜ「炭火とワイン」は繁盛するニクバルになったのか!?

 

http://www.funaisoken.co.jp/restaurant/funai-food-business/032370_lp.html

執筆者
小島 佑太
プロフィール
地方経営者様向け!四国の地方駅前で驚きの売上2500万円達成!大繁盛セミナーのご案内
外食
2018/7/12
地方経営者様向け!四国の地方駅前で驚きの売上2500万円達成!大繁盛セミナーのご案内
  • ★収益性
  • ★生産性
  • 利益・収益UP

本日は最高月商2500万円(営業利益額500万円)を四国の地方駅前立地で実現している、

肉バル大繁盛店の成功事例を徹底公開するセミナーのご案内です。

 

今回セミナーに登壇頂きますのは

徳島県で飲食店を複数店舗展開されております

有限会社 食プランニング

代表取締役 渡辺勇樹氏 でございます。

 

2013年12月にオープンした、ステーキを主力とした肉バル「わたなべ精肉店」は、

オープンから4年後の201712月に過去最高月商となる2500万円を達成しました。

さらに今年はその過去最高記録を大きく更新する【月商3000万円】を目指した取組も準備中です。

 

オープン当初は1フロア32坪で2フロアで事業をスタートされました。当時の月商は900万円。

とにかく集客にこだわり食材原価を多く投入して顧客満足の向上に努めたため

当初は営業利益に関しては課題がありました。

 

しかしその結果、顧客満足度の高さには「手ごたえ」を感じていたため、スグに増床を決意。

ビルの3F、4Fを利用して宴会席や個室席を作り、「個室ニーズ」「宴会ニーズ」「2次会ニーズ」の獲得に成功。これにより、月商は1200~1300万円までに成長する事が出来ました。

 

セミナーでは

1,顧客の利用動機を複数持つ事による安定した集客の方法

2,顧客満足度の高い食材について

3,予算のわかりやすさの訴求

4,目的来店性を付加する商品クオリティについて

5,四国の地方駅前立地で予約率70%を超える秘訣

6,日販最大限化の秘訣

7,月8休み、年2回賞与で人件費率13%のマネジメント方法

 

等について

最高月商2500万円にまで至る具体的な打ち手を渡辺様に公開して頂きます。

 

なかなかここまでのびっくり大繁盛事例を経営者自らが登壇し、語るセミナーは他にはないでしょう。

是非、地方の駅前でご商売をされております飲食店経営者の方は本セミナーに参加して、自店の業績アップのきっかけにして頂ければと思います。

 

お席には限りがございますので、お早めに下記よりお申込み下さいませ。

 

【本セミナーの申し込みページ】

http://www.funaisoken.co.jp/restaurant/funai-food-business/032371_lp.html

◆開催日時:2018年7月26日(木)13:00~17:00

◆場所:船井総研 丸の内オフィス

◆料金 一般企業様:25,000円(税抜)/ 会員企業様:20,000円(税抜)

 

執筆者
小島 佑太
プロフィール
繁盛期月商2,500万円!四国の地方駅前で大繁盛している肉バルが実践していること
外食
2018/6/27
繁盛期月商2,500万円!四国の地方駅前で大繁盛している肉バルが実践していること
  • ★収益性
  • ★生産性
  • 利益・収益UP
  • 新業態

 

本日は最高月商2500万円、営業利益額500万円を四国の地方駅前立地で達成している、

肉バル経営者に「繁盛の秘密」を公開いただくセミナーのご案内です。

 

今回セミナーでご登壇頂きますのは

徳島県で9業種9業態の飲食店を展開されております

有限会社 食プランニング

代表取締役 渡辺勇樹氏 でございます。

 

2013年12月にオープンした、ステーキを主力とした肉バルである

「わたなべ精肉店」

市場での競争が激しい外食業界では、オープン年の売上が最高月商となる店舗が多い中

オープンをしてから4年後の201712月に最高月商となる2500万円を達成しています。

 

開業当初は1フロア32坪の駅前ビルを2フロア使って月商が900万円。

とにかく集客にこだわり食材原価を多く投入して顧客満足度の向上に努めたため

当初は利益率に関しては課題がありました。

 

一方で「顧客満足度」に対しての手ごたえを感じていたので、秋には増床を決意。

ビルの3F、4Fを利用して宴会席や個室席を作り、「個室ニーズ」「宴会ニーズ」「2次会ニーズ」の獲得に成功。これにより、月商は1200~1300万円までに成長する事が出来ました。

 

その後もメニューのブラッシュアップ等を繰り返し、現在は繁忙月である12月には月商2500万円を達成するスーパー繁盛店に飛躍されました。

 

セミナーでは

1,顧客の利用動機を複数持つ事による安定した集客の方法

2,顧客満足度の高い食材について

3,予算のわかりやすさの訴求

4,目的来店性を付加する商品クオリティについて

5,四国の地方駅前立地で予約率70%を超える秘訣

6,日販最大限化の秘訣

7,月8休み、年2回賞与で人件費率13%のマネジメント方法

 

これらを中心に渡辺社長にご講演頂きます。

 

是非、地方の駅前でご商売をされております飲食店経営者様は本セミナーにご参加して頂ければと思います。

 

【本セミナーの申し込みページ】

http://www.funaisoken.co.jp/restaurant/funai-food-business/032371_lp.html

◆開催日時:2018年7月26日(木)13:00~17:00

◆場所:船井総研 丸の内オフィス

◆料金 一般企業様:25,000円(税抜)/ 会員企業様:20,000円(税抜)

執筆者
小島 佑太
プロフィール