| 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
原価率と食材ロス
給食
2018/6/29
原価率と食材ロス

みなさん、こんにちは。
シニアフードチームの宮崎です。
 
「原価」の考え方、ということで
本日はお弁当の商品力を上げるための原価の
考え方についてお伝え致します。
 
設定原価を設け、その基準通りに商品を作って
お届けできた!と思っている方は
お客様の元へ、その掛けたと思っている原価が
全て届いていますか?
 
要するに
仕込みすぎのロス
作りすぎのロス
廃棄のロス
売れ残りのロス など…
 
上記の食材の無駄は起きていませんか?
 
食材原価はただかければいいものではありません。
 
勿論、かかる経費は食材原価だけではありませんので、
人件費、販管費など合理化する必要があります。
 
合理化した上で食材原価の比率を上げるという
考え方は必要です。
 
ただ、
 
伸びている企業は原価をかけているとはいえ、
他社と比べて5%も10%も上げている、
というわけではございません。
 
 
業績を伸ばしている会社程、
原価とロス管理が徹底されていますし、
逆にいうとそのブラックボックスを
解明できていない会社が
利益体質を作ることは非常に難しいです。
 
改めて自社の原価管理の見直し、そして
食材ロスの管理を見直してみては
いかがでしょうか?

執筆者
宮崎 亜沙美
プロフィール
経費合理化のフローとは?
宅配
給食
2018/1/30
経費合理化のフローとは?

皆様こんにちは。
 
給食会社の経費の多くは原材料費と人件費で構成されております。
 
今回は人件費、
特に「製造人件費」について触れていきます。
 
仕込み、調理、盛り付け、炊飯
 
これらの工程において
各従業員がそれぞれの工程に何分かけているのかを
正確にとらえていらっしゃいますでしょうか?
 
経費の合理化をしていくには
現状を正しく捉えることが重要です。

執筆者
宮崎 亜沙美
プロフィール
【最新事例】人不足でも売上を伸ばしたい!人の要らない社食事業とは?
給食
2018/8/01
【最新事例】人不足でも売上を伸ばしたい!人の要らない社食事業とは?

こんにちは。いつもありがとうございます。
シニアフードチームの宮崎です。
 
■未曾有の人財不足の時代へ
業種や規模問わず、
人がいない・採用できない・応募が来ない時代
に突入しています。
人が取れないから売上が伸びない、伸ばせない
では企業が永続できない時代になっているのです。
 
■現地人員0人ビュッフェ型社員食堂とは?
社員食堂と聞くと、大きな設備投資に加え大きなスペース
調理員や給仕者の派遣等、
大企業が導入するものというイメージを
持たれている方も多いのではないでしょうか。
 
この事業は現地に人を派遣せず、設備投資も要らない
机2つ分のスペースがあれば
20人規模の企業でも導入できる新しい社員食堂なのです。
 
 
■0人社食参入で成功した企業とは?
現地に給仕者を派遣せずに
社員食堂を提供できるビジネスに参入し、
事業年商2億円、営業利益率25%を達成した
会社様がいらっしゃいます。
 
その会社様は京都で惣菜店を営む
株式会社きっちんカンパニー様です。
この事業の成功の秘訣は3つ挙げられます。
 
投資0新規採用0で、既存の商品を活用して参入できたこと
・同様のサービスを提供している同業他社が少ないこと
福利厚生の需要の高まりと共に社員食堂のニーズが増えていること
 
つまり既存の資源と人員を活かし、伸びる市場へ、いち早く参入し、
展開されていらっしゃる企業様なのです。
 
■福利厚生のニーズと共に伸びる市場、社食
人不足の時代、と申し上げましたがそれはどんな企業でも
同様に降りかかる問題です。
 
そのような時代で、
福利厚生を充実させようという動きが広がっています。
社員の定着にも効果がでる福利厚生の中でも、
特に”食事”に着目が集まっています。
 
福利厚生(食事)
従来の方法より簡単に取り入れられるサービスとあって、
非常に喜ばれているビジネスでもあるのです。
 
■事業の立ち上げ方や、伸ばし方は?
実際に事業立ち上げるまでのストーリーや、
その後顧客を獲得した方法等、この事業の成功事例について、
株式会社きっちんカンパニーの森田社長に
特別ゲスト講師としてご登壇頂けるセミナー

以下の通り開催することとなりました。
 
是非この機会をお見逃しなく!
 
皆様にお会いできますことを楽しみにしております!
 
■セミナー開催要項
「現地人員0人ビュッフェ型社員食堂セミナー」
日時:10月4日(大阪)・10月5日(東京)
主宰:船井総合研究所

執筆者
宮崎 亜沙美
プロフィール
自社弁当の商品力の強み、根拠はありますか?
給食
2018/3/01
自社弁当の商品力の強み、根拠はありますか?

こんにちは。シニアフードチームの宮崎です。
 
突然ですが、自社のお弁当に誇りを持たれている会社様は多いのではないでしょうか。
 
うちは地元の味付けで勝負している。
おかずの多さを売りにしている。
ご飯の量ではどこにも負けない。
何より価格が安い等色々な強みがあるでしょう。
 
では、その強みと感じられている部分は、自社の商圏内の他社弁当と比べて本当に強みと言えるようになっているでしょうか?
 
美味しさの指標は残念ながら、人それぞれですので数値では計り知れない部分が多いです。
 
ただ、弁当の価値をひとつボリュームという観点で捉えるならば
おかずの数や一つ一つの重さ、ご飯の量、色味等
ある一定の基準を設けて数値化し、
自社の弁当そして他社弁当を徹底的に知るという過程は
必ず行うべきです。
 
強みを明確に持つこと、
そして強みの根拠を知ることでお客様への訴求もしやすくなります。
 
本日は既に強みが見つかっている方も、
これから弁当事業に繰り出すために商品設定を行いたい方にも、
自社の商品設定に最適な商品力の考え方について
お伝え致します。

執筆者
宮崎 亜沙美
プロフィール
WEBを活用出来てますか?給食業におけるBtoBマーケティング
給食
2018/8/17
WEBを活用出来てますか?給食業におけるBtoBマーケティング

みなさん、こんにちは。
いつもお読み頂きありがとうございます。
 
船井総研の宮崎です。
 
本日は、給食業の特にBtoB事業におけるWEBマーケティングについてお伝え致します。

執筆者
宮崎 亜沙美
プロフィール