経営コンサルタントのお役立ちコラム一覧 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
吉田雄飛

京都府出身。新卒で株式会社船井総合研究所に入社。
食品メーカー、BtoB営業、人材採用のコンサルを経て、
現在ではスイーツ業界のコンサルティングに従事している。
中でもWEB集客、メディア戦略に強みを持ち、日々業績向上に努める。

メルマガ初公開!競合が多い立地でも高収益化に成功した単品スイーツ専門店とは?
スイーツ
2018/11/19
メルマガ初公開!競合が多い立地でも高収益化に成功した単品スイーツ専門店とは?

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
船井総合研究所スイーツチームの吉田です。
 
スイーツ業界のライフサイクルは既に成熟期を迎えており、
市場規模は年々下がり傾向となっていますが、一部では、単品スイーツ専門店のオープンが続出しており、成功事例が相次いでいます。
 
その中でも、今回紹介させていただくのは、メルマガでは初公開の最新の事例!2018年7月に埼玉県川越市にオープンした「川越プリン」様です。川越プリン様は、店舗坪数9坪(売り場3坪、厨房6坪)、初期投資1500万と低投資で出店。埼玉県川越市の観光客数は662万人、観光地の中では比較的観光客数が多い好立地になりますが、競合のスイーツ店や食べ歩きの店舗が多く出店しており、さらに、景観条例が厳しいため、大きな看板を使用できない等の障壁がありました。
 
そんな障壁を乗り越え、オープンから3ヶ月経った先月10月の最高日販は70万、1日の客数は1000人を超え、月販700万を超える繁盛店となりました。
 
川越市は東京や神奈川からの流入が多く、平均来訪回数が他の観光地比べても多いことから、お客様の感度は高く、日々良いモノに触れる機会ある方が多い立地とも言えます。
 
このような状況では特に、ライフサイクルを意識した単品専門店という業態での出店が成功確率が高くなっております。
 
また、川越市という立地の特性に合わせてテイクアウトを強化した戦略を立て、一番商品のプリン以外にも地元素材を使った「川越芋のモンブランソフトクリーム」が第二の集客集品となりました。
 
オープン以来、販促にも注力しており、4か月間でメディア向け試食会を1回、プレスリリースは月一ペースで実施することにより、売上はベースで伸び傾向。
単品専門店に限らず、販促手法としてのメディア向け試食会やプレスリリースはコストが非常に安価なことから、チラシなどと比べると費用対効果が高くなる傾向があります。
 
以上、今回の川越プリン様の成功のポイントをまとめると以下の3点になります。
 
① ライフサイクルに合った単品専門店の出店
② 立地の特性に合わせた業態付加
③ 月1回ペースでのプレスリリース実施
 
成熟期を迎えたスイーツ業界でも上記のポイントを抑えることで、低投資、高収益の事業を立ち上げることが可能になります。
 
以上、単品専門店業態のポイントはまだまだ御座いますが、単品専門店の業態についてご興味を持った!という方、もっと詳しく話を聞いてみたい!という方はこちらにお問い合わせ下さい。
 
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-foodstuffs-inquiry.html#_ga=2.34556641.1324710270.1541728772-497861613.1527937910

執筆者
吉田雄飛
プロフィール

もう待ったなし!2020年改正の食品表示法対策はできていますか?
スイーツ
食品
2018/11/01
もう待ったなし!2020年改正の食品表示法対策はできていますか?

皆様もご存じのことかと思いますが、2020年4月に食品表示法が改正されます。

しかし、実際にどのように変化していくのかよく分からないといった方もいるのではないでしょうか。もともと食品表示法は、2015年にJAS法と食品衛生法が統合され、新たに施行された法律になります。そして2016年、製造所固有記号制度が施行されたことで、土産市場には大きな変化が予測されます。
新基準では、2か所以上の製造所で製造していない場合は、製造所固有記号が使えなくなりました。いわゆるレール菓子といわれてきた土産品が「大阪土産なのに、製造所は福岡」といったケースがこれにあたります。これまでの基準で販売していたPB商品やOEM商品、土産商品などに大きな影響が出ることが予測されます。

 

特に販売者住所を基本として商品展開をしている土産業界では事態は深刻です。

空港などでお土産を見ていますと、既に製造所固有記号制度に対応して製造者表記がその地でつくられたものでないケースもみられます。やはり消費者としては違和感を拭えず、観光土産として選ばれることは減っていくことでしょう。

 

実際に駅や空港の土産品売場ではレール菓子の売場を縮小する動きが高まっており、バイヤーの仕入れ方針も変わってきています。

そのような中で、市場の変化をチャンスと捉え、観光菓子マーケットに新規参入する企業が増えています。

日光で土産卸事業を行っている株式会社ダイエー 川口社長は、製造所固有記号の対策から日光での製造、日光でしか食べられないといった観光地でのスイーツ製造直売の業態に参入されました。今では行列のできるプリン専門店として日光の新名物となり、今期年商1億円を見込みます。11月29日(木)、川口社長の製造所固有記号の対策についてのお考えや、名物土産誕生秘話について、川口社長にご講演いただきます。

 

製造所固有記号制度の対応で悩まれている経営者様は是非ご参加いただければと思います。

 

講演会の詳細は下記をご確認ください。

http://sem.funai-food-business.com/seminar/038312/

食品表示法の改正がきっかけで始めたプリン専門店が

行列のできる名物土産に成長!年商1億円を狙う!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

土産卸は観光地に単品スイーツ製造直売店を出店し儲けましょう!

「食品表示法の改正がきっかけで始めたプリン専門店で年商1億円を狙う」

 

セミナー開催日:2018年11月29日(木)

場所     :船井総研五反田オフィス(東京都品川区西五反田6-12-1)

時間     :13:00~16:30

ご費用    :一般企業:30,000円(税抜)/ 会員企業:24,000円(税抜)

 

お申込みはコチラからhttp://sem.funai-food-business.com/seminar/038312/

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

執筆者
吉田雄飛
プロフィール

日光土産の定番となった「日光ぷりん亭」がプリンを選んだ理由とは?
スイーツ
2018/10/01
日光土産の定番となった「日光ぷりん亭」がプリンを選んだ理由とは?

皆様こんにちは、船井総合研究所スィーツチームの吉田です。

 

日光の定番土産として選ばれる日光のプリン専門店 「日光ぷりん亭」。

 

日光で最高日販60万を超える行列のできるプリン専門店として有名になりましたが、

当初は、自社製造品(チーズケーキ、カステラ等の焼き菓子)の専門店を

考えていたと「日光ぷりん亭」をプロデュースされた

(株)ダイエーの川口社長は言います。

 

では、なぜプリンの専門店を立ち上げることにしたのか。

 

日光は12月~2月の冬の時期には季節指数が大きく下がる立地です。

そこで、川口社長はオフジーズンでも売れる商品選定が重要だと考えました。

 

また、日光には既にチーズケーキの競合店があり、

チーズケーキを単品として選定するのは難しいと考えました。

 

日光の空白マーケットである商品は何か。

冬でも季節性に合わせた商品開発がし易い商品は何か。

 

最終的には、競合店の調査結果や洋菓子の市場規模から

プリンを単品の商品として選定し、プリン専門店の業態を

立ち上げることにしたそうです。

 

単品選定のポイントは次のとおりになります。

①マーケットの大きい商品であること

②出店観光立地に競合がいない商品であること

③季節性に対応可能な商品であること

 

その他の商品選定ポイントとして、賞味期限や製造効率性など挙げられますが、

日光ぷりん亭を運営する株式会社ダイエーの川口社長にご講演いただける機会を

設けさせていただきました。

 

食品表示法の改正への対応検討されている経営者様、

既存事業とは別に新たな収益の柱を持ちたいと考えられている経営者様、

スイーツ事業の参入を考えられている経営者様には、

大いに参考になることは間違いないと考えております。

 

詳細は以下よりご確認くださいませ。

 

食品表示法の改正がきっかけで始めたプリン専門店が

行列のできる名物土産に成長!年商1億円を狙う!

 

http://sem.funai-food-business.com/seminar/038312/

 

※本セミナーは9月14日に開催予定でしたが、会場の都合により11月29日(木)に

変更させていただくこととなりました。既にお申込みをいただいていたお客様には

大変申し訳ございません。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

土産卸は観光地に単品スイーツ製造直売店を出店し儲けましょう!

「食品表示法の改正がきっかけで始めたプリン専門店で年商1億円を狙う」

 

セミナー開催日:2018年11月29日(木)

場所     :船井総研五反田オフィス(東京都品川区西五反田6-12-1)

時間     :13:00~16:30

ご費用    :一般企業:30,000円(税抜)/ 会員企業:24,000円(税抜)

 

お申込みはコチラから

http://sem.funai-food-business.com/seminar/038312/

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

執筆者
吉田雄飛
プロフィール

日光東照宮近くの観光立地で単品スイーツ専門店に参入! 成功の秘訣とは?
スイーツ
2018/8/22
日光東照宮近くの観光立地で単品スイーツ専門店に参入! 成功の秘訣とは?

皆様こんにちは、いつもメルマガを

ご愛読いただきありがとうございます。

船井総合研究所、スイーツチームの吉田雄飛です。

 

弊社から何度かメールマガジンや研究会で皆様に

お伝えさせていただいてる単品スイーツ専門店ですが、

観光菓子マーケットに単品スイーツ専門店で参入した成功事例が続々と出てきています!

 

本メルマガではその中で栃木県日光市、日光東照宮近くで単品スイーツ専門店に

参入した成功事例をご紹介いたします。

 

今回ご紹介させていただくのは、株式会社ダイエー様 代表取締役 川口社長

プロデュースの「日光ぷりん亭」様。

 

もともと土産卸をされている企業様でしたが、食品表示法の改正がきっかけで

単品スイーツ専門店業態へ参入を決意されたそうです。

 

単品の商品はプリン。7坪の小さな店で日販は60万円、月商は600万円、

粗利率は60%を超えます。

 

オープンから多数の全国メディアの取材が続く日光の新名物として定着し、

今年の冬にはJR宇都宮駅への出店を予定されています。

 

このように単品スイーツ専門店の成功事例となりましたが、参入前は、

どのような立地に出店すればよいのか、どんな単品を選定すればよいのか、

また、店舗のオペレーションなど多くの不安があったと川口社長は語ります。

 

皆様の中にも、単品スイーツ専門店に興味は持っているが、同じような不安がある、

という方も大勢いらっしゃるかと思います。

 

そこで、日光ぷりん亭の成功の秘訣を川口社長にご講演いただくことが

決定いたしました!

 

川口社長も弊社のセミナーがきっかけで単品スイーツ専門店の業態を始めたと語ります。

 

単品専門店立ち上げ時の苦労話や、なぜプリンを選んだのか、商品開発や人員体制、

オープンまでのスケジュール等、成功のポイントを詳しくお話していただきます!

 

単品スイーツ専門店の最新事例を是非聞いてみたい!という経営者様は是非、

下記、講演会の詳細をご確認くださいませ。

http://sem.funai-food-business.com/seminar/035161/

 

 

執筆者
吉田雄飛
プロフィール