経営コンサルタントのお役立ちコラム一覧 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久

食品専門店の店舗開発や活性化のコンサルティング支援を行っている。なかでも、卵、豚肉、豆腐などの生産者・中小食品メーカーの直売店開発支援では定評がある。
「即時業績向上」「力相応」をモットーに、すぐに実践できる実現可能な提案を行っています。「生産者、メーカーの自立」をポリシーに、中小企業が市場価格や卸先の影響に負けないで永続できる企業になるためのコンサルティングを行っています。

ネット売上月商100万円を目指すネット通販におけるスマホ対策
スイーツ
食品
2018/1/24
ネット売上月商100万円を目指すネット通販におけるスマホ対策

 

いつもご愛読頂きありがとうございます。
前回は「重要!今でしょ!2018年ネット通販・WEB集客において早期に取り組みたいWEB対策」ということで自社サイトのスマホ対応の重要性について
お話をさせていただきました。

 

今回は「スマホ活用で月商100万円を目指す」というスマホ対応でも特にネット通販にフォーカスをあてたテーマでお話をさせていただきます。

 

まず、ネット通販、ネット販売のビジネスを成功させるのは、他の様々な商売と同様に、適切な努力と「頭とお金と時間」を使いさえすれば、欲しい成果を実現できるということを念頭に置いておいて下さい。
では、何故スマホ対応することで売上アップに繋がるのか?

 

【基本的な考え方】
ネットショップの売上の公式=客数×購入率×客単価

 

ネット通販において客数(セッション数)を伸ばす施策は、Web広告の活用やメディアに取り上げられることがあります。客数を伸ばそうと沢山の費用を投入してWEB広告をしたとしましょう。しかし、TOPページ=ネットショップの売り場がお客様にとって、商品を購買し難い環境だと、離脱率が増え、せっかく投入したWeb広告費も無駄になってしまいます。先ずは、購入率改善ファーストです。
その中でも早期に各社で購入率改善の為に取り組まなければならないことが、スマホ対応なのです。
船井総研のご支援先各社の媒体別のアクセス比率をみると、スマホ7割、PC3割と圧倒的にスマホからネットでお買い物をしているお客様が増えていることがわかります。

 

船井総研では、お客様にとって使い易いTOPページ・商品ページにはどの様なコンテンツが必要か300社以上のネットショップをルール化し当たりパターンを導き出しています。
勘違いして欲しくないのがスマホ対応ページの作成=レシポンシブ対応です。
大手企業様のネットショップを見ればスマホサイトとPCサイトは別々に作成されています。
これには、Web制作会社が教えてくれない重要な理由があるのです。

 

続きが気になる方はお気軽に下記の無料経営相談にお申込み下さい。

 

朗報です。船井総研では各社取組み始めているネットショップ・店舗集客サイトそれぞれの成功パターンをルール化、フォーマット化しており、皆様にご提供することが可能です。こちらは研究会パートナー会員様の株式会社イーナ様と連携をして開発いたしました。

 

(左記:ネットショップスマホサイトのフレーム
右記:店舗スマホサイトのフレーム)

 

まずはスマートフォンサイトのTOPページから整えることをお勧めします。
TOPページのみで、20万円程の費用で成功パターンのスマホサイトを構築できますので是非ともご検討ください。

 

ECサイト最適化無料レポート

 

今週もお読みいただきありがとうございました。

 

無料経営相談へのお申込み

 

【担当者連絡先:toshiaki-sakamoto@funaisoken.co.jp】

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール

重要!今でしょ!2018年ネット通販・WEB集客において早期に取り組みたいWEB対策
スイーツ
食品
2018/1/16
重要!今でしょ!2018年ネット通販・WEB集客において早期に取り組みたいWEB対策

 

いつもご愛読頂きありがとうございます。

 

2018年が始まり経営者の皆様は、本年もお客様のため従業員のためを想い

「良い品、良い人、良い会社つくり」への挑戦を心に秘めていることでしょう。

そんな皆様方に朗報です。船井総研のコンサルタントが提言する、

2018年まず皆様に取り組んでいただきたいことは「自社サイトのスマホ対応化」です。

2017年を振り返るとネットショップにおけるスマートフォンでの訪問客数が、

商材別にみてもほとんど6割を超えており、

特にスイーツなどの若者向けの商材は7割近くスマートフォンでの閲覧となっています。

 

(出典)総務省「通信利用動向調査」

 

「通信利用動向調査」よりパソコンの利用比率は、

年々下がっており2010年と比較すると5.6%減少している。

スマートフォンの使用比率は2010年と比較すると62.3%上がっている。

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

ある企業でのスマホ対策前と対策後ではネットショップの売上が2.7倍の差になっております。

 

更に2016年にGoogleは、Mobile First Index(モバイル ファースト インデックス)の

導入を正式にアナウンスしました。

モバイル向けページがプライマリ(主)となり、

PC向けページがセカンダリ(副)になるのです。

参考URL:https://www.suzukikenichi.com/blog/google-introduces-mobile-first-index/

このような話を聞くと、普段WEBサイトの運営は、WEB担当者に任せっきりで

正直「スマホ対応」と言われてもよくわからないという方が多いでしょう。

 

そんな方は、今すぐに自社のサイト(ネットショップ・実店舗紹介サイト)が

スマホ対応しているか確認してみましょう。

WEB上でも実店舗と同じように接客が必要であると認識されていますか?

例えばネットショップのサイトをスマホで見た方、

ネットショップにお客様が訪れた際に「見易く文字の大きさが適切であるのか?

クリックし易い大きさであるか?

適切なTOPページの構成であるか?」

 

確認できましたか。
そもそもスマホ対応していなかったという方、大丈夫です!

まだ間に合います!
食品ビジネス経営研究会、スイーツビジネス経営研究会の会員企業様には

先日の総会でお伝えしたのですが、

船井総研では128社食品ビジネス・スィーツビジネス調査を実施しました。

しかし、平均値62点とスマホ対応できていない企業様が多くみられたのが現状です。

 

無料でスマホ診断実施中!

ご興味のある方は下記の無料経営相談にお気軽にお申込み下さい!

 

【スマホ診断評価シート:ネットショップver】

 

船井総研では、各社取組み始めているネットショップ・店舗集客サイト

それぞれの成功パターンをルール化、フォーマット化しており、

皆様にご提供することが可能です。

こちらは研究会パートナー会員様の株式会社イーナ様と連携をして開発いたしました。

 

(左記:ネットショップスマホサイトのフレーム

右記:店舗スマホサイトのフレーム)

 

まずはスマートフォンサイトのTOPページから整えることをお勧めします。

TOPページのみで、通常25万円かかるところを20万円程の費用で成功パターンのスマホサイトを構築できますので是非ともご検討ください。

 

ECサイト最適化無料レポート

 

今週もお読みいただきありがとうございました。

 

無料経営相談へのお申込み

 

【担当者連絡先:toshiaki-sakamoto@funaisoken.co.jp】

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール

観光マーケットを活用したブランディング
食品
2017/11/16
観光マーケットを活用したブランディング
執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール

日本一のたまご直売店が大切にする考えは、『お客様の要望には対応しないが、お客様の願望は満たす!』
食品
一次産業
2017/7/25
日本一のたまご直売店が大切にする考えは、『お客様の要望には対応しないが、お客様の願望は満たす!』
熊本県北部の過疎が進む農村地帯に、早朝から車や観光バスが押し寄せる日本一の卵の直売所が養鶏企業コッコファームの直売店「たまご庵」になります。
 
お目当ては、一箱に3キロも入った「朝取りたまご」。
1,200円もする箱入りの生卵が飛ぶように売れて行く…週末ともなると、その数なんと1日1,000箱を超えます。
 
卵を売るだけでなく、鶏肉や卵を使った様々な加工食品を販売しています。卵サンドイッチやオムライスに厚焼き卵、スイーツ等々、まさに“卵尽くしの農業ビジネス”で施設年商10億円、年間100万人以上の人を集め続けています。
 
そんな「たまご庵」でも圧倒的な人気を誇る商品が、1箱1,200円で、1日1,500箱以上も販売したこともあるダンボールに入った「生卵3kg」です。
 
今でこそ、大人気の商品ですが、販売開始をする20年以上前は社内でも「卵が割れる」「絶対に売れない」と猛反対でした。
 
当時はバブル期のなごりもあり過剰包装が主流で直売店でも高級感を重んじて幾重にも卵を包み販売を行っていました。
 
そのような中、この商品を販売することになったのは、卵の直売店を立ち上げ、卵の品ぞろえで勝負しようとしても直売店は閑古鳥が鳴きっぱなしの時。
 
「お客様は何を望んでいるのか?何を提供すればお客様のニーズにこたえることができるのか?」を考え抜いて出た、
「サイズや規格は無視して朝とれた卵を段ボールに一緒に入れて売ってみてはどうだろう。お客様は見かけではなく生産者から直接買うことを求めているのではないか!」
という結論から販売を決定しました。
執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール