経営コンサルタントのお役立ちコラム一覧 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久

食品専門店の店舗開発や活性化のコンサルティング支援を行っている。なかでも、卵、豚肉、豆腐などの生産者・中小食品メーカーの直売店開発支援では定評がある。
「即時業績向上」「力相応」をモットーに、すぐに実践できる実現可能な提案を行っています。「生産者、メーカーの自立」をポリシーに、中小企業が市場価格や卸先の影響に負けないで永続できる企業になるためのコンサルティングを行っています。

モノを売るな!体験を売れ!顧客も社員もファンになるコト売りマーケティング
食品
一次産業
2019/1/30
モノを売るな!体験を売れ!顧客も社員もファンになるコト売りマーケティング

今回のメルマガのテーマは顧客も社員もファンになる「コト」売りマーケティングです。

 

コンビニエンスストア全盛の時代、あらゆる商品は24時間どこでも手に入るようになりました。そんな時代の中で商品の品質を上げるだけで競合他社との差別化は難しくなっています。

 

そのような時代に必要なのは「熱心なファン」をつくることです。

 

では、どのようにして自分達のファンをつくるのか?

 

答えは「感動的な経験」をお客様に提供することになります。

 

単純に商品を提供するだけではなかなか“感動的な経験”を提供することは難しい時代です。なので、経験・体験、情報と共に商品を提供することが必要になるのです。

 

1次産業の中では有名な三重県にある年間100万人を集める農業テーマパークの「モクモク手づくりファーム」では「感動的な経験」を提供する「ウインナー体験教室」を行って年間10万人以上の参加があり、熱心なファンをつくっています。

 

そして、食品メーカーでもこの「コト売り」を実現するために直売店をリニューアルして店舗売上を3倍、しかも利益も3倍にすることに成功している企業があります。

 

その取り組みをされているのが福井県にある「株式会社 米五」です。

 

物販だけのお店に味を体験してもらう「カフェ」と「体験教室」を店舗に加え、お客様だけではなく、社員も企業のファンになるという成果を出されています。

 

人口が減少し、消費が減るだけでなく、採用難のこの時代には、顧客だけではなく、会社で働く人の企業へのロイヤリティを高める取り組みは今後ますます必要になってくるでしょう。

 

自分達が働く企業が大好きなお客様とコミュニケーションをとることで自分達が働いていることの意味や重要性を実感します。

 

そんな場所をこれからメーカーは提供することがますます必要になってくるでしょう。

 

単純に利益の出る販路というだけではなく、「コト」を伝えてファンをつくりだす直売店の開発をぜひ目指していただきたいと思います。

 

 

今回のコラムで触れました米五の成功の秘訣を社長自らお話しいただくセミナーがございます。

ご興味ある方は下記のレポートをぜひお読みください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://sem.funai-food-business.com/seminar/040862/#_ga=2.19962488.1595952828.1548375235-58300738.1523939004

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール

売れる売場の法則
スイーツ
食品
2018/10/30
売れる売場の法則

皆様、こんにちは船井総合研究所の前田輝久です。

 

今回は売場づくりのポイントをお伝えします。

 

売場づくりで大切なのは、“きれいな売場”、“面白い売場”ではなく、

“売れる売場”をつくることです。

 

売れる売場づくりで最初に取り組まなければならないのは

「何を売るか!」ということです。

 

このポイントが抑えられていない売場はカラーマーチャンダイジングに

こだわったり、様々な面白い仕掛けをしても売上にはなかなかつながりません。

 

では、何を売ればよいのか?というと、「売れているもの」が答えです。

 

「ベストセラー商品をベストポジションで売る」というのが売れる

売場づくりの基本的な考え方になります。

 

ベストセラーとはお店で最も売れているもの、お客様がそのお店に来る

理由になっている商品ということになります。

 

船井総研では経営の成功法則で「長所伸展」というものがあります。

 

良いところを伸ばすことが経営で最も効率的という考え方です。

 

売場についてもこの長所伸展という考え方は当てはまります。

 

なので、「お店で売れているもの」、「売上が伸びているもの」を

売る売場が最も効率的な売場になるのです。

 

次にベストポジションというのは、売場でモノが動く場所になります。

 

多くのお店では、店舗の入口すぐの場所、そしてレジ前になります。

 

洋菓子のショーケースでもお客様が最も目のいく場所がベストポジションになります。

 

つまり、多くのお客様の目に触れる場所こそがベストポジションになります。

 

もっとも簡単な発見方法は、お店でお客様が最も通る場所を探すことになります。

 

この原則を外すと、どんなにきれいな売場や変わった売場をつくっても

なかなか売上につながりません。

 

逆に売れる商品をあまりお客様が通らない場所に置けばお客様がその場所に

行くのではないか?

 

と考える経営者の方もいらっしゃいますが、あまり効果は見られませんので

気を付けてください。

 

また、売上を伸ばしたい商品があれば、このベストポジションの売れる

商品の横に置くことで、多くのお客様の目に触れて売上が伸びます。

 

この考え方をもとに洋菓子店では、最近生産性の高い売れている焼き菓子を

ベストポジションに展開して売上を伸ばし、販売はもちろん製造の生産性も

同時にあげて利益を出されている企業が出てきているようです。

 

皆様もぜひ、お店の売場を見直して「ベストポジション」を見つけて、

「ベスト商品」を販売してみてください。

 

 

===========================

 

売場を使ったの取り組み方法もご紹介しています。

ぜひ一度お試し参加してみてください。

<スイーツビジネス研究会>

https://funai-food-business.com/biz-confectionery/study/

 

===========================

 

 

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール

【重要】2018年ネット通販・WEB集客において早期に取り組みたいWEB対策
スイーツ
製菓
2018/10/16
【重要】2018年ネット通販・WEB集客において早期に取り組みたいWEB対策

いつもご愛読頂きありがとうございます。
船井総研のコンサルタントが提言する、2018年まず皆様に取り組んでいただきたいことは「自社サイトのスマホ対応化」です。
2017年を振り返るとネットショップにおけるスマートフォンでの訪問客数が、商材別にみてもほとんど6割を超えており、特にスイーツなどの若者向けの商材は7割近くスマートフォンでの閲覧となっています。
 

(出典)総務省「通信利用動向調査」

 
「通信利用動向調査」よりパソコンの利用比率は、年々下がっており2010年と比較すると5.6%減少している。スマートフォンの使用比率は2010年と比較すると62.3%上がっている。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html
 
ある企業でのスマホ対策前と対策後ではネットショップの売上が2.7倍の差になっております。
 
更に2016年にGoogleは、Mobile First Index(モバイル ファースト インデックス)の導入を正式にアナウンスしました。モバイル向けページがプライマリ(主)となり、PC向けページがセカンダリ(副)になるのです。
参考URL:https://www.suzukikenichi.com/blog/google-introduces-mobile-first-index/
 
このような話を聞くと、普段WEBサイトの運営は、WEB担当者に任せっきりで正直「スマホ対応」と言われてもよくわからないという方が多いでしょう。そんな方は、今すぐに自社のサイト(ネットショップ・実店舗紹介サイト)がスマホ対応しているか確認してみましょう。
WEB上でも実店舗と同じように接客が必要であると認識されていますか?
例えばネットショップのサイトをスマホで見た方、ネットショップにお客様が訪れた際に「見易く文字の大きさが適切であるのか?クリックし易い大きさであるか?適切なTOPページの構成であるか?」確認できましたか。
そもそもスマホ対応していなかったという方、大丈夫です!まだ間に合います!食品ビジネス経営研究会、スイーツビジネス経営研究会の会員企業様には
先日の総会でお伝えしたのですが、船井総研では128社食品ビジネス・スィーツビジネス調査を実施しました。しかし、平均値62点とスマホ対応できていない企業様が多くみられたのが現状です。
無料でスマホ診断実施中!ご興味のある方は下記の無料経営相談にお気軽にお申込み下さい!
 

 
【スマホ診断評価シート:ネットショップver】
船井総研では、各社取組み始めているネットショップ・店舗集客サイトそれぞれの成功パターンをルール化、フォーマット化しており、皆様にご提供することが可能です。こちらは研究会パートナー会員様の株式会社イーナ様と連携をして開発いたしました。
 

 
(左記:ネットショップスマホサイトのフレーム
 右記:店舗スマホサイトのフレーム)
まずはスマートフォンサイトのTOPページから整えることをお勧めします。
TOPページのみで、通常25万円かかるところを20万円程の費用で成功パターンのスマホサイトを構築できますので是非ともご検討ください。
 

 
今週もお読みいただきありがとうございました。
 

【担当者連絡先:toshiaki-sakamoto@funaisoken.co.jp】
 

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール

生産規模に関係なく全国で多数出現中のスイーツ工房付き直売店事例紹介
スイーツ
食品
2018/10/12
生産規模に関係なく全国で多数出現中のスイーツ工房付き直売店事例紹介

いつも、当コラムをご愛読して頂きありがとうございます。

船井総研の前田です。

 

今回のコラムでは、

「生産規模に関係なく全国で多数出現中のスイーツ工房付き直売店事例紹介」

というタイトルでお伝えできればと思います。下記成功事例をご紹介いたします。

 

 

<福島県の養鶏家の展開するたまご直売店1店舗で年商2億円/直売比率90%>

 

2014年に店舗オープンし、1年で年商1億円を達成。2年目に年商2億円を達成し、

3年も売上を伸ばし続けている。卵と卵を使ったスイーツを店舗で販売し、

卵だけの直売で年間1億円以上を販売する。(福島県養鶏家)

 

 

<岡山県の養鶏企業の展開するたまご直売店1店舗で

年商1億円を超えるランド発信アンテナ店舗>

 

卵と卵を使ったスイーツを店舗で販売し、直売で年間1億円以上を販売する。

自社のコンセプトを伝えるブランド発信拠点として展開する。(岡山県養鶏家)

 

 

<卵とスイーツの直売店の成功から飲食店舗も展開中!>(愛知県養鶏家)

 

 

全国では生産規模に関係なく成功する直売店が多数出現中です。

 

「直売店をやってみたくなった!」「直売店をもっと強化したい!」、

このように感じた経営者であれば実現できます。

 

生産者の皆様にとって、大変貴重な1日となると思います。

 

目の前の仕事に忙しいと思いますが、ぜひ、今後5年先、10年先の

養鶏業のあり方を見つめなおす1日にしていただければと思います。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

オープンからたった10年たっても大行列!

スイーツ工房付きたまご直売店で直売売上2億円を達成した成功の秘訣

有限会社 瀧田養鶏場 代表取締役 瀧田 稔 氏が登壇!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037793/

 

毎回満員御礼!前回セミナーは50名以上が参加

開催場所は東京(丸の内)です

 

2018年10月22日(月) 13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール