| 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
広報活動に注力したい会社様必見! WEB活用で業績アップ~発信編~
食品
2018/2/26
広報活動に注力したい会社様必見! WEB活用で業績アップ~発信編~

WEB広報活動の法則!WEB活用での業績アップ~発信編~
 
皆さま、こんにちは。
いつもありがとうございます。
船井総研フード部の久嶋です。
 
今回は、WEB広報における情報発信の法則をお伝えします。
 
WEBプレスリリースを月1回打ち続けて2年で売上1.5倍!!
 
WEBプレスリリースを打つたびにHPへのアクセス数3倍!!
 
弊社の会員企業様でこのような数字を出しているわけですが、その特徴は以下の3点でした。
 
① 広報担当者をつける
② 月に一度WEBプレスリリース配信
③ 拡散を最大化させる土台作り
(③は次回~拡散編~にてお伝えします)

執筆者
久嶋裕介
プロフィール
新商品・新規出店企画中の食品メーカーがやるべき広報仕組化!
食品
2018/7/31
新商品・新規出店企画中の食品メーカーがやるべき広報仕組化!

新商品・新規出店企画中の食品メーカー様へ!
 
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
本日は、「新商品を一気に売り出す」「新規出店を認知してもらう」ための広報機能の仕組化についてお話します。
 
皆様の企業では新商品の売り方、新ブランドの周知方法が社内の仕組みになっていますか?
この仕組みがない中で、新商品開発、新規出店を行うと「何となく告知」だけで終わってしまい、イマイチ売れないということがよくあります。
 
社長が関係のあるメディアに声をかけてるだけ…
お取引先やFacebookでは、情報発信してるけど…
 
それだけで中長期的に商品は売れているでしょうか?
新たな取り組みを卸・問屋はもちろんですが、広く消費者にまで伝えなければ、どんな良いものを開発しても長く売れる商品にはなりません。
売れない商品、誰も知らない店舗を使ってブランディングなんてできませんよね。
 
では、どうするのか。
新商品・新ブランドを売り出すためには以下の広報活動を仕組化していくことで中長期的に売れる商品・ブランドになります。
①リアルの場でのコミュニケーション型リリース
⇒メディア関係者向けお披露目会
②ウェブでのプレスリリース
⇒メディアへの配信代行サービスによるプレスリリース
③地元メディアへのプレスリリース
④SNS情報発信管理
 
ここで見ていただきたいデータがあります。
日本人の商品・サービスを選択する際の情報収集源が何かというデータです。
1位 テレビ
2位 WEB(企業のオフィシャルサイト)
3位 WEB(価格比較サイト)
4位 WEB(評判比較サイト)
5位 WEB(情報検索サイト)
出典:「消費者購買動向調査」~リーマンショック以降の日本の消費者の実像~
 
デジタルシフトが進んでいることは言うまでもありませんが、日本人の傾向として「テレビ」の影響力が未だに1番強いことが分かります。
シンプルに言ってしまえば、視聴率の高い全国放送のテレビ番組に取り上げてもらえば一気に売れるというわけです。
 
当然、プレスリリースを行っていても、テレビに取り上げてもらえる確率は低いのが現状です。
そこで、ぜひお試しいただきたいのが①リアルの場でのコミュニケーション型リリースです。
これは、いわゆる「メディア関係者向けお披露目会」であり、メディアの方だけをご招待して新商品のお披露目をするのです。
弊社、食品ビジネス経営研究会の酒蔵様の事例では、
 
・地元新聞社が7社お越しになり、全新聞で掲載
・自治体にも声をかけたことで、新商品を自治体がPRしてくれることが決定
・お披露目会開催2週間で半数が一気に売れる
 
ということが起きました。新聞だけでもこれだけの効果が一度にでるのです。
 
今回は①をご紹介いたしましたが、②③④を中長期的に継続していくことが、新商品の売上、企業のブランディングに繋がります。
 
ご紹介した内容、プレスリリースの書き方を知りたい方はこちらから資料がダウンロードできます。
 
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=food_webknowhow2017
 
 
地方の食品メーカーが店舗集客と通販で直販5億円を達成!
直販参入・観光地集客・広報活動の成功ノウハウを全てお伝えするセミナーが9月3日(月)に開催されます。
ご興味のある方は、ご参加ください。
 
http://sem.funai-food-business.com/seminar/035077/

執筆者
久嶋裕介
プロフィール
観光マーケット獲得に動き出す食品製造業の実態とは!?
食品
2018/6/11
観光マーケット獲得に動き出す食品製造業の実態とは!?

皆さま、こんにちは。
いつもありがとうございます。
船井総合研究所の久嶋です。
 
食品ビジネス経営研究会では、成功企業を直接視察する視察ツアーを年に一度開催しております。
2018年視察ツアーは50名を超す経営者様、現場のスタッフ様からご応募があり、5年連続の満員御礼となりました。
 
残念ながら今回は予定が合わなかった皆様、また当コラムで初めて知った方のためにも、今、食品製造業の経営者が気になっている観光マーケット獲得についてご紹介いたします。

執筆者
久嶋裕介
プロフィール
広報活動を強化したい会社様必見! WEB活用で業績アップ~拡散編~
食品
2018/4/09
広報活動を強化したい会社様必見! WEB活用で業績アップ~拡散編~

WEB広報活動の法則!WEB活用での業績アップ~拡散編~
 
皆さま、こんにちは。
いつもありがとうございます。
船井総研フード部の久嶋です。
 
前回に引き続き、WEB広報における情報発信・拡散の法則をお伝えします。
 
WEBプレスリリースを月1回打ち続けて2年で売上1.5倍!!
 
WEBプレスリリースを打つたびにHPへのアクセス数3倍!!
 
弊社の会員企業様でこのような数字を出す企業がでてきています。
その成功のルールは以下の3点でした。
 
① 広報担当者をつける
② 月に一度WEBプレスリリース配信
③ 拡散を最大化させる土台作り
(① ②は前回~発信編~にてお伝えしています)
→前回をお見逃しの方は、こちらをご覧ください。
https://funai-food-business.com/column/3890/

執筆者
久嶋裕介
プロフィール
スマホ対応で売上1.25倍!1ヶ月で対応可能な売上アップ法
食品
2018/9/21
スマホ対応で売上1.25倍!1ヶ月で対応可能な売上アップ法

スマホサイト対応実施のメリットとは・・・
月間5,000アクセスのオンラインショップを
スマホサイト対応することで、年間どれだけの
売上アップを図ることができるのでしょうか?
 
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
フードSPAグループの久嶋です。
本日は、スマホサイト対応のススメ!!
実際にスマホサイト対応することによる
成功事例をご紹介させていただきます。
 
■WEBの時流はGoogleが握る
WEB担当者に必見Google公式ブログは、
皆様チェックされているでしょうか。
https://webmaster-ja.googleblog.com/
 
こちらの公式ブログでも頻繁に使用される
Googleが重要視する近年のキーワードは
① モバイルフレンドリーインデックス
(スマホサイト対応のことです)
② 常時SSL対応
この2つです。
 
つまり、この2つを必ず実施しなければ
日本の検索エンジンの90%以上を占める
Googleでの評価が下がることは明確です。
※検索エンジンシェアはStatCounterにて算出
http://gs.statcounter.com/
 
■スマホサイト対応に踏み切るには!?
しかしながら、スマホサイト対応自体
まだまだ重要性が認知されておらず
優先順位が後になっているのが現状です。
 
サイトリニューアルのタイミングで実施
またはカートシステムで自動的に
スマホサイト化までされているだけで
先進的なサイトです。
 
優先順位が低い理由としては、まだまだ
WEBサイトからの売上が少なく
そこにかけるお金がないことや
スマホサイト対応による売上アップ
事例が世の中に広まっていないことです。
 
■スマホ対応で売上1.25倍!
食品ビジネス経営研究会の会員様で
スマホサイト対応に成功された
食肉卸売業の「A社」様の事例を
紹介させていただきます。
 
【WEB売上の公式】
EC売上=セッション数×注文率×注文単価
 
A社様では、スマホによるアクセス率が
60%と平均のアクセス割合でしたが
TOPページのスマホ対応が
進んでおらず、スマホでの注文率が
0.5%に留まっていました。
 
そのため、TOPページの設計と構築に
1ヶ月と数万円のお金をかけました。
すると、前年比較でスマホでの購入率が
0.5%から0.9%と80%増加し
ECでの売上が23%伸びました。
 
この時、PCでの購入率は30%弱ほどの
伸びであったことも考慮すると、商品力や
メルマガ、コンテンツによる購入率の伸びが
あったことは分かります。
しかし、スマホでの伸び率を考えると
TOPページのみのスマホ対応でも
購入率が上がることがわかります。
 
ここでWEB売上の公式から考えると
月間5,000アクセスのあるサイトにおいて
2%の購入率、5,000円の客単価であれば
年間600万円の売上になります。
【5,000×12×0.02×5,000=6,000,000】
購入率が0.5%伸びることによって
【5,000×12×0.025×5,000=7,500,000】
売上150万円/年を積み上げることができます。
 
スマホサイト対応そのもの自体が
1.25倍の売上達成法となっているのです。
 
まずは、現状のWEBサイトが
スマホ対応されているかどうかを
こちらのサイトにURLを入れて
ご確認ください。
https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja
 
また、詳細のスマホサイト対応や
お問合せはこちらからお申し込みください。

執筆者
久嶋裕介
プロフィール