経営コンサルタントのお役立ちコラム一覧 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

【世界が認めた飲食業の最新事例】地方のたった1店舗の飲食店がAI・ビッグデータ活用で年商5倍・利益率10倍・年間休日120日を達成
外食
2018/9/26
【世界が認めた飲食業の最新事例】地方のたった1店舗の飲食店がAI・ビッグデータ活用で年商5倍・利益率10倍・年間休日120日を達成

いつも当コラムをご愛読頂き誠にありがとうございます。

 

昨今の人材不足時代において、AI(人工知能)などの活用によって、

「人がやらなくてもいい仕事をロボットや機械の活用でいかに

自動化していくのか!?」に関心をお持ちの経営者様は多いかと思います。

 

経済産業省が公表している「未来投資戦略2018年」の中でも

「Society 5.0」の実現に向けて、

「AI活用などによる自動化への投資を積極的にしていく」と

発表されています。

 

そういった時代背景の中、米マイクロソフト社が毎年開催している

最大規模のイベントである「Microsoft Inspire2018」にて

最も注目すべき事例として紹介された

“世界がいま最も注目する飲食店の未来形態”が有限会社ゑびや様です。

 

本コラムでは、ゑびや様が実際に行っているAI・ビッグデータを

活用した来客予測システムについてお話をさせて頂きます。

 

有限会社ゑびや様を視察できるセミナーのお申込み、詳細はこちらから

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

 

多くの飲食店、小売店では、経験等に基づく属人的な「勘」によって

来店客数を予想されることが多い中、

ゑびや様では観光予報プラットフォームの宿泊予測等のオープンデータと、

食べログのアクセス数等自社保有データを融合し、食堂への来客者を

予測するアルゴリズムを開発しました。

 

過去の時間帯別来店データ、地域の宿泊施設の宿泊者数データ、

天候や気温などの環境データなど約150項目のデータを

分析することによって、例えば“明日のランチタイムには

どれくらいの人が来店するのか”を予測することが可能になり、

その上で、食材や食器などを事前に準備したり、

シフトの人員を最適化したりすることで、混雑にも的確に対応することが

できるようになったといいます。

 

またこの仕組みを導入することで、混雑時でも10分~15分で食事を

提供できるようになり、「料理提供が遅い!」というクレームも

皆無になってきたそうです。

 

こういったシステムやデータを活用して生産性を上げていけば、

結果として社員に高い給与を払えるようになりますし、

効率化することで仕事も楽になり、社員満足度も高まります。

 

結果、人が辞めにくい環境づくりをすることが可能となります。

 

さらに来客数・販売数の的中率が向上したことによって、

食材の自動発注を実現することができるようになったそうです。

 

食材在庫の重さを自動で測定することのできる機器を導入し、

在庫計算も自動で行うことによって、ソフトウェアで自動発注を

行っています。

 

3日後の予測に基づいて、毎日必要量を算出して、

スタッフが最終確認の上、お店から取引業者様へ

発注がかかるような仕組みになっています。

 

この取り組みのおかげで、従来1時間かかっていた発注作業が

「5分」で終わるようになったそうです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

これらの取り組みは、三重県伊勢市という地方において

飲食業を営む当時は売上1億円しかなかった、

小さな1店舗の老舗飲食店が取り組んだ事例です。

 

こういった話は「大手企業だけでしょ?」と思われる方も

多いかと思いますが、実際には地方の小さな1店舗の

中小企業で作られたシステムです。

 

船井総研フード支援部では、

「飲食店におけるこの画期的な生産性向上の取り組みを

実際にどのように行っているのか!?」を

皆様に視察して頂きたいと思いまして、

「飲食店のAI・ビッグデータ活用最新事例視察セミナー」を

2018年11月28日(水)において開催致しますが、

大変皆様よりご好評を頂き、視察先受入定員「先着50名様」、

すでに【満席】となっております。

場所:ゑびや大食堂(三重県伊勢市宇治今在家町13)

 

つきましては、2018年12月20日(木)に【追加開催】を検討の上、

進めておりますので、続報をお待ちくださいませ。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

地方田舎町のたった1店舗の飲食店がAI・ビッグデータ活用で

『売上5倍』『利益率10倍』『年間社員休日120日』を達成!

【先着50名限定】飲食店のAI・ビックデータ活用最新事例視察セミナー

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037975/

 

【開催日程・会場】

2018年11月28日(水)10:00~14:00 (受付開始 09:50~)【先着50名様満員御礼!】

2018年12月20日(木)【現在調整中:続報をお待ちくださいませ。】

 

ゑびや大食堂

三重県伊勢市宇治今在家町13

 

・伊勢神宮 宇治橋前広場より約1分

・近畿日本鉄道 鳥羽線 五十鈴川駅より徒歩約30分

・近畿日本鉄道 山田線、鳥羽線 宇治山田駅より車約15分

・JR東海 参宮線 近畿日本鉄道 山田線 伊勢市駅より車約15分

・三重交通バス 内宮前停留所より徒歩約2分

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール

人手不足時代に勝つ飲食店の採用方法(第3回)
外食
人材
2018/9/25
人手不足時代に勝つ飲食店の採用方法(第3回)

飲食店における人材採用チャンネルとして、

 

1.店内・店頭採用

2.WEB採用

3.リファラル採用

 

がありますが、今回は、

3.リファラル採用

について解説させていただきます。

 

リファラル採用というのは、自社ですでに働いている社員やアルバイトスタッフからの紹介や、推薦による採用方法の事を指します。

リファラル採用は、採用費用を抑えつつ企業風土に合った人材の獲得や、優秀な大卒社員の採用に効果を発揮します。

今回は、リファラル採用のメリットを下記にてご紹介させていただきます。

 


 

ローコストな採用チャンネル

リファラル採用の一番の大きなメリットは、採用コストの削減です。

媒体や紹介会社を経由しないで採用することが可能になり、年間採用予算を抑えることで利益に直結する採用モデルです。

また、長期的な視点で見ても、店舗からの優秀な人材の採用により、既存店の活性化が図られて売り上げのupが見込めます。

 

 

定着率upにつながる

リファラル採用では、社員からの紹介で人材を募集するため、採用率が高くなります。

また、自社の具体的なイメージを持って入社していただけるので、早期での離職リスクが激減します。

結果として、定着率アップにつながります。

是非この機会に皆様のお店、会社でも導入をご検討いただければと思います。

 

3回にわたり「人手不足時代に勝つ飲食店の採用方法」について連載させていただきました。

 

第1回:https://funai-food-business.com/column/4335/

第2回:https://funai-food-business.com/column/4629/

 

これからの飲食店経営において「採用」は非常に重要なテーマです。

ぜひ、皆様の経営にも当コラムにてご紹介させていただきましたことを活用下さいませ。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

◆金山へのお問合せ・ご相談はこちらから

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-inshoku/inquiry.html

 

 

執筆者
金山 大輝
プロフィール

スマホ対応で売上1.25倍!1ヶ月で対応可能な売上アップ法
食品
2018/9/21
スマホ対応で売上1.25倍!1ヶ月で対応可能な売上アップ法

スマホサイト対応実施のメリットとは・・・
月間5,000アクセスのオンラインショップを
スマホサイト対応することで、年間どれだけの
売上アップを図ることができるのでしょうか?
 
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
フードSPAグループの久嶋です。
本日は、スマホサイト対応のススメ!!
実際にスマホサイト対応することによる
成功事例をご紹介させていただきます。
 
■WEBの時流はGoogleが握る
WEB担当者に必見Google公式ブログは、
皆様チェックされているでしょうか。
https://webmaster-ja.googleblog.com/
 
こちらの公式ブログでも頻繁に使用される
Googleが重要視する近年のキーワードは
① モバイルフレンドリーインデックス
(スマホサイト対応のことです)
② 常時SSL対応
この2つです。
 
つまり、この2つを必ず実施しなければ
日本の検索エンジンの90%以上を占める
Googleでの評価が下がることは明確です。
※検索エンジンシェアはStatCounterにて算出
http://gs.statcounter.com/
 
■スマホサイト対応に踏み切るには!?
しかしながら、スマホサイト対応自体
まだまだ重要性が認知されておらず
優先順位が後になっているのが現状です。
 
サイトリニューアルのタイミングで実施
またはカートシステムで自動的に
スマホサイト化までされているだけで
先進的なサイトです。
 
優先順位が低い理由としては、まだまだ
WEBサイトからの売上が少なく
そこにかけるお金がないことや
スマホサイト対応による売上アップ
事例が世の中に広まっていないことです。
 
■スマホ対応で売上1.25倍!
食品ビジネス経営研究会の会員様で
スマホサイト対応に成功された
食肉卸売業の「A社」様の事例を
紹介させていただきます。
 
【WEB売上の公式】
EC売上=セッション数×注文率×注文単価
 
A社様では、スマホによるアクセス率が
60%と平均のアクセス割合でしたが
TOPページのスマホ対応が
進んでおらず、スマホでの注文率が
0.5%に留まっていました。
 
そのため、TOPページの設計と構築に
1ヶ月と数万円のお金をかけました。
すると、前年比較でスマホでの購入率が
0.5%から0.9%と80%増加し
ECでの売上が23%伸びました。
 
この時、PCでの購入率は30%弱ほどの
伸びであったことも考慮すると、商品力や
メルマガ、コンテンツによる購入率の伸びが
あったことは分かります。
しかし、スマホでの伸び率を考えると
TOPページのみのスマホ対応でも
購入率が上がることがわかります。
 
ここでWEB売上の公式から考えると
月間5,000アクセスのあるサイトにおいて
2%の購入率、5,000円の客単価であれば
年間600万円の売上になります。
【5,000×12×0.02×5,000=6,000,000】
購入率が0.5%伸びることによって
【5,000×12×0.025×5,000=7,500,000】
売上150万円/年を積み上げることができます。
 
スマホサイト対応そのもの自体が
1.25倍の売上達成法となっているのです。
 
まずは、現状のWEBサイトが
スマホ対応されているかどうかを
こちらのサイトにURLを入れて
ご確認ください。
https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja
 
また、詳細のスマホサイト対応や
お問合せはこちらからお申し込みください。

執筆者
久嶋裕介
プロフィール

「異常値法」の実践で繁忙期売上の最大化を!
宅配
2018/9/21
「異常値法」の実践で繁忙期売上の最大化を!

皆様こんにちは。
船井総研の岩松です。

今回は、宅配・仕出し業の即時業績アップに繋がる
「異常値法」という手法についてご紹介いたします。

■異常値法とは?
異常値法とは、
・売れる時期に
・売れる商品を
・売れるターゲット層に
・集中的にたくさん売る
ことを意味します。

需要が顕在化する繁忙期に集中的に販促コストをかけ、
需要のある商品を集中的に販売することで、
繁忙期の売上を最大化させることが可能となります。

また、繁忙期に売上の異常値を作り、
この時期に獲得した新規・既存顧客への
アフターフォローを実践していくことで、
その後の閑散期売上の底上げへと繋げていくことができます。

■売上構成比が高い日・時期を把握する
ところで、この異常値法を実践する際には、
「売上構成比の高い日・時期の売上を伸ばすこと」
をセットで考えることが1つ大きなポイントとなってきます。

例えば、宅配・仕出し業における繁忙期の1つである
お盆期間を軸とした業績アップを考える場合は、

お盆期間の中でも売上構成比が最も高い日(=ピーク日)
8月の中でも売上構成比の高い時期(=お盆期間)
年間単位で見たときに売上構成比が高い月(=8月)

というように、①⇒②⇒③の順番で
それぞれの日・時期の売上を伸ばすためにはどうすればよいか?
を考えていくことになります。

なぜか?

シンプルに、
売上構成比が高い日・時期の売上を落としてしまうと、
それがそのまま全体売上のダウンに直結してしまうからです。

お盆期間中のピーク日の売上が大きく下落すると
お盆期間全体の売上が伸び悩み、

お盆期間全体の売上が大きく下落すると
8月全体の売上が伸び悩み、

8月全体の売上が大きく下落すると
年間全体の売上が伸び悩む・・・

という悪循環を防ぐためにも、
まずは売上構成比が高い日・時期の売上を
いかにして最大化させるか?に注力することが大切です。

その際に効果的な手法の1つとして
冒頭でご紹介した「異常値法」が挙げられます。

目的注文型の宅配・仕出し業の場合、
お盆期間以外の繁忙期として、
直近に控える年末年始の時期が当てはまります。

この時期にきちんと売上の異常値を作ることができるよう、
上記の考え方を参考にしていただければ幸いです。

その他おすすめの記事