経営コンサルタントのお役立ちコラム一覧 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

2019年10月消費税増税に向けての準備
食品
2019/8/27
2019年10月消費税増税に向けての準備

いよいよ2019年10月に消費税が8%から10%へ増税となります。どのような商品が駆け込み需要があるのか、また準備すべき対策を、前回2014年の消費税増税のタイミングで起きたこと、また直近の景況感と合わせて考察してみたいと思います。

 

2014年の増税直前週の生活必需品(飲食料品・雑貨・化粧品)の購買額は対前年42.8%増加したと言われています。

特に日用雑貨品の購買量が伸び、醤油は142%、ミネラルウォーター類は141.6%、インスタントコーヒー140.6%、ビール137.5%、砂糖136.3%、焼酎133.7%、ケチャップ132.6%と比較的長期のストックが可能なものが対前年対比で増税直前の購買が伸びる傾向を示していました。ちなみに購入額の伸び率が最も高かったのは、石鹸163.8%でその他にも、歯ブラシ、シャンプー、台所用品などの伸び率が高い値を示していました。合わせて、2014年の増税直前は「まとめ購買比率」が高った傾向が見られました。

 

今回の増税では前回2014年の増税時と比較して異なるポイントとして、

①飲食料品は軽減税率が適用されること(酒類除く)

②各種キャッシュレス決済サービスのポイント還元などが実施されていること

③食料品の小売チャネルの主戦場がドラックストアに。

ドラックストアでの日用品の増税前のまとめ買い需要と合わせて、食料品類もまとめ買いされることが予想される。

 

といったポイントが挙げられます。

 

今回の増税は軽減税率の適用で飲食料品には影響は出にくいという見方が一般的ではありますが、主に直販・小売りを行う食品メーカー各社の増税に向けての準備としては、

 

①まとめ買いキャンペーンの実施

(特に酒類ならびに、醤油・味噌・漬物類などの長期ストック対応可能な商品)

 

②キャッシュレス決済の導入完了

 

の2点は実施しておく方が、これまでの増税時の購買活動を振り返ると望ましいと言えます。

 

特に10月~11月の季節は特に売上が上がりにくいため、消費税増税前の「まとめ買いセール」を食品通販では実施するのが有効と考えられます。

 

 

****開催予定セミナーのご案内****

食品メーカーのためのお歳暮対策~通販実践編~

開催概要:2019年09月10日(火)

時間:10:30~12:00(※受付時間はセミナー開始時間の30分前)

https://sem.funai-food-business.com/seminar/049635/

********

執筆者
マネージング・ディレクター/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール

今年も開催!繁盛店視察ツアーin関西の見どころご紹介!
スイーツ
2019/8/27
今年も開催!繁盛店視察ツアーin関西の見どころご紹介!

いつもメルマガをご愛読いただき誠にありがとうございます。

船井総合研究所 スイーツチームの正村です。

 

毎年、弊社スィーツビジネス研究会が主催しております繁盛店視察ツアーを本年も開催いたします!

今号では視察ツアーの見どころやスペシャルゲストをご紹介させていただきます。

 

繁盛店視察ツアーとは、経営者の皆様をお連れして今注目の企業や店舗を視察し、同時にそれら企業の経営陣から直接ご講演をいただける、1泊2日のバスツアーです。

船井総合研究所が大切にしている「現場主義」の考え方を体現したツアーで、皆様と船井総合研究所のコンサルタントが共に繁盛店の現場を見て1次情報に触れ、成功のルールを学ぶことができる非常に贅沢な機会です。

 

さて、本年は10月8日(火)、9日(水)の2日間で、滋賀・兵庫・京都を回る関西ツアーを企画させていただきました。

今回の視察ツアーのテーマは「菓子文化の伝承と新規マーケットの創造」と題し、その中でご訪問させていただく企業様とスペシャルゲストをご紹介させていただきます。

 

ご訪問先①

ラ コリーナ近江八幡(株式会社たねや様)

 

まず初めにご訪問させていただくのは、株式会社たねや様が運営されるラ コリーナ近江八幡です。

年間300万人が訪れるスイーツビレッジ、ラ コリーナ近江八幡。地域と共にたねや様のストーリーを形づくる一大拠点であり、また保育園や職業訓練学校の設置等、持続可能なまちづくりを目指した活動などでも注目を集めています。

さらに視察だけでなく、代表取締役 山本昌仁氏によるご講演もいただけることとなりました!

 

ご訪問先②

パティシエ エス コヤマ(株式会社パティシエ エス コヤマ)

 

次にお伺いするのは、兵庫県の住宅街にあるスイーツテーマパーク、パティシエ エス コヤマです。1500坪の敷地にある8つの施設を解説付きで視察させていただけるだけでなく、代表取締役 小山進氏によるご講演も行っていただけます!

絶対に成功しないと言われた土地に出店し、小山ロールで一世を風靡、さらにはフランスのチョコレートの祭典「SALON DU CHOCOLAT PARIS」に出店し、初出場の2011年から「C.C.C.」コンクールにて8年連続の最高位獲得。

小山進氏の成功哲学とエス コヤマの世界観に触れ、地域との結びつきや文化の発信について詳しくお話しいただきます。

 

ご訪問先③

マールブランシュ(株式会社ロマンライフ)

 

2日目にお伺いするのは、京都土産として人気を博している「茶の菓」の販売で有名なマールブランシュ(清水坂店)です。

ロマンライフ様では、常務取締役 河内優太朗氏によるご講演をお聞きいただけます!

珈琲店から洋菓子店、そして観光土産菓子マーケットへの参入と、時流を読み取った事業展開戦略、そしてこれからの新業態開発、海外展開等、ロマンライフ様の描く新規マーケットの未来についてもお話いただけます。

 

 

いかがだったでしょうか?

今回は見どころのご紹介というところで、ご訪問およびご講演をいただける3社をご紹介させていただきました。

いずれも中々直接お話いただける機会を得るのは難しい企業様ばかりでございます。ぜひ視察ツアーにお申込みいただき、今後の企業経営の糧としていただければと思います。

 

スィーツビジネス研究会繁盛店視察ツアー2019in関西

・10月8日(火)

10時京都駅集合

ラ コリーナ近江八幡、パティシエ エス コヤマご訪問

19時京都駅解散

 

・10月9日(水)

9時京都駅集合

マールブランシュ他ご訪問

14時30分頃京都駅解散

 

お申込みにつきましては、

下記のURLより専用ページにアクセスいただき、そちらからお申込みくださいませ。

https://sem.funai-food-business.com/seminar/051551/

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

執筆者
正村陸
プロフィール

【9/10東京開催】人形町今半の弁当宅配事業成功の秘訣大公開セミナー
宅配
2019/8/09
【9/10東京開催】人形町今半の弁当宅配事業成功の秘訣大公開セミナー

トップ2

事業年商44億円!事業拡大し続ける人形町今半の高級弁当宅配事業

持続的成長の秘密とは?

(お申込み・詳細はこちらから⇒ https://sem.funai-food-business.com/seminar/048881/

 

いつもコラムをご愛読頂きありがとうございます。

船井総研フードデリバリーグループの橋田です。

 

事業年商44億円。あの人形町今半弁当事業のトップ、清原由輔様がご登壇される

仕出し・外食企業向け高級弁当宅配業績UPセミナー2019」のご案内です。

すき焼き弁当

 

人形町今半様といえば、外食業界の中で抜群の知名度を誇る、日本を代表する「食」企業の1つです。

 

外観

そんな人形町今半様が弁当宅配事業を展開されていることをご存知でしょうか?

今から遡ること、60年前。

人形町今半様の弁当宅配事業がスタートしました。

 

順調に売上を伸ばされ、

1998年に事業部になってからも、なんと19年連続で増収と、持続的な成長を遂げられています。

業績

東京という立地で、競合も多く台頭する中、なぜこのような発展が可能なのか。

発表内容

持続的な成長を支えているのはこれらの取り組みでした。

これらは決して「人形町今半」様だからできたこと、ではありません。

日本全国の弁当宅配事業に取り組む皆様が、継続的な成長を遂げられるために必要不可欠なポイントになります。

 

人形町今半様の生の声をお聞き頂け、今後の弁当宅配事業の在り方について考えられるまたとない機会です。

 

本セミナーでは、他にも全国の高級弁当宅配の成功事例や

具体的ノウハウの実践方法まで、惜しみなくお話させていただきます。

 

(お申込み・詳細はこちらから⇒ https://sem.funai-food-business.com/seminar/048881/

 

毎回満員御礼!

前回開催時は100名以上が参加したセミナーです。

お早めのお申込みをおすすめしております。

 

それでは皆様とお会いできることを楽しみにしております。

 

**********************************

仕出し・外食企業向け高級弁当宅配業績UPセミナー2019秋

https://sem.funai-food-business.com/seminar/048881/

【東京会場】2019年9月10日(火)

株式会社船井総合研究所 東京本社

東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F

**********************************

執筆者
橋田 佳奈
プロフィール

飲食店が“テイクアウト専用拠点”を有する3つのメリットとは?
外食
宅配
食品
2019/8/09
飲食店が“テイクアウト専用拠点”を有する3つのメリットとは?

いつも当コラムをご愛読いただきありがとうございます。
船井総合研究所の岩松です。

 

今回は「飲食店が“テイクアウト専用拠点”を有する3つのメリットとは?
というテーマについてお伝えいたします。

 

 

◆地場で繁盛しているイートイン+テイクアウト業態の共通点
日々全国各地の食関連企業様を訪問させていただくなかで、
最近、各地域で高いマーケットシェアを誇る
イートイン+テイクアウト事業者様に
共通するルールが1つ浮かび上がってきました。

 

それは、
イートイン店舗とは別に、
テイクアウト専用拠点を近隣エリアに設けている
という共通点です。

 

それぞれの企業様によって
展開する商材の種類は異なるものの、
既存の飲食店とは別に
テイクアウト専用拠点を有することで
下記のような大きく3つのメリットを
享受していると考えられます。

 

 

◆メリット①:イートイン店舗におけるオペレーションの煩雑化防止
イートイン店舗とは別に
テイクアウト専用拠点を設けることによって、
それぞれイートイン専業・テイクアウト専業の
オペレーションに集中することができる。
(⇒各拠点の生産性アップに繋がる)

 

仮に、イートイン店舗に
テイクアウトを希望する入電があった場合は、
その電話内で注文自体は受け付けるものの、
実際の商品の引き渡しについては
別のテイクアウト専用拠点へと案内する。

 

 

◆メリット②:テイクアウト希望者の取り込み強化
既存の実店舗とは別に
テイクアウト専用の拠点を拡大することで、
テイクアウト希望者の取り込み・購入機会を増やす。

 

特に、今年10月に予定されている軽減税率施行後については、
更なるテイクアウト需要の増加が予測されることから、
テイクアウト専用の受け皿を設けることで、
テイクアウトの注文の取りこぼしを防ぐことにも繋がると考えられる。

 

 

◆メリット③:イートイン希望者の来店機会ロス防止
イートイン併設型の店舗の場合、
テイクアウトを希望する顧客に
店前~出入口付近で並ばれてしまうと、
その様子を見たイートイン希望者から
「購入までに時間がかかる」と思われてしまう。
(⇒結果として、イートイン希望者に別の店へ逃げられてしまう)

 

こういった事態を防ぐためにも、
テイクアウト希望者については
イートイン店舗の前に並んでもらうのではなく、
予め別のテイクアウト専用拠点へ案内する
というオペレーションを取る。

 

―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上でございます。

 

今後、テイクアウトを強化していきたいとお考えの企業様については、
是非上記内容を今後の業態開発の参考にしていただければと思います。

 

船井総合研究所 岩松将史

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
~外食・中食事業経営者様へ~
今、食関連ビジネスのなかで最も成長性の高い
テイクアウト・デリバリーマーケットの攻略に特化した
超実践型経営研究会が遂に発足!

 

船井総研 出前・テイクアウト研究会
【初回無料お試し参加受付中!】

 

<WEB経由のお問い合わせ・お申込み>
▼▼▼下記URLからご確認いただけます▼▼▼
https://www.funaisoken.co.jp/study/043962

 

【第2回開催日】2019年9月3日(火)
時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)
場所:株式会社船井総合研究所 東京本社
(東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F)

 

【第3回開催日】2019年11月19日(火)
時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)
場所:株式会社船井総合研究所 東京本社
(東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
小林 耕平
プロフィール
その他おすすめの記事