経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

カフェ・喫茶店の商品開発のポイント~やはりインスタ映えは強い?~
外食
2021/8/27
カフェ・喫茶店の商品開発のポイント~やはりインスタ映えは強い?~

皆さんこんにちは。
船井総研フード支援部の玉利です。

先日のコラムでは、カフェの集客術として、Instagramの活用法についてコラムで解説しました。
まだご覧になっていないカフェ・喫茶店経営者の皆さまは、ぜひご覧くださいませ。
コラムはこちら

さて、今回はカフェ・喫茶店の商品開発についてです。
以前のカフェのコラム「【カフェの売上アップ】ポイントは食事客の集客にあり!」では、カフェ業態においてもしっかりと食事の利用動機を獲得できている業態は好調、という解説をしました。

ではどのように集客できる商品を開発したらいいのでしょうか?

このニューノーマル時代においてひとつキーワードになるのが「目的来店性」です。外食に行く機会が制限されている中でも、やっぱり行きたい!となるお店には、強い来店動機となる何か=「目的来店性」があります。

かつてのカフェ・喫茶業態はどちらかと言うと、「時間をつぶす場所」「待ち合わせ所」「公園や河川隣接の空間や、店内で表現された世界観を楽しむ場所」という利用動機が強い業態でした。
それが、ニューノーマル時代においてはカフェ・喫茶業態においても、他では体験できないメニューを求めて来店するという目的来店性が強くなってきていると言えます。

そして、特にその動機で動いているのが、インターネットやInstagramなどのSNSで検索して店選びをするような若い客層です。そのため、こうした客層も来店したくなるような商品も開発していく必要があります。

商品開発において、いまコラムをご覧のみなさまもきっと様々なポイントでこだわりを入れているかと思います。そして、そのこだわりのポイントは、実は料理が食材の状態からお客様の口に入るまでの7つの段階でそれぞれジャンル分けすることができます。

【商品の付加価値づくりにおける7つのジャンル】
①食材、、、産地・種類・部位・希少性 など
②流通、、、産地直送・朝獲れ など
③保存、、、急速冷凍・生〇〇・自家製漬け込み〇〇 など
④調理、、、料理人の経歴・職人の腕・炭火焼き・手作り など
⑤提供前演出、、、卓上でチーズをかける・眼の前で炙る・彩り・ボリューム など
⑥喫食中、、、味の変化・食べ方提案・単純に美味しい など
⑦喫食後、、、口コミ・SNS投稿したくなる など

これで言うと、WEBやSNSで伝わりやすい付加価値である、⑤⑥⑦の後半の付加価値づくりが、近ごろは重要になってきていることが分かるかと思います。

それでは、次回のコラムでは、もう少し具体的に商品開発におけるポイントを解説していきたいと思います。

船井総研フード支援部では、ZOOMでの無料経営相談も承っています。ぜひこちらのページから、お申込みくださいませ。担当のコンサルタントからご連絡させていただきます。


お問い合わせ・無料経営相談バナー

執筆者
玉利 信
プロフィール

地方×二等立地なのに坪売上50万円 デリバリー専門店開発セミナー開催のお知らせ
外食
宅配
2021/8/17
地方×二等立地なのに坪売上50万円 デリバリー専門店開発セミナー開催のお知らせ

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
船井総研の三村です。

世間では緊急事態宣言の中でのお盆休暇が終わり、まだまだ先行きが不透明な世の中が続いています。そんな中、今後の経営について様々な戦略を模索されているいる経営者が多いかと存じます。
今回のメルマガは、業績回復の次の一手を構築し収益の柱にしたいと思っている経営者の方必見です!
本日はデリバリー専門店開発セミナーのご案内を致します。

今回は、業績不振の飲食店からデリバリー専門店に業態転換し、年商2億円・営業利益率20%を達成されている株式会社カツデリの代表取締役 照屋様をゲストとしてお招きし、セミナーを開催致します。

本コラムをお読みの皆様の中でも、既存店でデリバリーに取り組むも、なかなか成果が出ないという方は多いのではないでしょうか?
不振店の経営者様の中には、「デリバリー自体がバブルで、既に市場が落ち着いているのでは?」「ポータルサイトに依存するデリバリーはそもそも儲からない」等といったお声もあるのですが、
実は成果が出ない要因は外部環境よりも自店の取り組みにあり、大抵のケースにおいてそのシンプルが原因を取り除くだけで成果が出ることがほとんどです。

では、どうすればデリバリーで成功できるのか?ずばりデリバリービジネスの特徴を知り、ポイントを押さえることが重要となります。
デリバリービジネスの特徴は大きく以下の3つに集約されます。
1.認知・比較検討がオンラインのみ
⇒ブランド間での差別化が困難であるため、比較検討時の品質・信用訴求が勝負となる。口コミや写真の投稿等が重要となる。
2.顧客との直接的な接点がほぼない
⇒特にプラットフォーム活用の場合は人的接触はないので、注文ページの利便性と、納品商品の品質及び、同梱物での他店との差別化が重要となる。
3.自宅で完結する簡便さと配送料の負担が大きい
⇒デリバリー=実店舗より割高なイメージが一般認識なので、希少性・嗜好性・付加価値が高く実店舗購入等で代替し難いという要素がデリバリーで売れるためには非常に重要となる。

他にも細かな要素はありますが、基本的にはこれらを押さえることでデリバリーでの成功が近づきます。詳しくは本セミナーの中でお伝え致します。

ちょこっと!カツデリ様の取り組み解説!
地方の二等立地で坪売上50~60万円を獲得!自社販促・自社配送でも営業利益率20%以上を達成する秘密は??
☑ポータルサイトに頼らず、地方でもデリバリー月商2,000万円いじょうを達成する直販の仕組みづくり
☑自社配送に関わらず営業利益率20%をたっせいする配送業務の生産性向上
☑坪売上50万円以上を達成するデリバリーせんもんてんでも店舗運営業務の生産性向上
☑最低投資300万円でデリバリーげっしょう2,000万円以上を獲得できるデリバリー専門店稼業のノウハウ

当日お話させて頂く、デリバリー専門店開発のポイントは以下です。
☑地方小商圏ながら当投資で坪月商50~60万円を達成するビジネスモデルの概要
☑営業利益率25%を達成する高収益なビジネスの運営手法
☑飲食店メニューとは異なるデリバリーで売れる商品の開発
☑直販で注文を獲得できる販促手法
☑自社で配送を行うスキームの構築手法
☑今後のデリバリー市場の動向
今後も伸び続けるデリバリー市場での売上獲得のヒントがたくさんございます。
本セミナーはこのような人におすすめ!
☑イートイン業態での売上が激減している経営者様
☑飲食事業での業績回復のキッカケを探している経営者様
☑デリバリー事業へ参入したい経営者様
☑今、デリバリーで成功するには何をするべきか知りたい経営者様
☑低投資かつ高収益なビジネスを検討されている経営者様
☑中食での収益の柱を創りたい経営者様

当日はオンラインでの開催となります。スマホ、タブレットなどからご自宅やオフィスからのご視聴が可能です。
皆様のご参加をお待ちしております。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
デリバリー専門店開発セミナー
★オンライン開催・日程★

11月15日(月):13:00~16:00
11月16日(火):13:00~16:00
11月24日(水):13:00~16:00
11月25日(木):13:00~16:00
★お問い合わせ★

担当:三村 ✉ k-mimura@funaisoken.co.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

執筆者
三村 香貴
プロフィール

【開催直前!】和食・居酒屋店向けアフターコロナの戦略を考える脱・宴会依存セミナーのお知らせ
外食
宅配
2021/8/14
【開催直前!】和食・居酒屋店向けアフターコロナの戦略を考える脱・宴会依存セミナーのお知らせ

皆様いつも当サイトのコラムをご覧いただきありがとうございます。

船井総研 林田でございます。

 

今回は、

これまで宴会売上を主体にしていた和食店・居酒屋向けに

アフターコロナの売上戦略を考えるセミナー、

【中食主体の食事業態開発+仕出し戦略で脱・宴会依存セミナー】

開催のお知らせです。

 

本セミナーでは、コロナによって宴会売上が前年比5%にまで下落しながらも、

中食需要も取り込む食事業態(新業態)開発とデリバリー事業(仕出し)強化で、

宴会売上に依存しない収益体質に生まれ変わり

業績を復活させた和食店様を特別ゲスト講師にお呼びし、

アフターコロナで特に郊外型の和食店、居酒屋が何をすべきか

お話しをさせて頂くセミナーとなっております。

 

今回ゲストにお呼びする会社様では、

①中食需要も取り込む食事業態(新業態)開発では、初月月商800万円超

②デリバリー事業(仕出し)強化では、年商約7,000万円

と非常に好調な業績を収めており、その成功までのストーリーや

裏側を赤裸々にお話ししていただきます。

 

また、当セミナーでは、

【食事業態の開発】

■TO比率50%の中食需要を取り込む業態設計

■大手チェーンと差別化するコンセプト作り(=予算・商品・付帯サービス)

■小商圏でも成功する立地選定、商材選定

■集客効率を上げるオンライン活用術

【デリバリー(仕出し)専門ブランド】

■”今だから”強化すべき理由(=市場動向)

■新規参入でも成功する商品MD×販促手法

■既存店厨房でも7,000万円の売上を付加する製造OP

■積み上げ式に売上を上げる顧客管理手法

など新規事業を成功させるノウハウを成功事例と共に大公開していきます。

 

 

今後もワクチンの復旧など社会情勢が元に戻っても、

コロナによる新しい習慣の誕生によって宴会マーケットにとっては以下のように、

厳しい状況は続くと推察されます。

◆宴会を実施しない企業・団体の増加(社内予算削減)

◆少人数の食事・飲みの増加

◆在宅ワーク、時差出退勤の増加(人が揃わない)

◆若者のアルコール離れ(コロナ以前から)

◆デリバリー・テイクアウト利用率の増加(自宅喫食の慣れ)

 

そんな中で、

「宴会売上に頼らない売上体質を作りたい」

「今後の事業指針を考えたい」

「今すぐ業績回復のキッカケを知りたい」

とお考えの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

▼セミナーの詳細・ご参加の申し込みはこちら▼

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

中食主体のFF業態開発+仕出し戦略で脱・宴会依存セミナー

★開催日程★

8月26日(木):13:00~16:30

8月27日(金):13:00~16:30

9月1日(水):13:00~16:30

9月2日(木):13:00~16:30

★開催形式★

全ての日程オンライン(ZOOM)配信

★セミナーページ★ (参加申し込みはコチラ⇩)

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/075163

中食主体のFF業態開発+仕出し戦略で脱・宴会依存セミナー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

皆様の経営の一助になれば幸いです。

 

株式会社船井総合研究所 林田大碁

 

==============================

★外食、中食業界の最新ノウハウや事例を無料配信中★

業界に精通したコンサルタントが更新中!

https://note.com/kobayashikohei

==============================

執筆者
林田大碁
プロフィール

【無料招待】中食業界の最先端を走る企業が複数登壇! 『出前・テイクアウト×宅配・ケータリング合同研究会』のお知らせ
外食
宅配
2021/8/10
【無料招待】中食業界の最先端を走る企業が複数登壇! 『出前・テイクアウト×宅配・ケータリング合同研究会』のお知らせ

皆様

いつも当コラムをお読みいただき誠にありがとうございます。

 

本日は8月19日(木)に開催する、
弊社主催の「出前・テイクアウト×宅配・ケータリング合同研究会」

開催ならびに無料招待のご案内です。

 

当合同例会では、、

クラウドキッチン事業の先駆者企業である、株式会社SENTOEN(キッチンベース)の代表取締役である山口大介氏をはじめとする中食事業で最先端を走る、圧倒的業績を収める特別ゲスト講師を複数お呼びし、マーケティングによる業績アップはもちろん、業務改善やデジタル・DX化などマネジメント領域の講座も多数用意しており、1日で中食業界の最先端に触れることのできる1日となっております。

 

▼▼お申込みはコチラから▼▼

https://www.funaisoken.co.jp/study/043962

 

執筆者
小林 拓人
プロフィール
その他おすすめの記事