毎年 200 名の入社希望者が集まる日本一カッコイイ給食会社 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

給食
2016/6/11

毎年 200 名の入社希望者が集まる日本一カッコイイ給食会社

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー/シニア経営コンサルタント 小林 耕平

毎年 200 名の入社希望者が集まる日本一カッコイイ給食会社

野間です。皆さんはご存知でしょうか?

給食業で毎年 200 名の入社希望者が集まる地場系給食会社を。

 

三重県桑名市(人口 14 万人)にあるオーケーズデリカ社です。

 

「まったく人が集まらない」。

90%以上の給食会社社長が二言目には漏らす、

業界全体がかかる課題であるにもかかわらず、

同社には、毎年 200 名以上の入社希望者が集まっているのです。

しかも新卒。さらに、その中から選りすぐりの 名だけを採用していると。

選りすぐって採用された新卒の新入社員は、優秀であるのはもちろん、

新しい刺激が入ること、会社全体が活性化しています。

 

えば、同社の社長は、新卒社員に製造部門のシフト組みを思いきって任せたことで、

たった 年で、年間 2,200 万円製造人件費が削減されています。

 

では、なぜオーケーズデリカ社には、若い人材が集まるのでしょうか?

詳細については、下記のリンクからご確認いただければと思います。

http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_007471_01.pdf

担当者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
小林 耕平

入社後30業種以上のコンサルティングに携わった後、中食領域のコンサルティングに従事。中食事業の開発はもちろん、飲食店や惣菜店などの活性化でも数多くの実績を上げている。現在、船井総研社内でもトップクラスの支援企業数、支援先業績アップ実績を持ち、フード領域のコンサルタントでは史上最速でグループマネージャー、シニア経営コンサルタントに昇進。クライアントの独自性作りと既存の概念にとらわれない最新技術やノウハウの活用による独自の業態開発をミックスさせたユニークなコンサルティング手法には定評があり、赤字企業のV字回復に向けた即時業績アップから、数百億円を超える上場企業の戦略作りまで幅広い領域において成果を上げている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事