複数店舗展開企業のセントラルキッチン活用による餃子事業の立ち上げ方 | 洋菓子店・和菓子屋・パン屋・スイーツ店開発の経営相談は船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

2021/11/08

複数店舗展開企業のセントラルキッチン活用による餃子事業の立ち上げ方

株式会社船井総合研究所  玉利 信

複数店舗展開企業のセントラルキッチン活用による餃子事業の立ち上げ方

皆さまこんにちは。
船井総研フード支援部の玉利(たまり)です。
 
前回のコラムで、コロナ禍でのセントラルキッチンの収益部門化というテーマをお伝えしました。各種経費圧縮・生産性向上施策を行うとともに、やはりセントラルキッチン単体で売上をつくりにいけるようなビジネスの立ち上げが必要であるということ。そして、その際のポイントを合わせてお伝えしました。
 
今回は、セントラルキッチン活用の中でも注目したい餃子ビジネスの立ち上げについて、解説したいと思います。
 
餃子市場はコロナ以前から成長している市場であり、このコロナ禍でさらに拡大を続けている市場です。そして、24時間無人販売店舗のように、非常に小さな投資額でスタートできる販売形態も全国で増えており、これからは、今後の後発参入含めて差別化・競合対策が必須のライフサイクルに入ってきます。
 
そしてこのような「コンパクトなビジネス」においては、差別化の要素はそう多くはありません。
いちばん大事なのは、まずはより良い立地をいち早く押さえるということです。
もちろんこれには、餃子ビジネスについて、はやく着目して取り掛かると同時に、いかにして事業の立ち上げスピードを上げるか?という視点も非常に大事になってきます。
 
その点、すでにCKのある会社の場合、【製造スペース・人員・機械・その他製造能力】 と 【自社配送網】  この2つを持っており、一部はこのような新規ビジネスのために応用できることが多く、事業の立ち上げスピードを一歩早く進めることができ、有利になりやすいです。
 
さらに、これらの運営ノウハウがあるので、今後販売商品を付加した場合なども有利となってきます。そうすることで、より長く繁盛しやすい餃子専門店をつくることができるようになります。
 
既存事業の製造・配送で現状手いっぱいという場合でも、このコロナ禍で、全社単位での売上の作り方が変わり、それに伴って廃止するべき作業や仕込み品などが必ずと言っていいほど発生しているはずです。ぜひこの機会に、セントラルキッチンの稼働状況の見直しを進めていただき、成長市場である餃子専門店などの事業のために、その稼働を配分する作業を行ってみてください。

 
餃子を主軸にした事業の立ち上げについて、解説資料を無料でご用意しておりますので、ぜひご活用くださいませ。

  
◆【ダウンロード無料】餃子ビジネスについての解説資料はこちらからどうぞ
 
=====
【船井流】餃子ビジネスモデル特集2021 は こちら
 
【船井流】餃子ビジネス事業展開のやり方 は こちら
=====
 
ダウンロードいただく際に、無料の経営相談にチェックを入れていただければ、担当の者からご連絡させていただきます。ぜひこの機会をご活用ください。

担当者
玉利 信

「外食の楽しさを伝える」という使命のもと、船井総研に入社。
1店舗~年商50億規模の外食企業まで、全国の居酒屋・カフェを中心にコンサルティングを実施。直近は「餃子」を主力とした事業の立ち上げ・展開も多くサポートしており、「餃子の無人販売店」「餃子のお持ち帰り専門店」「餃子の食堂業態」「餃子酒場」「餃子の通販参入や卸への展開」など、餃子で事業成長をしていくためのトータルサポートを実施している。飲食店の店舗開発から、既存店リニューアル(メニュー、店頭、販促など)まで一気通貫で経営支援を行っている。特に数値分析を基にしたコンサルティングによって、大手企業や異業種からの外食業界参入企業からも支持されている。

0120-958-270 無料経営相談を申し込む
記事を見る
新業態 の他記事
新業態 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。