―物語コーポレーションの戦略から見る―正社員が自立することで持続的に成長する企業の作り方③ | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

外食
2021/11/01

―物語コーポレーションの戦略から見る―正社員が自立することで持続的に成長する企業の作り方③

株式会社船井総合研究所 フード支援部/上席コンサルタント 二杉 明宏

―物語コーポレーションの戦略から見る―正社員が自立することで持続的に成長する企業の作り方③

まず前回の振り返りです。
 

企業が持続的に成長するためには、仕事を自分ごととして「主体性」を持って捉え、意思決定を行い、周りに表現・行動し、議論しあうような開発型人財の創出が必要です。
 

開発型人財の創出のためのポイントになるのは、内発的動機付けです。
そのためには一貫性のあるP(理念/パーパス)M(ミッション)V(ビジョン)V(バリュー)を策定し組織に浸透させ、企業文化を構築することが重要です。
 

今回は、これまでもご紹介した、外食業界にあって長年持続的成長を実現し、5年で店舗数を207店舗増やし、売上160億円向上させた株式会社物語コーポレーションのPMVVをご紹介します。
(『2021年6月期第3四半期決算説明資料』より)
 
目次

  • ◆株式会社物語コーポレーションのPMVV
  • ◆PMVVを具現化する87にもおよぶ人財開発プログラム
  •  

  • ◆株式会社物語コーポレーションのPMVV

    P(理念/パーパス)
    :根底にある信念・信条
    『Smile&Sexy 』
    Smile&Sexyな人間は周りに自分の意見を受け入れてもらうための能力があり、自分の考えを表現することができる。
    自分らしくイキイキ生きることができる人財

     
    M(ミッション)
    :P(理念/パーパス)に基づいた私の果たすべき(したい)役割
     

    『物語コーポレーションは飲食のプロ
    そして、人生のプロでもある
    “物語人リーダー”を1人でも多く輩出し、
    世の中をイキイキとさせることを使命とします』

     
    V(ビジョン)
    :M(ミッション)を追求することで実現した未来のありたい姿
    『経営理念を貫徹し「革新性」と「創造性」と「成長性」を高め
    “生業店魂の集う大企業飲食大生業”』
    を目指す。
     

    V(バリュー)
    :1人ひとりが日々の活動の中で重視する言動、思考での判断軸
    社風、企業カルチャーの素になる
    『物語的大家族主義』
    社員同士が家族のような愛情を注ぎ、
    何でも言い合えるようになることで成長と幸福をもたらす。

      

    株式会社物語コーポレーションは『Smile&Sexy』、つまり周囲に受け入れてもらうための努力(Smile)をしながら自分を表現する(Sexy)という自己実現を経営理念に掲げています。

     
    仕事を自分ごととして捉え、意思決定を行い、周りに表現し、議論しあうような開発型人財になることを“企業成長のため”とするのではなく、なりたい自分になるといった“自己実現”に結びつけているのが1つポイントとなります。
     

    そしてPMVVは自分らしくイキイキ生きることを表す『Smile&Sexy』を中心に『個』を尊重するという一貫性をもっているため、社員の内発的動機付けを促すことにつながっています。
     

    このような自己実現を念頭に置いた個(自分物語)の集合体が、物語コーポレーション(会社物語)であるということです。

     
    ・意思決定から逃げない人
    ・自分の考えを明言できる人
    ・自己開示できる人

     
    このような主体性を持った「個」を尊重し、彼らや彼女たちが成長(自己実現に向けて)できる環境を整え、様々な取り組み、「見える化」によって、社風・企業文化を形成しているのが、株式会社物語コーポレーションなのです。
     

    ◆PMVVを具現化する87にもおよぶ人財開発プログラム

    さらに、それを具現化するために社内において87のプログラムが存在します。
     

    例)
    ・求職者向けのトップセミナー
    ・日本一長い入社式
    ・インターナショナル採用
    ・LGBTQへの取り組み
    ・物語インターンシップ(海外交流など)
    ・新卒採用と「幹部候補生」
    ・毎週月曜日の全体朝礼(WEB参加対応)
    ・本社玄関にあるプレジデントボード
    ・理念体現度の評価
    ・社内報

     
    など、規模や対象者ごとに事細かく設計されています。
     

    組織のあり方を明確にし、それを内外へ表現し、そのあり方を具現化するための様々な取り組みを実行し、この組織運営を通して、人財育成を実践することで、「持続的成長」を実現されています。

     
    次回はいよいよ最終回。
    株式会社物語コーポレーションが考える「成長するためには2つの要素」についてお伝えします。

      

    開発型人財創出におけるPMVVの策定方法や、
    本コラムの内容が少しでも気になる方、下記よりお気軽にご相談下さい。ご連絡をお待ちしております。
    経営相談窓口【無料】
    https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out-inquiry.html
     
     
    ◎次回のコラムはこちら

担当者
フード支援部/上席コンサルタント
二杉 明宏

外食産業におけるコンサルティング活動に従事。業態開発、新規出店、多店舗展開、既存ブランドのブラッシュアップによる持続的な企業業績向上のプロデュースを得意とする。

0120-958-270 無料経営相談を申し込む
記事を見る
目標 の他記事
目標 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事