必見!コロナ禍でも昨対越えを連発する郊外型飲食店が0から始めた「WEB集客」を徹底解説! | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

外食
2021/10/20

必見!コロナ禍でも昨対越えを連発する郊外型飲食店が0から始めた「WEB集客」を徹底解説!

株式会社船井総合研究所  延原 巧実

必見!コロナ禍でも昨対越えを連発する郊外型飲食店が0から始めた「WEB集客」を徹底解説!

目次

  • ◆御殿場の人気焼肉店「焼肉よしの」から学ぶWEB集客3つのフェーズ
  • 1.現状把握
  • 2.改善・実行
  • 3.多媒体活用(拡散・固定客化)
  •  

  • 飲食業界では新型コロナウイルスの影響が大きく、「WEB集客」の注目度が高まりました。

     

    従来の集客手法だけではお客様を呼べなくなったことから、全国各地で苦戦を強いられている飲食店様が多数存在する一方で、昨対120%成長を実現されている企業、販促コストの数十万円削減に成功された企業が複数いらっしゃいます。

     

    今回は、全国の繁盛店が実施している「WEB集客」方法について、成功事例を交えてお伝えします。

     

    ◆御殿場の人気焼肉店「焼肉よしの」から学ぶWEB集客3つのフェーズ

    それでは、さっそく本題に移りましょう。

    御殿場の人気焼肉店「焼肉よしの」様は、2020年からWEB集客強化をスタートされ、秋以降は昨年対比100%越えを連発されています。
    飲食業界において「WEB集客」は、コロナショック以降特に必要性が高まっているテーマですが、実際に業績アップを実現されている企業はどのような取り組みを進められたのでしょうか?

     

    焼肉よしの様の取り組みは大きく3つのフェーズに分かれます。
    1.現状把握
    2.改善・実行
    3.多媒体活用(拡散・固定客化)

    焼肉よしの様の取り組みは大きく3つのフェーズ
     

    1.現状把握

    フェーズ1の現状分析では、主に店舗ホームページ・Googleマイビジネス・Instagramの数値分析を実施しました。

     

    ・お客様がどの媒体を見て来店しているのか
    ・どこでお客様の離脱が起こっているのか

     

    1つ1つ数字をもとに分析することで自然と改善点が見えてきました。

     

    2.改善・実行

    フェーズ2では、フェーズ1で整理した改善点と改善施策を実行しました。例えば、ホームページについては、下記の内容です。

     

    ①予約機能の連携
    ②サイト改善
    ③スマートフォン対応
    ④SEO対策
    ⑤PPC広告活用

     

    「現状分析→改善・実行→検証」のサイクルを繰り返すことであらゆるWEB上の数値が伸び、集客につなげることができました。

    実際にホームページの訪問ユーザー数は昨年対比160%、アクセス数は170%を記録しています。また、ホームページの強化により、グルメサイトは無料プランに変更ができ、コストの削減に加え、集客が外部要因によって左右されることが減少しています。

     

    3.多媒体活用(拡散・固定客化)

    そして現在はフェーズ3の「多媒体活用」を進めています。
    ホームページを中心とした集客基盤を軸に、Facebook、Twitter、TikTok、LINE等の各SNS媒体を活用し、動画など様々な配信方法を積極的に取り入れて、固定客化に取り組んでいます。

     

    「焼肉よしの」を展開する株式会社フィットコーポレーションの勝俣社長は「WEB集客の強化により、自店舗のことを深く理解できる。」と述べられています。
    数値をもとに自店舗を客観視し、思い込みや従来の手法にこだわらず施策を行うことが大切とのことです。

     

    飲食店が最新WEB集客を徹底し、成功を収めるには、最新WEB販促手法だけでなく、分析方法や着目すべきポイント、また今回ご紹介した、株式会社フィットコーポレーションのような成果の出ている事例を知ることを重要です。

    今回の内容をより詳しく知りたい方、そのほか気になることがある方は、下記よりお気軽にご相談下さい。
    ご連絡をお待ちしております。
     
    経営相談窓口【無料】
    https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out-inquiry.html

担当者
延原 巧実

大学卒業後、新卒で船井総研に入社。大学時代から既に、複数の経営者・行政団体と協働で花卉産業の業界発展に関するマーケティング活動を行った経験を持つ。
入社後はデリバリー・テイクアウトといった中食領域への新規参入支援等のコンサルティングを経験してきた。経営者・従業員との距離感を大切にしており、戦略立てはもちろん、現場での施策の実行段階における細かな課題解決まで徹底的にサポートすることをモットーとしている。現在はテイクアウト領域のコンサルティングを主とし、机上の空論ではない徹底した事例主義の提案が好評を得ている。

記事を見る
焼肉 の他記事
焼肉 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事