今選ばれる弁当宅配の包材とは? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/5/05

今選ばれる弁当宅配の包材とは?

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー/シニア経営コンサルタント 小林 耕平

今選ばれる弁当宅配の包材とは?

フード・デリバリーグループの小林です。

 

以前別の記事で、

企業向け高単価弁当の原価率に触れていたかと思います。

 

その際、

食材原価25~27%、包材原価7~10%といった話があったかと思いますが、

例えば2,000円の弁当であれば、200円近く包材に使う計算になります。

 

とりわけ高単価弁当の場合は、企業の会議や製薬会社のおもてなしなど、

用途に対して注文されますので、

その集まりの場が華やぐような商品の体裁を保っている必要があります。

 

そこで重要になるのが包材ということになります。

ただし、包材バリエーションを沢山持ってしまうと、ストックするスペースや、仕入れ価格の部分でネックになってくるので、

できるだけ包材の種類は少なく、商品の区別を持たせるかが重要です。

 

特にご支援先で使用してもらう包材のパターンだと、

・通常の幕の内タイプ

・九つ仕切りタイプ

・6マスタイプ

・二段タイプ

・重タイプ

・女性向けの八角+紙折タイプ

・正方形4マスタイプ

の多くても7種類程度でスタートします。

 

その中でも、

一昔前のように、紙製でかつ蓋と本体が一体型のものは選ばれにくくなってきていますので、

できるだけ、蓋と本体が分離し、かつ本体外側がプラスティックのものを使用してもらうようにしています。

 

弁当宅配事業の立ち上げを進めていく皆様は、

売れている店舗の包材を研究し、

できるだけ汎用性の高いものをサンプルとして取り寄せてみてはいかがでしょうか。

担当者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
小林 耕平

入社後30業種以上のコンサルティングに携わった後、中食領域のコンサルティングに従事。中食事業の開発はもちろん、飲食店や惣菜店などの活性化でも数多くの実績を上げている。現在、船井総研社内でもトップクラスの支援企業数、支援先業績アップ実績を持ち、フード領域のコンサルタントでは史上最速でグループマネージャー、シニア経営コンサルタントに昇進。クライアントの独自性作りと既存の概念にとらわれない最新技術やノウハウの活用による独自の業態開発をミックスさせたユニークなコンサルティング手法には定評があり、赤字企業のV字回復に向けた即時業績アップから、数百億円を超える上場企業の戦略作りまで幅広い領域において成果を上げている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート