弁当宅配の人員構成とは? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/4/25

弁当宅配の人員構成とは?

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー/シニア経営コンサルタント 石本 泰崇

弁当宅配の人員構成とは?

弁当事業を立ち上げる際に良く質問されるのが、どのような人員構成で組めばよいか?というものです。

 

新規事業を立ち上げる際には、やはりわかり辛い部分がありますよね。

 

弁当事業として大きな流れとしては、
・正社員比率を高め、機械化によって生産性を高める
・徹底した仕組み化を導入し、パート/障がい者/高齢者/外国人対応する
この2つの流れが多くはなっています。

 

ただ、一般的な目安として頂きたいのは、【人時売上:4,000円】です。

 

例えば、日商12万円だった場合、シフトとしてほしい時間は、

30時間=120,000円÷4,000円

です。

 

そして弁当宅配の配送ピークタイムが11時半~12時半くらいですので、その時間までに完成させなければなりません。

 

そうなってくると、7時~11時までが製造から完成までの重要な時間です。

 

製造部分の目安でいけば、1時間に1人で1万円分の作成が1つの目安となりますので、3人体制で臨めば時間は間に合うと思います。

 
・朝一の製造での人員構成
・昼過ぎでの仕込みの人員構成
 

この2点で見ている上で、

全体:人時売上4,000円

製造:1時間あたり10,000円分の製造

 

上記を1つの指標として見て頂き、効率よく製造を進めて頂ければと思います。

担当者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇

十数年間飲食業の現場でキャリアを積んだ後、船井総合研究所に入社。
上場外食企業のスーパーバイザー、最年少での営業部長就任、130名以上のメンバーのマネジメント実績を活かし、人事評価制度、人材採用、人材開発・育成(教育)プランの提案を得意とする。
現場と経営者の双方の意見を融合させての改善提案や業績向上プラン、即時経費削減プランを具現する。
最近では特に人事評価制度導入により、人を育てて、業績アップを実現させるスキームの導入から運用までの依頼が多い。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート