増税・コロナにも強かった!餃子専門店~餃子の浜太郎~ | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

外食
2020/10/30

増税・コロナにも強かった!餃子専門店~餃子の浜太郎~

株式会社船井総合研究所  玉利 信

増税・コロナにも強かった!餃子専門店~餃子の浜太郎~

―――――――――――――――――――

増税・コロナにも強かった!餃子専門店~餃子の浜太郎~

テイクアウトと店内売上の2毛作で売上を獲得

―――――――――――――――――――
↓餃子ビジネスモデル2021レポートダウンロードはこちらをクリック↓
食パン専門店ビジネスモデル公開バナー

 

いつもコラムをご愛読いただき、

ありがとうございます。

船井総研フード支援部の玉利信です。

 

 

今回は浜松で餃子製造機の製造・販売を手掛けて

国内利用率No.1!さらに実際に餃子の専門店を

ロードサイドに3店舗、駅前に1店舗展開されている

東亜工業株式会社さんの事例をご紹介します。

 

東亜工業さんは「浜太郎」というブランドで

餃子の専門店を現在4店舗、浜松市内で直営にて展開されています。

浜松は宇都宮と並ぶ餃子の町として知られていますが、

浜太郎の各店舗は地元の方々の日常利用としても支持を

受けており、年間を通して地元客による売上を

上手に獲得されています。

 

 

そんな浜太郎ですが、実はコロナ禍でも店舗最高売上を

更新した店舗もありました。駅前の餃子酒場業態は

駅前繁華街にそもそもひとがおらず、休業を余儀なく

されるなどブランド全体としては少なからず

マイナスの影響を受けました。

ただその一方、郊外ロードサイド店舗に関しては

1 生餃子のテイクアウト

2 持ち帰り弁当

この2つが減少する店内飲食売上分をカバーし

さらにプラスオンで売上を積むことに成功し、

結果的にある店舗では店舗最高売上を更新する

店舗もありました。

 

特に、テイクアウト売上を大きく獲得できた要因としては

1 餃子6個入り弁当を380円というインパクトある

値付けで販売した

2 GWの需要期に合わせてしっかりとチラシで販促を実施した

3 それによって多くの集客を実現し、結果的に来店したお客様に

他の商品もご購入いただき、売上も大きく伸ばすことができた

というのが大きいです。

 

現在はコロナの影響により、テイクアウトやデリバリーなどの

「中食」と言われる分野が着目されています。

ただ本来「店内飲食(=外食)」とお弁当・惣菜販売などの

「中食」はどちらかのニーズが増えればどちらかのニーズが

減るという、いわゆるシーソーのような関係です。

 

そういう意味で、「餃子」という看板商品を持った浜太郎は

外食と中食のどちらの分野にも対応できるため、非常に

安定性の高いフードビジネスを手掛けることができていると言えます。

昨年10月の消費増税のタイミングでも、軽減税率の適用される

中食の売上が上がり、その安定性の高さを証明しました。

 

東亜工業株式会社の代表である請井(うけい)社長に

インタビューした際に、餃子という商材の魅力について

以下のポイントがあるとおっしゃっていました。

1 餃子は馴染みがあり、お子さんからご年配まで、客層が幅広い。

→そのため集客力が高く、看板商品にもなる!

2 食材は特殊なものがなく、原価率が低い。

→看板商品としての餃子が売れれば売れるほど、利益率が高くなる!

3 立地に応じたビジネスが展開可能

→郊外ロードサイドでは餃子を主力とした定食業態が可能であり、

駅前繁華街では餃子を主力に酒場業態という選択が可能である。

4 テイクアウト需要を獲得できる

→餃子は幅広い客層にウケる商材であり、食事のシーンでも飲みのシーンでも

食べられていることから、テイクアウトの需要も獲得しやすい!

 

 

国海外に餃子の魅力を伝える『餃子の伝道師』として事業展開を

されている東亜工業株式会社 代表取締役社長 請井正氏

をゲスト講師にお招きしたオンラインセミナーを11月に2本

12月に3本実施します!

餃子という商材の魅力や、立地別の餃子ビジネスの展開方法なども

コンサルタントが解説するセミナーとなっております。

いま特に注目していただきたい2つのビジネスモデル

1.郊外/ベッドタウンでの餃子のテイクアウト(物件により+各種定食イートイン業態)

2.駅前繁華街での、サイドが中華料理のネオ大衆餃子酒場(+テイクアウト窓口あり)

を中心に、浜太郎さんの事例もお伝えしていきます。

オンラインでの開催のため、どこでもお好きな場所から視聴可能!

★パソコン(オンライン)でセミナーを受けたことが無い経営者さまも多くフォローさせていただいています。安心してお申し込みくださいませ。★

 

 

コロナ禍で2021年に向けて会社の新たな成長エンジンを模索している

経営者の皆さま必見のセミナーです。

ぜひご参加くださいませ。

 

 

フード支援部 玉利信

 

↓餃子ビジネスモデル2021レポートダウンロードはこちらをクリック↓
食パン専門店ビジネスモデル公開バナー

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

担当者
玉利 信

「外食の楽しさを伝える」という使命のもと、船井総研に入社。
1店舗~年商50億規模の外食企業まで、全国の居酒屋・カフェを中心にコンサルティングを実施。直近は「餃子」を主力とした事業の立ち上げ・展開も多くサポートしており、「餃子の無人販売店」「餃子のお持ち帰り専門店」「餃子の食堂業態」「餃子酒場」「餃子の通販参入や卸への展開」など、餃子で事業成長をしていくためのトータルサポートを実施している。飲食店の店舗開発から、既存店リニューアル(メニュー、店頭、販促など)まで一気通貫で経営支援を行っている。特に数値分析を基にしたコンサルティングによって、大手企業や異業種からの外食業界参入企業からも支持されている。

0120-958-270 無料経営相談を申し込む
記事を見る
の他記事
のテキスト無料ダウンロード
その他おすすめの記事