今こそ考える「伸びている市場への投資」 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

食品
2020/9/02

今こそ考える「伸びている市場への投資」

株式会社船井総合研究所  久嶋裕介

今こそ考える「伸びている市場への投資」

いつもありがとうございます。
 
日本でのコロナウィルス流行から3カ月以上が経ち、
企業・業態によって明暗がはっきりしてきました。
食業界でも、コロナ以前から時流に合わせた”バージョンアップ”に
投資をしていた企業がコロナ禍で業績が落ちづらく、
好調なところもあります。
 
・立地では、地元足元商圏ビジネスや都市商圏から車で
90分圏内の観光立地ビジネス、全国商圏の通販EC
・業態では、若者や女性ターゲットのビジネスモデル、DX対応
・商品では、商品力の高く見せることのできる単品
 
船井総研の「伸びている市場への投資」という考えは、
withコロナでも変わることはありません。
このような立地・業態・商品に投資をしている企業は
withコロナの今だからこそ、より早く競合に差をつけることができます。
そしてwithコロナの今、次の時代を見据えた
さらなるバージョンアップを始める企業が次々と
水面下で準備を始めています。
 
 
■新業態投資を始める企業は既に出現
 
先日、埼玉県川越を拠点としているコエドビールが
川越駅横の商業施設内に直営飲食店をオープンしました。
これまで川越の観光地とは離れた場所での営業は行っていましたが、
川越駅へ醸造所付きの旗艦店開発です。
 
コロナ以前からの計画であったとは思いますが、
withコロナを見越した成長産業への投資であったことを感じさせます。
クラフトビールの興隆はもちろんですが、この環境下でも
成長する観光市場の獲得に大きく動いていることは
参考にする部分が大きいでしょう。
 
日本でのコロナ流行から3ヵ月という期間が経ち、
次を見据え始めた企業のご相談も増え始めています。
既存事業の見通しが立ち、前を向き始めたタイミングで
以下の要素を抑えた自社のバージョンアップをぜひご検討ください。
 
・立地では、地元足元商圏ビジネスや都市商圏から車で
90分圏内の観光立地ビジネス、全国商圏の通販EC
・業態では、若者や女性ターゲットのビジネスモデル、DX対応
・商品では、商品力の高く見せることのできる単品
 
 
船井総研のおすすめ新業態として、
クラフトビール事業がまさにそれらが当てはまります。
 
・立地の特徴
船井総研のクラフトビール事業でお勧めする立地は観光地での展開です。
観光地には酒屋が今でも多くありますが、土産としてのアルコールマーケットは大きく
それに加えて観光客が楽しみにしているその地ならではの食需要・
ナイトライフ需要を獲得することができます。
 
今まさに観光地はコロナの影響もあり物件の空きが増えてきていますので、
思ってもいない好条件の物件取得のチャンスです。
 
 
・業態の特徴
業態として、単なる販売店ではなく醸造所併設店舗を出店することで、
「いまだけ、ここだけ、あなただけ」をお客様に訴求することができます。
今、ここで造ったばかりのクラフトビールが飲めるということが付加価値ですので
製造と販売を分離しないことが重要です。
 
好立地への出店をお勧めしますが、限定性の高い価値を提供することで
クラフトビール事業のブランディングにもつながります。
好立地で低投資からスタートし、ブランド力を高め、利益を出すことで
次の展開として、地域内卸・EC・輸出を狙っていけるビジネスになります。
 
 
・商品
大手ビールメーカーのビールと違ったクラフトビール業態は
限定性の高い価値がつくため、高価格販売が既になされています。
 
また、全国観光立地のクラフトビールメーカーが既に達成しているように
将来的にも価格競争にならないために、好立地で競合参入の障壁を上げ
地域一番店として末永く独り勝ちが続く状態を目指せます。
 
 
■クラフトビール事業参入のメリット
 
●第1次ブームから初期投資1/5以下で参入可能!
初期投資500万円~の醸造付加するビジネスモデルを大公開
 
●酒造メーカー、食品メーカーの次の展開としての「クラフトビール醸造×飲食」
自家製ビールで、既存ブランド価値・集客力UP
輸出事業の2つ目、3つ目の商品軸としても強いJapanese Craft Beer
 
●職人不要・素人からでも成功するクラフトビール事業
 
●地域の特産物を活用した新たな「名物」をつくりたい方
 
詳細を知りたい方は、無料レポートをダウンロードください。
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/dlgo-dl.html?txt=6%E3%83%B5%E6%9C%88%E3%81%A7%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%86%B8%E9%80%A0%E6%89%80%E3%81%B8%E3%81%AE%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E5%8F%82%E5%85%A5&url=https://asset.funaisoken.ne.jp/funai-food-business/craftbeer202006.pdf&_ebx=b5d6147jhz.1569995204.7ccuwrw#_ga=2.210764437.1868753759.1598466795-1159670468.1574662890
 
 
9月には関連するセミナーも開催しております。
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063454
 
ぜひご検討ください。

担当者
久嶋裕介

金沢大学経済学類在学中に酒蔵、米農家と連携し日本酒を創るプロジェクトに参画。
株式会社船井総合研究所に新卒で入社後は、食分野だけでなく、介護・福祉業界にて新規事業立上げのコンサルティングを行う。
現在は、酒造を始めとする食品メーカーでの売上・利益率アップのためwebマーケティングの視点からサポートをし、集客の最大化において多数の実績を上げている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
新業態 の他記事
新業態 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事