【繁盛店の対策】アフターコロナはテイクアウト導入から専門店化へ | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

外食
宅配
2020/7/02

【繁盛店の対策】アフターコロナはテイクアウト導入から専門店化へ

株式会社船井総合研究所  橋田 佳奈

【繁盛店の対策】アフターコロナはテイクアウト導入から専門店化へ

いつもコラムをご愛読頂きありがとうございます。

船井総研の橋田です。

 

本日は

「飲食店向け 高生産性テイクアウト専門店開発セミナー」の

ご案内をさせて頂きます。

 

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063100

 

コロナによって人々の生活様式が大きく変化。

飲食店を経営される皆様の中にも、

今後の事業をどのように時流に合わせていくかご検討されている方も多いのではないでしょうか。

 

そのような中で、

・不振店を業態転換したい

・飲食店で販売していたテイクアウト事業を本格化させたい

・中食事業を本業の次の柱に育てたい

といったお声を多く頂いております。

 

実際緊急宣言解除後、中食売上が落ち着いてからも、

「テイクアウト専門店として事業運営できている」会社様は好調に推移しているところが多いです。

上記の取り組みをされ、成功されている会社様が数多くいらっしゃいます。

本日はその中でも、一部の会社様をご紹介いたします。

 

①焼肉業態の店舗が中食専門店を設立し、中食月商2,000万円へ

焼肉店を運営する企業がデリバリー機能も付加したテイクアウト専門店を設立し、月商1,000万円を達成。さらに、テイクアウト専門店を起点に通販、デリバリーなどのマルチチャネル展開で中食月商2,0000万円へ。

 

②炭火ステーキテイクアウト&デリバリー専門店を開発し、開始わずか2年で年商2億円を4名体制で達成

中食専門店として炭火ステーキテイクアウト&デリバリー専門業態を開発。設立わずか2年で年商2億円を4名体制で達成。人時売上1.7万円以上の高生産性業態を実現。

 

③とんかつ店が専門店を4店舗設立し、年商2億円を達成

とんかつを提供する業態が、フライヤーのテイクアウト・デリバリー専門店を続々設立。CK併設の店舗で平均月商800万円、事業全体の営業利益率23%を達成。

 

本セミナーでは上記企業様などの事例に基づき、

・既存店の撤退、業態転換からテイクアウト専門店設立までのステップ

・テイクアウトに適切な立地別商品開発手法

・オープン直後から認知を獲得するブランディング手法

・初動売上を獲得する集客対策

・テイクアウト専門店の多店舗化システム構築手法

・テイクアウト専門店の生産性向上及びフードテック活用手法

など、惜しみなくお伝えいたします。

 

【日程】

7月9日(木)10:00~11:30,16:00~17:30

7月13日(月)10:00~11:30,16:00~17:30

7月17日(金)10:00~11:30,16:00~17:30

7月20日(月)10:00~11:30,16:00~17:30

上記4日間、午前、午後でお時間をお取りしております。

オンラインでの配信ですので、PCやスマートフォンをご準備頂ければ

場所を問わず視聴いただくことが可能でございます。

 

【参加料金(税抜)】
・一般価格 10,000円 (税込 11,000円)/ 一名様
・会員価格 8,000円 (税込 8,800円)/ 一名様

是非お申し込みください。

(お申込み・詳細はこちらhttps://www.funaisoken.co.jp/seminar/063100  )

担当者
橋田 佳奈

大学を卒業後、新卒で船井総研に入社。入社後は中堅大手企業向けの新規事業の構築や業務プロセス改善などのプロジェクトを経験したのち、中食・給食業界のコンサルティングに従事。自身でも飲食店を運営していた経験を活かし、現場での課題抽出から適切な対応策を瞬時に発見し、現場で即実践可能な提案へと落とし込むことを得意としている。フード領域のマーケティングはもちろん、労務環境改善や働き方改革、生産性アップへとつながる、食関連領域における業務改善ノウハウは社内でもトップクラス。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
出店 の他記事
出店 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事