今、通販が好調!日々の関係づくりを活かす時! | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

食品
2020/3/23

今、通販が好調!日々の関係づくりを活かす時!

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/チーフ経営コンサルタント 中野 一平

今、通販が好調!日々の関係づくりを活かす時!

皆様、こんにちは。

食品メーカーチームの中野一平です。

 

コロナウイルス感染の影響は、インバウンド対象企業や観光企業に限らず、ジワジワと様々な業種・業界に拡がりつつあります。

我々のご支援先でも、2月迄は暖冬も手伝い直売店が好調でしたが3月は苦戦中です。

 

先も見えないため暗い気持ちになりがちですが、視点を変えますと好調なビジネスも見えてきます。それらを参考に、何が有効か、どのような手を打っていくべきか考えていきましょう。

 

ズバリ、通信販売や宅配など、「お客様の家まで商品を届ける」ビジネスが絶好調です。

以前、お客様が年間で「何に・いくら使うか」はある程度決まっており、業績アップには自社の介在するマーケットでのシェアアップ以外に、他のマーケットから奪うことがポイントとお伝えしました。

今、外食から家での食事へのスライド、マーケットの移動が発生し、通信販売、宅配が伸びているのです。

 

この機を逃さず積極的に攻めていきましょう。

特に店舗売上が落ちている企業では至急取り組みましょう。

 

まずオススメは、上得意客への臨時の通販キャンペーンです。

上得意客(1年間の回数上位)はもともと高確率で購入いただけます。加えて、この状況ですので応援もしてくれます。

費用はかけずにハガキDMで十分です。その代わり、臨時キャンペーン用の商品は必要です。お酒であれば限定酒、どうしても限定商品がない場合はオマケ付きのまとめ買いセットなどでも結構です。「こういう時期なのでこんな企画をしました。ぜひご利用ください」と明確に伝えましょう。

上得意客には響きます。

 

3、4月で蔵祭り・工場祭を中止した企業の場合、そこで売る予定だった限定商品訴求は「買う理由」としては申し分ありません。

実際、ある酒蔵にて、中止になった2月イベントの限定酒をハガキ、SNSで告知したところ1、2日で完売し「もう少し用意しておけばよかった」という嬉しい結果となりました。

 

あとはメルマガ、SNSを活用してより多くのお客様へ、プレゼントやちょっぴりお得、買いだめ商品のだんだん割引、まとめ買いセットを以下の企画で呼びかけてみましょう。

・巣ごもり応援キャンペーン

・お料理応援キャンペーン

・家飲みキャンペーン

・おうちでお花見キャンペーン

・おうちでパーティキャンペーン

・美味しく手抜き!カンタンお料理キャンペーン

・親子で◎◎づくりキャンペーン

 

通常時から顧客やファンとの関係づくりができている企業ほど、成果が得られるはずです。

この、関係づくりですが、会員化しランク別に仕掛けをする、VIPを重宝するなどの特別なことでなくてもよいのです。

 

商品や企業の取り組みをSNSで日々情報発信する、定期的にメルマガを配信する、春夏秋冬でDMを出す、商品同梱物に気を配る・・・

これらの積み重ねです。

普段、情報発信も何もせず「非常事態なので買ってください」では、反応も鈍いものになるでしょう。

 

今迄、関係づくりをされてきた企業は通信販売がチャンスです。

臨時で仕掛けていきましょう!

 

「うちの場合はどうしたらよいの?」とお悩みの方はお気軽にご相談ください。

宜しくお願い申し上げます。

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平

これまで500 以上の様々な食品や蔵の直販・通販事例に携わり、四季を通じたイベント、固定客化、名簿収集活動、蔵祭りなどで実績を上げている。蔵祭り・工場祭などの実績は船井総研でもトップクラス。
あらゆる規模の仕掛けを成功させている。
自身も販売士2 級の資格を有する。
 
「前向きに実行すれば必ず結果はついてきます」

このコンサルタントに相談する
記事を見る
食品メーカー・卸 の他記事
食品メーカー・卸 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事