食品メーカーがヴィーガン認証を取得する理由とは? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

食品
2019/8/27

食品メーカーがヴィーガン認証を取得する理由とは?

株式会社船井総合研究所  久嶋裕介

食品メーカーがヴィーガン認証を取得する理由とは?

いつもメルマガをご愛読いただき

ありがとうございます。

株式会社船井総合研究所の久嶋です。

 

本日はここ1~2年で非常に盛り上がりを

見せているヴィーガンをはじめ、

ハラール、コーシャ、グルテンフリーなど

食品認証についてまとめました。

 

自らの食事に制限を与える方々に対し

食品メーカーが提供できる価値、

それを生かした販路拡大について

考えていきましょう。

 

■ヴィーガンとは?

卵や乳製品、はちみつを含む、動物性食品を

いっさい口にしない

「完全菜食主義者」のこと。

※一般的なベジタリアンは肉や魚を食べない方

 

■ハラルフードとは?

豚肉やアルコールなどを除いた

イスラム法上で食べることが許されている

食材や料理のこと。

清潔かつ安全に管理された、

高品質・高栄養価で健康的な食べ物である

必要がある。

 

■コーシャフードとは?

ユダヤ教徒が食べてもよいとされる

「清浄な食品」のこと。

オーガニック等と同様に、高品質で

安心でき、地球環境に配慮する食品と

考えられている。

 

■グルテンフリーとは?

小麦などグルテンを含んでいない食品のこと。

炭水化物を減らす方法として注目される。

 

 

■食品メーカーが認証をとる理由

今回ご紹介した4つの食品認証は

欧米では当然多くの企業が取得して

いますが、ここ数年日本でも

食品メーカーが取得を進めています。

 

理由としては、

  • 多くのメーカーが海外輸出を強化
  • 日本国内での市場拡大

 

海外輸出はもちろん、海外観光客の増加や

国内における食事制限のある高齢者の増加など

実際に宗教による食事制限がある方だけでなく

健康志向の増加によって需要が増えています。

 

また、これら4つの認証マークがつくことは

商品の付加価値になります。

宗教上問題ないが、安心安全こだわりの食品を

求めている消費者がこれら認証のある商品を

購入する。

実はこのような市場が大きく存在しています。

 

日本固有の食品であれば代替するものがないため

先行者メリットが非常に大きいのも特徴です。

 

 

■認証マークによる販路拡大

食品メーカーにとって販路拡大営業で

必要なものは何でしょうか?

 

口のうまい営業マン、社長のコネクション等

いろいろありますが、売る人が売りやすい

商品価値を付けることがまずは必要です。

 

つまり、商品の価値を分析し

その価値を武器として営業するわけです。

 

いくつ武器をもてるか…

皆様のこだわりの商品で認証を取得し

現在ニーズのある武器として活用しましょう。

 

認証取得に関する情報や

コンサルティングに興味があれば

こちらからお申込みください。

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-foodstuffs-inquiry.html#_ga=2.186833453.42173400.1564982957-523685458.1545110735

 

 

担当者
久嶋裕介

金沢大学経済学類在学中に酒蔵、米農家と連携し日本酒を創るプロジェクトに参画。
株式会社船井総合研究所に新卒で入社後は、食分野だけでなく、介護・福祉業界にて新規事業立上げのコンサルティングを行う。
現在は、酒造を始めとする食品メーカーでの売上・利益率アップのためwebマーケティングの視点からサポートをし、集客の最大化において多数の実績を上げている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
食品メーカー・卸 の他記事
食品メーカー・卸 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート