お盆の連休はターゲットを明確にした取り組みを! | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2019/7/31

お盆の連休はターゲットを明確にした取り組みを!

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/チーフ経営コンサルタント 前田 輝久

お盆の連休はターゲットを明確にした取り組みを!

2019年はGWから始まり、大型連休の多い年になっております。これから訪れるのは8月のお盆になります。2019年のお盆の連休期間は、8月10日から始まり、16日の平日を挟んで最大で翌週の18日(日)までの9日になります。

大型連休のGWのご支援先の売上の傾向を分析しますと、地元顧客が中心の店舗は4月末までは売上は好調で、5月に入ってからは2日~4日までの休みは観光地の店舗は好調で逆に地元型の店舗の売上は伸び悩んだようです。また、5月6日の最終日は地元型、観光型両店舗ともに売上は伸び悩んだようです。

さて、このような長期の連休で考えるべきは、顧客がどのように行動し、どのタイミングでお客様が来るのかを想定して計画を作ることになります。

その時に自分たちの顧客は誰なのか、どんな購買動機、来店動機でお客様が来てくれるのかを再度確認することが必要になります。

GWとお盆の大きな違いは、地方であればお盆期間は「帰省」の顧客がいることです。

私自身が東京から田舎に帰省をすることがあるので、帰省顧客が求めることを経験則からお伝えすると、普段はその場所にはいなくて、久しぶりに帰ってきたときに立ち寄りたいのは、昔から通っていたお店に懐かしさを求めて立ち寄るか、いま話題のお店や商品を試しに行ってみるということになります。

上記のことを踏まえて、地元型のご支援先では集客は話題の商品を打ち出していき、店舗では安心感のある帰省土産の菓子を売場で全面展開する取り組みをお願いしています。

また、ご支援先の社長と相談し、その店舗の顧客動向を考え、連休の前半に勝負をかけ、後半は少しペースダウンのシフトを組んでいただきました。お盆は13日~15日で、顧客が集中しそうなのは11日~14日、それ以降は人員として無理のないシフトを組むという考え方です。

上記の取組みを参考に、お盆における皆様の店舗のメイン顧客を想定して、お盆の集客計画を立てていただければと思います。

 

~開催予定セミナーのご案内~

異業種向け単品スイーツ専門店参入セミナー

開催概要:2019年08月28日(水)@船井総研 東京本社

2019年09月10日(火)@船井総研 淀屋橋セミナープレイス

https://sem.funai-food-business.com/seminar/048262/

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久

食品専門店の店舗開発や活性化のコンサルティング支援を行っている。なかでも、卵、豚肉、豆腐などの生産者・中小食品メーカーの直売店開発支援では定評がある。
「即時業績向上」「力相応」をモットーに、すぐに実践できる実現可能な提案を行っています。「生産者、メーカーの自立」をポリシーに、中小企業が市場価格や卸先の影響に負けないで永続できる企業になるためのコンサルティングを行っています。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
食品小売り の他記事
食品小売り のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート