夏商戦スタート!夏ギフトと自家消費の掴み方 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

食品
2019/7/08

夏商戦スタート!夏ギフトと自家消費の掴み方

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/チーフ経営コンサルタント 中野 一平

夏商戦スタート!夏ギフトと自家消費の掴み方

夏商戦がスタートしましたが状況はいかがでしょうか。

お中元としての動きはこれからという段階かと思いますが、夏商戦はスタートしています。

 

通信販売の場合、6月上旬にはキャンペーンスタートが必須です。

「6月にDMを出してもお中元としては7月中旬から」というご意見もいただきますが、おっしゃる通りでお中元は地方では7月中旬からお盆ギリギリ迄が山になります。

しかし、「お中元ギフトを選ぶのは6月から」です。なぜなら、早ければ5月下旬から各社キャンペーンがスタートし、お客様の手元にDMやメルマガが届くためです。早期割引の締め切りが6月20日頃の企業も少なくありません。遅い企業が腰をあげる頃に、ギフト予約を大方取ってしまっているのです。

 

また、今は百貨店でも「夏の自家消費需要」の獲得に動いているように、夏商戦はお中元だけではありません。細かく分類されますが、おおよそギフトと自家消費の売上ボリュームは1:1です。夏ギフトしか見ていない企業の場合、上手に「夏の自家消費需要」を獲得できれば売上の大きな拡大が可能ということです。

 

それらを踏まえまして、8月の終わりまでは以下を実践してみましょう。

①7月中旬迄に前年同時期購入者+今年の4~6月購入者へDM
6月のDM発送していても構いません。

名簿を絞って、お中元として動き出す適時の再アプローチが効果的です。その際、DM限定企画、今が旬商品が訴求できればベストです。

②お盆明け、20日あたりに夏商品ラスト訴求

該当商品購入者へのハガキ、メルマガが効果的です。

③メルマガは夏ギフト訴求の場合、7月末迄はお中元、8月に入ったらお返し、帰省土産テーマでアプローチを!

④メルマガで自家消費訴求の場合、夏商品が好調であることを徹底訴求!売れない商品を売ろうとはしないよう注意!

⑤敬老の日はお盆明けにWEBからキャンペーンスタート

 

同様に、11月上旬からスタートするお歳暮商戦も、お歳暮ギフトだけではなく夏以上の様々な自家消費需要、年末年始向け需要が存在します。ざっくりお中元・お歳暮ではなく「お客様がどういう意味を持って商品を探しているか、お金を出すか」を意識した適時の細かいアプローチが成功の秘訣です。

 

お歳暮商戦対策の1万円セミナーを開催いたします!とにかく「歳暮では最善を尽くしたい」企業様はぜひご参加ください!

食品メーカーのためのお歳暮対策~通販実践編~

https://sem.funai-food-business.com/seminar/049635/

 

 

さらに、直販ブランドを立ち上げたい企業様必見の工場祭セミナーを同日開催いたします!低利益の卸中心だった日本酒メーカーから工場祭をキッカケに直販事業を確立されている美冨久酒造の藤居社長より実際にやってきた者だからこそ伝えられる講演、船井総研より工場祭鉄板ノウハウが満載です。

食品メーカーのため工場祭セミナー

https://sem.funai-food-business.com/seminar/049567/

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平

これまで500 以上の様々な食品や蔵の直販・通販事例に携わり、四季を通じたイベント、固定客化、名簿収集活動、蔵祭りなどで実績を上げている。蔵祭り・工場祭などの実績は船井総研でもトップクラス。
あらゆる規模の仕掛けを成功させている。
自身も販売士2 級の資格を有する。
 
「前向きに実行すれば必ず結果はついてきます」

このコンサルタントに相談する
記事を見る
食品メーカー・卸 の他記事
食品メーカー・卸 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート