弁当宅配の市場規模とは? | 宅配・ケータリング業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼
コンサルタントコラム

宅配
2016/4/07

弁当宅配の市場規模とは?

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/シニア経営コンサルタント 石本 泰崇

弁当宅配の市場規模とは?

フードデリバリーグループ、グループマネージャーの堀部です。

 

さて、皆様はフードデリバリー、特に弁当宅配の市場規模は把握されていますでしょうか?

市場の規模の把握は、戦略を考える上で非常に大切な視点です。

 

船井総研では、売上の方程式にて、

売上=MS×商圏人口×シェア

(※MSとは、市場規模を総人口で割り、1人あたりの平均年間消費額を示したもの)

(※シェアの場合、1番の26%を目指します)

 

と決めています。

 

上記で見た場合、弁当宅配は6,500円とみています。

 

つまり、年商1億円の規模に事業を育てようと思うと、

1億円=6,500円×約60,000人×26%

 

上記のように、商圏人口として約60,000人が必要な事がわかります。

 

つまり、そもそも60,000人の人口がいなければ、事業を立ち上げても中々苦戦してしまう事があります。

 

戦略が明確だからこそ、そのあとの戦術・戦闘が活きてきます。

逆に、戦略があいまいだとそこからの立て直しには非常に時間がかかってしまいます。

 

この戦略を考える上で、上記の方程式のMSはご参考になりますと幸いです。

担当者
チームリーダー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇

十数年間飲食業の現場でキャリアを積んだ後、船井総合研究所に入社。
上場外食企業のスーパーバイザー、最年少での営業部長就任、130名以上のメンバーのマネジメント実績を活かし、人事評価制度、人材採用、人材開発・育成(教育)プランの提案を得意とする。
現場と経営者の双方の意見を融合させての改善提案や業績向上プラン、即時経費削減プランを具現する。
最近では特に人事評価制度導入により、人を育てて、業績アップを実現させるスキームの導入から運用までの依頼が多い。

このコンサルタントに相談する
記事を見る