消費税増税へのレジ対応で意識したいこと | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2019/5/24

消費税増税へのレジ対応で意識したいこと

株式会社船井総合研究所 マーケティングコンサルタント 田中 渉

消費税増税へのレジ対応で意識したいこと

10月の消費税増税が迫ってきました。

ただ、菓子店の場合、テイクアウトの商品は軽減税率の8%が適用されるますが、イートインスペースで飲食対応されている菓子店の場合、消費税は10%となります。

また、イートイン以外でも、ロウソクや保冷剤など軽減税率の対象外のものもあり、会計も複雑になります。

軽減税率の導入に当たっては、軽減税率に対応するレジへの変更も必要になるでしょう。

これにともなって、中小企業庁が複数税率に対応するレジの導入支援、受発注システムの改修等を補助金により支援してきましたが、昨年末の12月25日に軽減税率対策補助金の補助対象の拡大等が行われています。

 

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2018/181225keigen.htm

 

実際、10月の消費税増税が近づくにつれて、レジの入れ替えを検討・実施されている菓子店も多くなっています。

 

最近のレジはどのようになっているでしょうか。

POS機能もそうですが、自動釣銭機や、キャッシュレス対応など、機能が多様化してきています。

また、これまで高価だったPOS機能も、スマホやタブレットで使える低価格で導入できるものも普及してきています。

 

POSレジのPOSとは、「Point Of Sales」という英語の頭文字を取ったもので、直訳すると「販売時点」。

POSレジは、この「販売時点」の情報を管理することができるシステムを搭載したレジということになります。

レジによっても機能が異なりますが、売上処理だけでなく、売上分析、予約管理、会員管理、在庫管理、顧客分析、原価管理など、様々な情報を扱うことができるようになります。

 

「色々なことができそうだ」と、この機会にPOSレジの導入を、と考えられている方も多いでしょう。

ただ、様々な情報があっても、どう活用するかによって、その効果は大きく違います。

POSレジを導入する場合は、どのように活用するのかしっかりとイメージし、それに合った機能をもったものを購入されることをお勧めいたします。

また、すでにPOSレジを導入されている方で、機能をうまく使いきれていない方は、改めて機能をどう使うか確認することをお勧めいたします。

 

さて、近々ですが、消費税増税とレジ活用のセミナーでゲスト講演させていただくことになりました。

 

「製菓業界における軽減税率対策・キャッシュレス決済対策と最新タブレットPOSの活用セミナー」

令和元年 5月 30日(木) 13:00~16:30 グランフロント大阪

令和元年 5月 28日(火) 13:00~16:30 東京国際フォーラム

https://www.adregi.com/news/seminar/2019/94835/

 

ご興味ある方はぜひお越しください。

担当者
マーケティングコンサルタント
田中 渉

菓子店専門コンサルタント。和菓子店、洋菓子店、併売店、その他各種菓子店に関わるコンサルティングに10年以上携わる。現場にしか答えはないという信念から、少しでも気になることがあると現場に出かけていきルール化を行う。現場から得られた数々の具体的、実践的なノウハウに対する顧客の信頼は厚い。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
菓子・パン の他記事
菓子・パン のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート