月商1300万円達成!たった4人のホールスタッフで200席を運営する「特急レーン焼肉380円以下専門店」とは!? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

外食
2019/5/30

月商1300万円達成!省人化を導入した【特急レーン 焼肉380円以下専門店】とは!?

株式会社船井総合研究所  岡本 星矢

月商1300万円達成!省人化を導入した【特急レーン 焼肉380円以下専門店】とは!?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

月商1300万円達成!特急レーン 焼肉380円以下専門店とは!?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

いつもありがとうございます。

船井総研の焼肉コンサルタントの岡本です。

 

本日は人手不足時代に対応した、

「省人化」を取り入れた

「特急レーン 焼肉380円以下専門店」について

お話しさせていただきます。

 

・売上・利益が上がらない・・・

・人手が足りず、出店どころか既存店のシフト組みさえままならない・・・

・競合が増え、集客が苦しくなってきた・・・

・原価が上がり、人件費も上がり、利益の確保が本当に厳しい・・

 

上記の様な悩みをお抱えの経営者様は日本中に数多くいらっしゃることかと思います。

 

時代に適合した業態「 特急レーン 焼肉380円以下専門店 」について、

解説させていただきます。

※特急レーンは北日本カコー株式会社様の商標登録です。

 

本日は「特急レーン 焼肉380円以下専門店を開発が今必要な理由」についてお伝えいたします。

 

◆業績向上のキーワードは【時流適応=省人化対応】!省人化モデル開発が今必要な理由  

 

「特急レーン 焼肉380円以下専門店」とは、

「タッチパネルで注文・オーダーレーンで商品を提供する、全品380円以下の焼肉店」です。

 

この業態がなぜ、「 今、開発すべき業態 」なのかご説明いたします。

 

弊社、「船井総合研究所」では、業績向上のためには「時流適応」と「原理原則」が大切だと

お伝えしております。

 

しかし、「時流」を外した中で、いくら「原理原則」を徹底しても、流れに乗っていないので

業績向上の成果が上がりづらくなります。

 

では、今の時流と言えば間違いなく、「 人手不足 」です。

特に飲食業は人手不足が深刻です。

 

有効求人倍率はキッチン(飲食物調理の職業)3.29倍、ホール(接客・給仕の職業)3.92倍と

全産業の有効求人倍率1.63倍と比べても非常に高いことがわかります。

 

そこで、今外食企業がとるべき選択肢として、

運営人数が少なくて済む、つまり「省人化を取り入れた集客力のある業態」を

開発することが必須となっています。

 

省人化を実現した業態、「特急レーン焼肉全品380円以下専門店モデル」の特徴は以下の通りです。

 

①タッチパネルの注文・オーダーレーンによる商品提供のセルフ化により、ホールスタッフ50%カット

②全品380円以下の商品構成。郊外焼肉店の平均客単価の約66%で高い集客力を誇る

③焼肉食べ放題業態に比べ、席回転率が高く時間当たり売上が食べ放題業態よりも1.3倍高い

 

タッチパネルとオーダーレーンという「 セルフ化による人件費の削減 」と

全品380円以下の商品構成という「 原価率をかけることで実現する圧倒的集客力 」が

「特急レーン焼肉全品380円以下専門店モデル」のポイントです。

 

 

担当者
岡本 星矢

フードビジネス支援部に所属。日々全国のクライアントへのコンサルティングを行っている。WEBを活用した集客や、焼肉・肉バル業態のクライアントを主に担当している。経営者のみならず、現場のスタッフとの対話を重視した誠実なコンサルスタイルには社内外から評価を受けている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
焼肉 の他記事
焼肉 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート