【必須!】史上初の10連休を見越したGW対策ですべきこと | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2019/4/04

【必須!】史上初の10連休を見越したGW対策ですべきこと

株式会社船井総合研究所  川村 諒志

【必須!】史上初の10連休を見越したGW対策ですべきこと

2019年のゴールデンウィークは史上初の10連休で、嗜好性の高い菓子は非常に多くの需要が見込まれます。

そのため、この繁忙期を以下に売り切るかが必要となってきます。

 

そこで、今のうちに今年のGW対策として

以下の3点をしっかりと見直してみてください。

 

1.売上の上限を高める販売管理

2.人員配置

3.原材料の調達方法

 

中でも意外と視点として抜けがちなのが、繁忙時期にさらに売上の上限を高めるための取り組みです。

今後の菓子店の生き残り戦略としても、如何に売れる時期に売り切るかという視点は非常に重要です。

 

例えばいくつか例を挙げますと

・臨時駐車場を繁忙時期には近所に数日間だけ借りる

・行列を早く対応するために事前にメニュー表を配布する

・製造効率の手間を減らすためにも繁忙時期には

商品アイテム数はあえて減らしておく

・繁忙時期には限定のセット商品を作り、販売時間を短縮する

・列を作るためにポールを配置し、お客様を一直線に誘導する

などなど対策は多く挙げられます。

 

また、近年の傾向ですとGW時期から比較的気温が高くなることが多く、冷菓関係が非常に売れる時期でもあります。そのため、新規で夏メニューを提案する場所としても実施して頂くのが良いでしょう。

 

また、具体的な人員計画や原材料の調達などのオペレーション面も通常ない連休のため予め準備をされることをお勧めいたします。

 

GWや今後の夏休みを含む繁忙期対策でさらに売上を伸ばしたい方には朗報です。

 

【4月17日のスイーツビジネス研究会で直前のGW対策についても情報交換!】

 

4月17日のスィーツビジネス研究会では、GWの直前の対策だけでなく、夏に向けた新商品の具体的な話まで紹介させていただきます。ぜひ以下よりお早めに当日ご参加のお申込み下さいませ。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

当日のゲスト講師は常に新たな挑戦を展開する世界的なスイーツブランド「ピエール・エルメ・パリ」

日本法人代表:リシャール・ルデュ氏による

【「ピエール・エルメ・パリ」の日本市場の販売チャネル戦略とアジア展開】

 

〇スイーツビジネス研究会

日時:4月17日(水)11:00~16:30

場所:船井総研 東京本社

https://funai-food-business.com/biz-confectionery/study/

 

初めてご参加の方は1名様無料でのご招待となります。

(お席に限りがありますので、先着順・お断りすることがございますので、予めご了承ください)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

担当者
川村 諒志

愛知県出身。大学卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。
入社後は、食品業界のコンサルティングを行い、中でもWEBプロモーション戦略に強みを持ち、
日々業績向上に努める。現在は食の観光マーケットにおける新規業態の開発や商品開発のサ
ポートを行っている。その中で、全国各地の観光地の現場に調査に赴く回数は全社でも随一で、
最新の観光マーケット動向や事例の収集に努めている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
web の他記事
web のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート