年商1.4億円売れる単品スイーツ業態とは!? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2019/1/24

年商1.4億円売れる単品スイーツ業態とは!?

株式会社船井総合研究所  川村 諒志

年商1.4億円売れる単品スイーツ業態とは!?

近年、地域密着型からの新規ブランド参入や

異業種からの参入で増えてきているのが、

単品スイーツ専門店という業態です。

 

「おはぎ専門店」「どら焼き専門店」

「プリン専門店」「バウムクーヘン専門店」などの

様々なカテゴリの単品スイーツ業態が増えてきています。

 

ただ、全国各地に徐々に増えてきた単品スイーツ業態ですが、

確実に大きな売上の差異がそこに生まれています。

 

その大きな売上が変わるポイントが以下の5つです。

 

1.単品業態が売れる「立地」へしっかりと出店する

2.その企業独自固有の「ブランド」づくりをしている

3.単品も売れる「商品カテゴリ」をしっかりと選定している

4.専門店訴求が伝わる「実演性」を設けている

5.広域集客ができる「広報・販促」を実践している

 

 

そして、弊社のお客様で、昨年上記の取り組みをされ、

プリン専門店で年商1.4億円を見込む業態づくりに

成功されたのが株式会社北海物産様が運営される

「沼津深海プリン工房」です。

 

 

<朗報!>年商1.4億円を見込むプリン専門店を運営される

     株式会社北海物産様のセミナーが開催決定!!

     (3月4日@船井総研五反田セミナープレイス)

 

▼詳細は以下をご参照下さいませ。

http://bit.ly/2AT7FJU

 

単品スイーツ専門店に新規で参入され、

初年度から年商1.4億円の売上を見込むまでに短期で成長された

「沼津深海プリン工房」を運営される

株式会社北海物産 代表取締役の岡田氏を

お呼びしたセミナーを開催いたします。

 

当日の講演内容としては、本日ご紹介しました

売上が変わるポイントの5つについての考え方だけでなく、

・正社員が1名で1店舗運営可能なノウハウ

・オープンから話題を作るための具体的な販促手法

・話題を呼ぶためのブランドづくりのポイント

などを講演いたします。

担当者
川村 諒志

愛知県出身。大学卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。
入社後は、食品業界のコンサルティングを行い、中でもWEBプロモーション戦略に強みを持ち、
日々業績向上に努める。現在は食の観光マーケットにおける新規業態の開発や商品開発のサ
ポートを行っている。その中で、全国各地の観光地の現場に調査に赴く回数は全社でも随一で、
最新の観光マーケット動向や事例の収集に努めている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
web の他記事
web のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート