省人化しながら高い集客力をもつ年商1億円 営業利益25%超の【大衆焼肉酒場】モデルとは!? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

外食
人材
2018/12/18

省人化しながら高い集客力をもつ年商1億円 営業利益25%超の【大衆焼肉酒場】モデルとは!?

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/マーケティングコンサルタント 加登 大資

省人化しながら高い集客力をもつ年商1億円 営業利益25%超の【大衆焼肉酒場】モデルとは!?

いつも飲食店経営に関するコラムをお読みいただきましてありがとうございます。

 

飲食業界全般の経営課題として人手不足対応をどのように行うかが2019年以降も引き続き重要なテーマとなっていますが、

そのような中で人手不足を設備や業態のつくり方で省人化を実現して解決し、

その上で集客にも上手につなげているお店が出てきています。

 

乗降客数3.3万人の地方駅から徒歩7分ほどに位置する弊社会員様の「大衆焼肉酒場」では、

2018年9月(オープン3か月後)の月商で796万 営業利益率27% 営業利益217万円を達成しました。

 

このお店のポイントは、下記6つです。

・ドリンクセルフ化の導入で人件費率18%・・・省人化

・省人化した分、商品をお値打ちに(和牛カルビ500円)・・・コスパ化

・飲み放題90分500円での集客を実現・・・定額制による集客力

・全商品ほぼ500円以下で平均客単価2800円・・・ボリュームゾーンの予算帯

・地方ならではの宴会を獲得できる席配置・・・多利用動機対応

・ホルモンを名物化することで低原価商品の売上構成比アップ・・・高粗利化

 

 

このように上手に省人化の要素をいれながら集客につなげられる業態づくりが

今後の飲食店の成長には必須となります。

 

また、高収益化という視点は、今後の人材採用力への投資に必要な原資作りとしても必須です。

 

これから伸びるビジネスモデルを模索されている方はぜひ、本モデルを解説したセミナーもございますので、ぜひご興味のある方はお申込みいただければと思います。

いずれにせよ「省人化×集客」の要素を自社業態でも実現する方法を模索いただけばと思います。

 

http://sem.funai-food-business.com/seminar/041765/

 

お申し込みは上記WEBサイトよりしていただけます。

 

担当者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
加登 大資

入社以来、様々な飲食店の既存店活性化プロジェクト支援に従事。現場に足を運ぶことにこだわりを持ち、100 店舗以上の事例を見たことによる完全な事例主義を実践している。肉業態、特に焼肉店ならではの販売促進による即時業績UPを得意とし、クライアントから高い評価を受けている。最近では、牛肉業態の「焼肉店」「肉バル」の業態開発 をはじめとし、豚肉業態であるとんかつ店・しゃぶしゃぶ店のクライアン トも多く持ち、その業績アップに取り組んでいる。原価高騰に悩む肉業界で、商品構成や売価設定など細かいところまで入り込み、客数を減らすことなく、客単価を上げ利益改善、業績アップにつなげる手法には定評がある。日常づかいからハレの日使いまで幅広くしてもらえ、お客様に喜んでもらえる「肉業態」を作り上げることを目標に日々活動している。

記事を見る
焼肉 の他記事
焼肉 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート