宅配弁当事業における商品開発のポイントとは。 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/11/06

宅配弁当事業における商品開発のポイントとは。

株式会社船井総合研究所  迫田 和仁

宅配弁当事業における商品開発のポイントとは。

皆様、こんにちは。
船井総研 中食コンサルタント 迫田です。
 
「商品の開発のポイント」についてお話します。
 
 
今後、中食事業に参入を検討されている方、
参入しているが商品改廃をなかなか行えていない企業様
に向けて弁当宅配事業における「商品開発のポイント」をご紹介します。
 
弁当宅配事業でいうと、法人様の年間の利用頻度は
一般的に4回~6回程になります。
そのため飽きられず自社の商品を使い続けて
もらうためには定期的な商品改廃が必要となります。
 
新規で参入される企業様も商品の開発が進まなければ
他の事業構築は進められません。
 
その際に必要になるポイントとは、
『ターゲットに合わせた量・価格であるか。』
言い換えるとターゲットを思い浮かべて商品を開発しているかどうかです。
 
弁当宅配事業は必ず何らかの用途があり、注文をして頂けます。
その用途に合わせた量、価格で販売できているかが重要になります。
 
では、適切な量をどのように判断すべきか。
そのヒントは競合の商品にあります。
競合となる店舗の商品が全体の量、メイン食材の量、その他食材の量
どれくらい使用しているのか。
そこに、エリア毎に変化する適切な量のヒントがあります。
 
 
予算で言うと、基本的に
会議セミナーの需要は1000円~1800円程
接待おもてなし需要は1800円~2700円程
法事法要慶事需要は4000円~7999円程になります。
 
しかし特定の企業では
明確に10円単位まで予算が決まっている企業もありますので
お客様の声に耳を傾けそのデータを管理していくことが必須になります。
 
今後、宅配弁当事業に参入を検討されている方、
商品改廃をなかなか行えていない方参考にしていただければ幸いです。
 

 
 
 
 
 

赤字不振店で高級弁当宅配事業に参入し、1年目で営業利益額1,500万円付加に成功。
直後に宅配専門店へと業態転換し、たった1.5年・人員5名体制にも関わらず、
年商1億円・営業利益額2,500万円の高収益店舗へと成長を遂げた秘密とは?
株式会社惣楽 田村社長ご登壇!経営者セミナーのご案内
 
詳細は以下バナーをクリックください。

 
毎回満員御礼!前回セミナーは100名以上が参加!
 
【大阪会場】2019年5月9日(木)13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 大阪本社
大阪府大阪市中央区北浜4-4-10
 
【東京会場】 2019年7月2日(火) 13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F

担当者
迫田 和仁

大学卒業後、株式会社 船井総合研究所へ入社。入社後は、中食を中心とした、飲食業界のコンサルティングに従事。時流適応・競合状況・それぞれの企業様に合わせたWEBマーケティングを得意とする。全国の飲食企業の中食事業参入事例を数多く見てきた経験からアウトプットさせる現場レベルでの実弾提案や、徹底した数字分析で裏付けられる戦略提案で、多くの業績アップ経験を持つ。

記事を見る
宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート